2016年12月28日更新

なぜそんなところに…なぜ猫は小さな箱に入りたがる?

普段の生活の中でも、猫は狭い場所に潜りこんですやすや寝ていることがあります。「なぜそんなところに?」と思ってしまいますが、猫にとっては祖先の行動の名残として、ごく自然なことなのです。猫と一緒に暮らす上で、安心できる場所を作ってあげることはとても大切になります。

猫が狭い場所を好む理由とは?

猫が暗くて狭い場所、窮屈な場所を好むというのは、狩猟生活をしていた頃からの記憶として猫に備わっている習性です。もともと、猫は野生の中でも、穴や木の陰など、薄暗いところで外敵から身を守って生活していました。また、獲物を獲ってきた際には、見つからない場所に持って行って食べていたといわれています。もともと猫は、獲物をしとめる時も、物陰でその瞬間を待ちます。猫にとって狭い場所、暗い場所は、狩りをする上で必要な場所だったのです。

猫の祖先の習性の名残

猫の祖先は、野生のリビアヤマネコと言われています。この猫は、砂漠で生きる上で、岩場などに身を潜めていたと言われています。また、怪我をしてしまった時などは、外敵に見つからない場所を確保することで、回復を待っていたそうです。猫は、本能的に狭くて暗い場所を選ぶようにして生きていたのです。

狭いところでも平気な猫の体の仕組み

猫は、現代の生活においても野生時代の名残を受けて、暗くて狭い場所を好みます。一説によると、猫自身も何かに触れている狭さが安心できるとも言われています。猫は、人間と違い鎖骨がありません。また、背骨も細く、腰椎や胸椎は人間よりも数が多いという骨格を持っています。そのため、狭いところでも、体を柔軟にして入りこむことができるのです。どんなに狭いところでも、耳だけぴんとこちらを向いていたり、影にひそんでいても顔は出口を向いていることがあります。心地よい場所であっても防衛本能を忘れないのが猫の行動の特徴でもあります。

猫がもぐりこみそうな場所は事前にチェック

普段の生活で、猫用ベッドを用意している方も多いことでしょう。しかし、新しい箱や袋が届くと、一目散に猫が入るということも多いのではないでしょうか。飼い主さんに構ってほしくて、あえて入りこみ、遊びに誘うこともあります。一方で、遊び疲れたらお気に入りの場所にもぐりこんで寝てしまうこともあります。思わぬ場所に入ってしまって、事故につながる場合もありますので、猫が入り込みそうな場所は事前に安全をチェックしておくことも大切です。

普段の生活から安心できる場所を作ってあげましょう

猫は暗くて窮屈な場所が大好きなため、普段から猫用のキャリーバッグを用意しておくと、動物病院受診の際や災害が起きた際に役立ちます。最近では、猫の特性を活かして、安心して入ることができるような丸い巣穴のような形になるキャリーバッグなども販売されています。猫が安心してもぐれる場所やベッドを用意しておく、普段からキャリーバッグを上手に使って慣らしておくなど、猫の特性を活かした環境を作ってあげるとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

キジトラ好き必見!猫はもともと1種類の柄しかなかった?

猫の柄には、キジトラやサバトラ、三毛猫、白黒など、様々な種類があります。最近では、猫の柄で猫の性格が分かるとも言われていますね。でも、実は古代エジプトの猫のミイラを調べたことで、猫の柄がキジ……

猫の雑学

【ネコ科でもいろいろ?】猫と大型ネコ科動物を徹底比較!意外な特徴がたくさん!!

