2016年12月13日更新

『助けて!降りれにゃい!』猫が高いところから降りるのが苦手な理由

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

猫は高いところがお好き♪
我が家の猫も高いところが好きでよく冷蔵庫の上や、オーブンレンジの上、テレビ台の上などに登り得意気な顔をしています。
しかし、高いところに乗ることはできるくせにそこから飛び降りることはめっぽう苦手。高いところに登っては『降りれませんー!』と泣き叫びながら、私が手を差しのべるのを待っています。
猫はなぜ高いところには登ることが出来るのに、そこから降りることが苦手なのか…。
降りるのが苦手なのに、なぜ高いところに登りたがるのか…。
気になりませんか?
そこで、『猫と高所』の素朴な疑問と答えをまとめてみました!

 

猫が高いところが好きな理由

猫が高所を好きな理由。それは本能に近い感覚と言えるでしょう。
猫がまだ野生で暮らしていた頃、高所は猫にとってとっておきの居場所でした。
敵の動きもよく見えて、敵からの攻撃も受けにくい高所は小さな猫にとっては安心できる場所だったようです。
その本能がまだ猫のどこかに残っていて、高いところにいると気持ち的に落ち着けるのかもしれませんね。

高い所から降りるのが苦手な理由


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト
猫の爪を見てみると人間の爪のようにまっすぐ伸びているわけではなく、フックのように丸く曲がっていることがわかります。
曲がった爪はひっかかりやすいので、高いところに登るときも爪をひっかけながら楽々と登ることができます。
しかし、降りるときには丸く曲がった爪はネックです。
高い所から飛び降りようと爪を出しても、丸まった曲がった爪では降りたい方向の何処かにひっけることは難しいでしょう。
爪をひっかけることができないから体が不安定になります。
体が不安定な体勢しかとることができないことに猫は不安を抱き、プチパニックを起こしてしまう猫も少なくありません。
プチパニックになってしまうとすぐには高い所から降りることができなくなり、余計にもだもだともたついてしまい、人間の目には『高所から降りられない猫』としてみられてしまっているようです。

 

外で猫が高所から降りられなくなっていたら?

あまり見かけることはありませんが、まれに外猫達が高い木や屋根の上に登ってしまい降りることができなくなってしまうことがあります。
『お腹が空いたら猫だって自力で降りてくるよ』と周りから言われるかもしれませんが、何日もそこで困っている猫を見るのは辛いものがあります。
しかし高所で降りられなくなっている猫はパニックを起こしている可能性が高いのです。
パニック状態になっている猫の前に急に知らない人が『助けに来たよ!』と来ても、怖がってしまう猫がほとんどなのだとか…。
恐怖から攻撃してくる猫やパニックのまま高所から落ちてしまう猫も多いようです。
猫が気になる気持ちもわかりますが、まずは1日~2日程度は様子を見ましょう。
もしそれでも猫が降りられずに困っていたり、明らかに命の危険がありそうなら、近隣の保護団体、もしくは動物病院に相談してみてください。
保護網を持っていたり、実際に救助の経験のある団体さんや動物病院もありますし、何よりも猫や動物のことをちゃんと考えてくれるので、よいアドバイスをもらえる可能性は高いです。
また、消防署でも動物救助の相談に乗ってもらえます。切迫した状況なら最寄りの消防署に問い合わせてみてくださいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト