2016年12月6日更新

猫の抜け毛対策!ブラッシングのやりすぎはNGってホント?

猫の抜け毛対策には、ブラッシングをすることが大切です。少しでも抜け毛を減らそうと頻繁にブラッシングをする飼い主さんもいます。

でも、ブラッシングのやりすぎは注意が必要です。健康な毛まで抜いてしまったり、皮膚病を起こす原因にもなります。

そこで、ブラッシングのやりすぎによって引き起こされることや正しいブラッシング方法について紹介します。

ブラッシングのやりすぎはNGの理由とは?

Fluffy cat comb

猫は犬と違って定期的にお風呂に入れないので、ブラッシングは健康のために必要なお手入れです。でも、気をつけなければいけないことがあります。それは、ブラッシングのやりすぎです。

抜け毛が落ちないように頻繁にやったり、長時間のブラッシングはかえって猫のために良くありません。なぜなら、必要以上に毛が抜けてハゲてしまったり、長時間我慢させられる状況にストレスを溜めてしまうことがあるからです。

何事も程ほどが良いと言いますからね。

猫の正しいブラッシング方法とは?

愛猫の健康のためにも、正しいブラッシング方法を心がけましょう。ぜひ、自宅でのブラッシング方法と比較してみてください。

ブラッシングの効果とは?

ブラッシングは猫の体に付いたゴミや抜け毛を取り除き、清潔を保つことができます。実は、他にも嬉しい効果があります。

  • 抜け毛やフケ対策
  • 毛球症の予防
  • マッサージ効果で血行促進
  • ケガや病気の早期発見
  • スキンシップやコミュニケーションを深める

ブラッシングの正しいやり方

猫のブラッシングの正しいやり方について見ていきましょう。猫の毛の長さ別にご紹介していきます。

長毛種の場合

スリッカーブラシもしくはピンブラシで、首、背中、お尻の順で毛の流れに沿って行います。次にコームでお腹や脇腹、顔周り、足の毛をとかします。

お腹や脇腹など毛が絡みやすいので、抱っこして優しくとかしてあげましょう。朝と晩の1日2回行うのが理想的です。

短毛種の場合

ラバーブラシや獣毛ブラシで、頭、首、背中、お尻、お腹、脇腹、顔周り、足の順で毛の流れに沿ってとかしてあげましょう。1日に1回行うのが理想的です。

さいごに

imasia_13262506_S
ブラッシングは抜け毛を取り除くだけでなく、病気等の早期発見やスキンシップなど様々な効果があることが分かっていただけたのではないでしょうか。

ブラッシングをやり過ぎていないか?愛猫に合ったブラシを使っているか?ぜひ、自宅でのブラッシングを一度見直してみてください。そして、ブラッシングの時間を愛猫とのスキンシップでさらに絆を深めてくださいね。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

黒猫が運ぶのは不幸?幸福?黒猫の歴史とベルギー猫まつりとは

猫というと「黒猫」を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。マイナビニュースによると、好きな猫の色ランキングでは第4位にランクしています(1位は茶トラ)。黒猫は不吉だという話も聞いた……

猫の雑学

猫に思わぬ危険あり!暖房をつける時の注意点

寒い日が続いていますが、猫を含めて皆さん風邪は引いていないでしょうか?猫とヒトの風邪は違うものですが、寒さによって体調を崩しやすくなるのは同じです。寒い日には暖房が必要なこともありますが、暖……

猫の雑学

エコだけじゃない、猫のいる家で蛍光灯をLEDに変える理由

あなたの家では照明にどんな光源を使っていますか?昔ながらの白熱灯や蛍光灯でしょうか?それともエコを意識してLED電球をつけているでしょうか。家の照明は光の色や省エネ性能などを考慮して選ぶ人が……

猫の雑学

猫とワンルームで暮らす!レイアウトや注意点を調べてみた

最近では、ワンルームで猫を飼う人も少なくありません。できれば、猫と一緒に暮らすなら、それなりの広さを確保したいところです。でも、一人暮らしだと住む場所にだけお金をかける訳にもいきません。猫を……

猫の雑学

むやみに触ってはいけない? 獣医師に聞いた犬・猫の「しっぽ」のヒミツ

犬や猫の「しっぽ」は、ヒトにはないだけに謎の器官です。子どもの頃、よく大人から「犬・猫のしっぽをさわったらダメ」と言われたものですが、何か理由があるのでしょうか。獣医師で、とよす動物病院(東……

猫の雑学