猫と同じ科に属するライオン、トラ、豹などの動物は顔も猫そっくりですし、そのライフスタイルや体のつくりも似ています。ところが、大型ネコ科動物には猫やほかのネコ科動物とは異なる特徴も多々見られま……

猫の雑学

こんな動作に要注意!7つの猫の痛みサインとは

猫にも痛みを起こす病気はいろいろとあります。腎結石や膀胱結石、膵炎、消化管内異物、変性性関節症などの関節炎……人と同じく、長生きすれば痛みの出る病気は増えてきます。もの言えない猫ですので、飼……

猫の雑学

黒猫が運ぶのは不幸?幸福?黒猫の歴史とベルギー猫まつりとは

猫というと「黒猫」を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。マイナビニュースによると、好きな猫の色ランキングでは第4位にランクしています(1位は茶トラ)。黒猫は不吉だという話も聞いた……

猫の雑学

体重20㎏を越える猫も!太った猫の健康リスクを考える【獣医師が解説】

猫の肥満……良くないとはわかっていても、欲しがるとついついおやつを上げてしまうなんて人は多いのではないでしょうか。今回は猫の肥満の現状と、肥満のリスクについて解説します。おうちの子は大丈夫で……

猫の雑学

【マズイ!猫が逃げちゃった!】こんなことになる前にやっておきたい猫の脱走対策

外で鳥や虫が飛んだり、鳴き声がしたりするからでしょうか。室内飼いの猫でも春になると外に出たいと思うことがあるようです。特に野良出身の猫は外の楽しさを覚えていますので、余計外に出たいという欲求……

猫の雑学

ことわざは猫だらけ!どうして「猫ことわざ」が多いの?

「猫に小判」や「借りて来た猫」「猫の手も借りたい」「窮鼠猫を噛む」など、日本のことわざには猫にまつわる「猫ことわざ」が数多く存在し、その数は100個近くあるとも言われています。誰しも一度は日……

猫の雑学

2017年の猫の日、どう過ごす?2月22日「猫の日」のイベントをチェック!

2月22日は1年に一度の猫の日です。「にゃんにゃんにゃん」の語呂合わせですが、この日が猫の日なのは日本だけです。海外にも猫の日はあるんですが、「国際猫の日」は8月8日、アメリカの猫の日は10……

猫の雑学

「うちの猫は痩せてる?太ってる?猫の平均体重ってどのくらいなの?」

猫の室内飼いが奨励されるようになって事故や伝染病に罹る危険が減り、最近は平均寿命がずいぶん長くなってきました。その反面、外でエサを獲ったり跳びまわったりすることがなくなって運動不足な猫が増え……

猫の雑学

ネコの肥満が急増中!猫のダイエットに本気で取り組もう!【獣医師が解説】

猫の肥満、実は大きな問題になっているのをご存知でしょうか?その割合、なんと40%以上と言われています。さらに、2013年の調査では、「5年前と比べて肥満の猫が増えているという実感がある」と答……

猫の雑学

ねこばばの語源、猫の糞にまつわるあれこれ

物をこっそり盗むことを「ねこばばをする」と言います。このねこばば、「猫糞」から来ているって知っていましたか? 「糞」は「ばば」とも読みます。ねこばばが物をこっそり盗むという意味になった理由、……

猫の雑学

猫の飼い主さんなら知っておきたい。猫の歯のカタチとその役割

永久歯に生え替わった大人の猫の歯、何本あるかご存知ですか?実は猫の歯は全部で30本。同じ動物でも、犬は42本、豚やイノシシは44本、人間は32本ですので猫の歯の数は比較的少ない方だと言って良……

猫の雑学

ワールドワイドな猫のことわざ

猫は世界各国に古来からいる生き物。日本にももちろん猫に関することわざがありますが、猫のことわざは世界にもたくさんあるのです。「黒猫は不吉だ」などと言われてしまうこともありますが、世界のことわ……

猫の雑学

猫のことわざは世界共通? 英語の中の「猫ことわざ」

「猫に小判」や「猫の手も借りたい」など、私たちの暮らしの中には猫にまつわることわざがたくさんあります。では、海外にも猫にまつわることわざはあるのでしょうか? 以外にも世界各地に猫にまつわるこ……

猫の雑学

猫は洗濯物がお好き?叱られても洗濯物の上に乗る理由とは?

乾いた洗濯物を取り込むと、猫が決まって洗濯物の上に乗っていますよね。飼い主さんに叱られても、止めようとしないのはやっぱり洗濯物が好きだから?そこで今回は、猫が洗濯物の上に乗るのが好きな理由を……

猫の雑学