2016年12月14日更新

気にしてないけどコレって危ない!身近にある猫にとって危険なもの

普段何気なく使っているもの。
それが猫の命を奪ってしまう可能性があるって知っていますか?
その辺に普通にあって、『危ない』という意識もないけれど、猫に危険が及びそうなものって実はいくつかあるんです。
意識していないものなら、尚更『危ない可能性もある』と認識しておくべきです!
身近にある、猫にとって危険なものをご紹介します。

小さな部品があるおもちゃ

よく売られている小さなネズミがついた猫用のおもちゃ。
羽がついていたり、顔がついていたり、なかに鈴が入っていたり…色々なバージョンが売られています。
我が家でも猫はがまだ子猫だった頃はよく使っていました。
しかし遊びすぎたせいか、縫製が甘かったのか、急におもちゃのネズミの目が遊んでいる最中に取れて猫のお口の中へ…。
慌てて猫が飲み込む前に取り出したので事なきを得ましたが、そのまま飲み込んでいたら開腹手術になっていたかもしれません。
これは我が家のネズミのおもちゃを誤飲しかけた例ですが、ネズミのおもちゃだけが誤飲の危険性があるわけではありません。
紐でじゃれて遊んでいた猫が紐を誤飲してしまったり、猫じゃらしについている小さな鈴を飲んでしまったり…。
おもちゃについている部品やおもちゃ自体を飲んでしまい開腹手術になる猫は少なくありません。
猫のおもちゃを買う際にはなるべく小さな部品があるおもちゃを選ばないようにするか、小さな部品がついていても、しっかりと縫製されているかチェックしましょう。
また、よく使うおもちゃはほつれがないか、部品がとれかけてはいないか、など安全に遊べるかをチェックしてから遊ぶようにしましょう。

ビニール袋


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト
猫はなぜかビニール袋の『シャカシャカ』というおとが大好き!
テレビなどでもたまにビニール袋にじゃれつく猫を目にします。
おもちゃとして猫に与えている人もいるかもしれません。
しかし『猫がビニールを食べない』とは限りません。
遊びに夢中になりすぎて、興奮からビニールを口で千切り始める猫もいるでしょう。たまたまその破片が口に入り、飲み込んでしまうこともありす。
爪でビニール袋を押さえつけた拍子にビニールが破けて破片が口にはいることもあるでしょう。
ビニール袋を『食べ物』だとは思っていなくても、ビニール袋を噛む感触が気に入ってビニール袋を噛み続ける猫だっています。
ビニールはお腹のなかで消化することができません。
小さなビニールの破片ならうんちと一緒に排泄もされますが、まれにお腹のなかにビニールが残り続け腸閉塞を起こすこともあります。
猫の誤飲に繋がりそうなものは遠ざけておくのが1番です!
ビニール袋は猫が遊べない場所におくようにしましょう。
また、飼い主さんもビニール袋は誤飲の危険性がたかいので『おもちゃ』として猫に与えないようにした方がいいかもしれませんね。

いかがでしたか?

身近にあるものでも、誤飲してしまいそうなものは猫にとっては危険!ということのようです。
誤飲は本当に猫もかわいそうですし、飼い主さんへの金銭的ダメージも大きいもの。
飼い主として、誤飲の危険から猫を遠ざけてあげるようにしましょう!

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

気づいてニャ!猫が嫌がる飼い主の行為&猫が不安に感じる環境とは

猫とニンゲン。一緒に暮らす様になって1万年以上という長い歴史があるにも関わらず、お互いに意思の疎通はまだまだ未熟な部分があるようです。 火星に移住ができるかも?というほど科学が進んだ現……

猫のストレス

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

最近増えてきています!猫の完全室内飼育のメリットについて

以前まで、猫は気ままに家の外に出ることが一般的で、ずっと家の中に閉じ込めておくことは「かわいそう」とすら言われてきました。 しかし時代が移り、住宅環境や室内の環境が変わるに連れて、猫の……

猫を迎える際の室内環境

室内外でも運動不足解消!キャットタワーについて

猫といえば自由気ままで、ジャンプの得意な生き物ですが、室内で飼っているとついつい運動不足になりがちな猫がほとんどです。運動不足になってしまうと様々な病気を招いてしまうだけでなく、老化を早めて……

猫を迎える際の室内環境

猫がリラックスできる部屋の環境とは?コレで外に出れニャくてもOK!

「愛猫が外に出られなくてストレスを感じているのでは…。」 と悩む飼い主さんは多いはず。一度外の世界を経験している猫ならその心配はありますが、生まれてからずっと室内で飼われていた猫の場合……

猫を迎える際の室内環境

爪とぎをしてほしくないところで猫が爪とぎしてしまう時の対策方法とは?

猫は爪とぎが大好きです。もともと、猫にとって爪とぎは、マーキング行動のひとつでした。 しかし、飼い主としては、爪とぎしてほしくない場所もあるものです。猫の爪とぎ対策としてできることや注……

猫のしつけの知識

猫の夜の運動会にびっくり!猫も人間もゆっくり眠るためのポイント

日中に猫がよく眠る姿を見て、心やすらぐ方も多いことでしょう。 しかし、夜中になると、猫の運動会が始まって、なかなか寝付けない、なかには起こされてしまったという方もいるのではないでしょう……

猫の言葉・気持ち

今までのお部屋にも危険が!高齢猫の体の変化に合わせた環境づくりとは?

猫が高齢になると、それに伴って体には色々な変化が出てきます。今まで走りまわっていたお部屋にも危険な箇所が出てくる場合もあり、大きな事故や怪我につながってしまうこともあります。改めて猫と暮らす……

猫の老化について

猫はやっぱり高いところが好き!猫の習性と安心できるお部屋づくりのポイント

お部屋でくつろいでいると、愛猫が棚の上から見下ろしているという経験をした方も多いのではないでしょうか。 猫は高いところが好きと言われています。実はこれには、猫の行動において大切な理由が……

猫の言葉・気持ち

猫を飼う前にまず猫カフェで猫について学んでみてはいかがでしょうか

どんな猫が我が家に向いているのか ちょっと前までは、捨て猫や野良猫と出会う機会がよくありましたが、今ではその出会い方そのものが少なくなりつつあります。 猫を飼ってるお宅からの「子……

初めて猫を飼う心構え

猫をマンションで飼う時に注意したいこと、考えておきたいこと

猫との楽しい暮らしをマンションで過ごす方も多いものです。しかし、マンションはたくさんの方が住んでいるからこそ、ルールを守ることが必要です。また、お部屋の中でも、気をつけておきたいことがたくさ……

猫のストレス

地震!でもうちの愛猫は大丈夫!といえる準備をしっかりと

先日首都圏で大きく揺れました。午後の時間でまだまだ職場や学校、外出していた飼い主さんも多かったことでしょう。 揺れたことで不安だったろうと愛猫を思いやる一方で、「でもうちは愛猫の防災対……

猫を迎える際の室内環境

大切な愛猫が事故に合わないために。脱走を防止できる対策は?

猫と暮らすとき室内飼いが推奨されているのは知っていますか?猫の室内飼いの「困った!」になるのは猫の脱走です。脱走するとなぜ困るのか、脱走防止策はどのようなものがあるのかお伝えします。 ……

猫の幸せ

【初めて猫を飼う方必見!】おすすめの猫砂10選

【初めて猫を飼う方必見!】猫のタイプ別に猫のトイレ用の砂をいろいろと選んでみました。猫の好み・体質・事情などによって使う猫砂も変わってくると思います。ご自身の愛猫に合うタイプを見つけてみてく……

猫のトイレのしつけ

服部幸先生による「猫が快適に暮らすための環境づくり」。猫壱主催セミナーより

服部幸先生による「猫が快適に暮らすための環境づくり」。猫壱主催セミナーより セミナーの内容 第一部:スコティッシュ・フォールドと暮らした時に気をつける事 講師:矢崎春香 獣医師 ……

猫のニュース