2017年4月8日更新

かっこよさをキープするボクサーのシャンプー方法について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

筋肉質の頑丈そうなボディーとちょっと厳つい顔が凛とした印象のボクサー。フォーンやブリンドルなどの艶やかな短毛が引き締まった体つきと相まってボクサーのかっこよさを引き立てています。できればいつも艶やかな状態をキープしてあげたいところですね。今回はボクサーの被毛を守るシャンプーの方法ついて調べてみました。

 

ボクサーの毛質を理解しよう

ボクサーの艶やかな被毛は短くやや固い毛が密集したように生える構造をした、スムースコートと呼ばれる構造をしています。シベリアン・ハスキーやグレート・ピレニーズのようにフサフサと量の多い被毛ではありませんが、撥水性の高い毛質をしており雨や雪から体温を守る仕組みになっています。

ボクサーの被毛のもう1つの特徴は、見た目よりも抜け毛が多いということです。短毛の犬種は長毛の犬種よりも、抜け替わりのサイクルが早いからだといわれています。そのため換毛期と呼ばれる春から夏にかけてと秋から冬にかけての季節の変わり目だけでなく、1年を通して抜け毛があります。

被毛の艶を守り清潔な状態を保つためだけでなく、抜け毛の予防のためにも定期的なブラッシングとシャンプーは欠かせないようです。

素材_shutterstock_345516446

シャンプーの仕方

ボクサーのような短毛の犬種で気になるのがフケですね。秋から冬にかけての乾燥する季節はフケの量が増えてしまうことがあるようです。特のダークカラーのボクサーの場合は、白く粉をふいたような見た目になってしまうので、できれば綺麗にしてあげたいところですね。

ここではボクサーを自宅でシャンプーする方法をご紹介します。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりと抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。

ボクサーのような短毛の犬種のブラッシングには、ラバーブラシとイノシシや豚、馬などの毛を使用して作られた獣毛ブラシが効果的です。

まずラバーブラシで背中やお腹などは毛の流れに逆らうように、頭部や顔、しわの間は毛の流れに沿うように5分くらいブラッシングをしてあげましょう。ボクサーは皮膚が弱い犬も多いので、強くこすらないように注意が必要です。

最後に獣毛ブラシで被毛の流れを整えてあげましょう。

シャワー

シャワーの前に肛門腺を絞ります。尻尾を持ち上げて肛門の斜め下をつまんでしぼり上げます。臭い液体が出ますので洗い流してあげましょう。

使用するお湯はややぬるめ(36℃~38℃)に設定しておきます。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。

顔や頭部は濡れたスポンジなどを使用して濡らしてあげると鼻や目、耳に水を入れてしまう心配もなく、しわの間もしっかりと洗えるので便利です。

シャワーを怖がる犬の場合は顔から遠いお尻や足元の部分から徐々に前へと濡らしていきましょう。慣れている犬の場合は頭部から順に前から後ろ上から下へ流していきます。

シャンプー

シャンプーに慣れていない犬の場合はお尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れて怖がらない場合は顔から順に前から後ろへ上から下への順位で洗って行くとよいでしょう。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。シャンプーの用のブラシを用意しておくと洗いやすいようです。

すすぎはできれば頭部の高い位置から流すとすすぎ残しが少ないのですが、嫌がるような場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意します。

リンス・コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。

できれば頭部の高い位置から流していくと自然と体全体に広がっていくのですが。慣れていなくて怖がるような場合はお尻から順に手で流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。

最後に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、これも怖がる場合は顔から遠いお尻から順にすすいでも大丈夫です。足の裏や指の間などはコンディショナーがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。吸水タオルで水分をとったあと、バスタオルを使用して全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

水分が十分にふき取れたらドライヤーを当てていきます。最後に獣毛ブラシで被毛の流れを整えて艶をあげて仕上げます。

犬の皮膚は人の皮膚よりもはるかに薄いので、ドライヤーをあてる時はやけどに注意が必要です。温風を使用する場合は犬から離して手で温度を確認しながらあてていきましょう。心配な場合はドライヤーの冷風を使用して乾かしても大丈夫です。

犬_素材nature-110958_640

 

適切なシャンプーの頻度は?

前にも書きましたがボクサーは乾燥に弱い肌質の犬が多いなので、あまり頻繁にシャンプーをしてしまうと肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまい、逆にフケが多くなってしまう傾向があるようです。

ボクサーのシャンプーはあまり頻繁に洗うよりも月に1回~2回程度のシャンプーで十分なようです。

もしも散歩やドッグランなどへ行って汚れがひどくなってしまった場合は、蒸したタオルや濡れタオルなどで全身を拭いてあげるか、シャンプー剤は使わずにシャワーやお風呂で汚れを流してあげるとよいですね。

ボクサーにおすすめのシャンプーは?

乾燥に弱く肌が敏感なボクサーの場合は、適度な油分を保ちつつ肌や被毛の汚れを落としてくれるシャンプー剤を選んであげたいところですね。最近は犬のシャンプー剤もさまざまなメーカーから用途別にいくつもの製品が販売されていて、どのシャンプーを選んだらよいか迷ってしまいますね。

ここでは人気の高い犬用のシャンプーをいくつかご紹介します。参考にしながら色々と試してみてはいかがでしょうか?

APDC

オーストラリアの植物科学者と共同開発された、植物が本来持っている力を最大限に引き出したシリーズになっています。100%無農薬のティーツリーを主成分に、ユーカリ、シトロネラなど厳選された複数のハーブを使用しています。

アボダーム スキン&コートシャンプー

森のバターとも呼ばれているアボカドオイルを配合したシャンプーです。ビタミンEを多く含んでおり、保湿性と浸透性にすぐれたシャンプーになっています。フケ症な犬や乾燥肌気味な犬の肌に適しており、肌を正常な状態へと導いてくれます。

ZOIC

アミノ酸系の活性剤をベースにしているので、低刺激で泡立ちがよく洗浄力の高いシャンプーになっています。シリーズの中にはホワイトカラー用のシャンプーとリンスがあり、他のホワイトカラー用のシャンプー剤よりも肌に優しいので、トリミングサロンなどでも取り入れられている商品になっています。

ピクニックシャンプー

アレルギー性の皮膚炎などはだのトラブルに対し、無症状の状態から治療していくためのスキンケアをコンセプトに商品開発をおこなっている会社です。シャンプーはドライスキン用、ノーマルスキン用、オイリースキン用と3つのタイプが用意されており、肌のタイプによって選ぶことができるようになっています。

テルメディック・ミネラル・ペットシャンプー

アレルギーを悪化させる乳化剤や防腐剤などの添加物を使用していないシャンプーなので、肌の弱い犬でも安心して使用できるシャンプーになっています。温泉にも含まれるミネラル成分と同じコズグロスパで洗浄力を引き出しているため、肌に負担をかけることなく汚れを洗い流すことができるシャンプーになっています。

Boxer dog lying on white background

ボクサーは皮膚病に注意が必要

ボクサーは肌が敏感な犬が多く、皮膚病に注意が必要な犬種だといわれています。皮膚病はなかなか治り辛い病気が多く、1度かかってしまうと体質改善など長期にわたっての治療が必要になる、犬にも飼い主にも辛い病気の1つです。

皮膚病は痒みなどの症状が現れる前から治療をおこなうと、比較的早く完治する傾向があります。シャンプーの時は普段なかなか確認できない、足のつけ根やお腹周りの肌の状態を確認する絶好の機会ですね。

ボクサーがかかりやすいといわれている皮膚病をご紹介します。参考にしながらシャンプーの時には目と手でしっかりと症状が現れていないか確認してあげるとよいでしょう。

アレルギー性皮膚炎

ハウスダストや、ダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。

同じ部分をしつこく引っ掻く、体を壁や柱、家具にこすり付ける、足先などをなめたり噛んだりするなどの行動がみられたらアレルギー性皮膚炎の可能性があります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

マラセチア属の酵母によって引き起こされる皮膚炎の事です。犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜に常駐している酵母で、はっきりとはわかっていませんが過剰な脂質の分泌や、宿主である犬の免疫力の低下などが原因で発症します。

皮膚のべとつきやフケの増加、発疹などの症状が現れます。また外耳道にも存在するので外耳炎の原因になることもあります。免疫力の低下で発症することが考えられるので、脂漏性皮膚炎を発症した場合は他の病気からの併発の可能性があります。

触ると被毛がべとつく、フケが多くなった、臭いが強くなったなどの症状がみられて場合は脂漏性皮膚炎の可能性があります。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。

表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。脂漏症と同様で細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があります。

アラカス症・毛包虫症

イヌニキビダニという寄生虫が犬の皮膚に入り込み、大量に寄生することで発症する病気です。母乳からの感染が多く1歳未満の仔犬の発症が多い病気ですが、イヌニキビダニが多く寄生しているものに触れた場合も感染することがあり、成犬や免疫力が低下した老犬でも発症することがあります。

症状としては抜け毛や皮膚のかゆみが生じ、症状が進行するとフケやかさぶた、皮膚の化膿や出血が起こります。

発症した場合の治療方法はダニの駆除薬の投与やダニの駆除効果のある薬浴やシャンプーでイヌニキビダニの駆除をおこないます。また免疫力の低下などが原因である可能性があるので、食事療法や運動療法などの体質改善が必要な場合があります。