円らな瞳が癒し系!チワワの飼いやすさについて

黒目がちで大きくうるんだ目が癒し系のチワワ。ぬいぐるみかな?と思うほど小柄で華奢な体つきをしているため、日本の住宅事情にあった飼いやすい犬種としても人気が高いですね。でもよく吠えるや神経質などの気になることもちらほらと聞かれます。今回はそんなチワワの飼いやすさについて調べてみました。

 

チワワが飼いやすいといわれる理由

トイ・プードルなどよりももっと小型の超小型犬といわれることがあるチワワは、体高が15cm~23cm、体重は1.5kg~3kgが標準だといわれており、大人なら片手で簡単に抱っこできてしまう犬が多いようです。体小さく広い生活スペースが必要ないという点では、集合住宅などが多い日本の住環境に適した、飼いやすい犬種であるということができると思います。

また小柄で体重の軽いチワワは、キャリーバックなどもあまりサイズを気にする必要がなく連れていても重くないので、手軽にカフェへ遊びに行ったり旅行などにも連れて行きやすいのもメリットの1つですね。

でも犬の飼いやすさはしつけのしやすさや抜け毛・臭いの問題、病気にかかりやすいのかどうかなど、生活をともにする時に困ることがあるかどうかが1番の問題ですね。チワワの生活面で気になるところを1つ1つ調べてみました。

素材chihuahua-847697_640
 

チワワのしつけは?

犬の飼いやすさでもっとも気になることはしつけがしやすい犬種なのか?ということですね。チワワは賢く人の言葉や仕草を理解する能力に長けている犬種なので、しつけは入りやすいといわれています。

ただしチワワは体格に個体差が大きいように性格的にも気が強く大きな犬にも向かって行ってしまうような犬、臆病で外を歩くことができないような犬、社交的で見知らぬ人にも愛嬌を振りまく犬など、犬それぞれの個性が強いようです。そのため愛犬の個性にあわせてしつけの仕方を変えていく必要があるようですね。

またチワワは華奢で可愛らしいのできつく叱りにくいというところがあるようですが、賢い犬種であるチワワを甘やかして育ててしまうと、どうしたら自分の要求が通るのかをすぐに覚えてしまいます。毎回チワワの要求をきいていると、要求が通らない時に噛んだり吠えたりするようになってしまいます。

1度吠え癖や噛み癖が付いてしまうと、しつけで治すのはなかなか難しいようです。小さくて可愛らしいチワワですが、守らなければならないルールは厳しく教えてあげる必要があるようです。

 

チワワの臭いと抜け毛は?

小柄で華奢なチワワは室外での飼育に向いた犬種ではありません。屋内で犬と生活する時に気になるのが犬の臭いと抜け毛ですね。来客のときなどに犬の臭いがしたり、抜け毛が家具に付いているのは困ってしまいます。

ではチワワの臭いや抜け毛がどうなのでしょうか?チワワはあまり体臭が強い犬種ではなく、犬の臭いが気になるようなことはあまりないようです。

ただし抜け毛はあるようですね。チワワは長毛のロングコートと短毛のスムースコートの2つ被毛タイプがありますが、どちらのコートタイプも春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期には、生え変わる毛が抜け落ちるようです。

体の割には抜ける量が多いので初めて犬を飼う方には抜け毛がひどく感じるかもしれませんが、体が小さいチワワは抜け毛の量も体の大きさにあわせて他の犬種よりは少ないようです。

犬_素材
 

チワワのかかりやすい病気は?

チワワには気を付けたい病気はあるのでしょうか?

チワワはアップルドームと呼ばれるリンゴ型の丸い頭をしているためか、頭蓋骨が重なりきらずに穴があいた状態になるモレラや水頭症などの頭部や神経の病気に注意が必要なようです。頭部に穴があいていると少しの衝撃でも直接脳に影響が出てしまいます。子犬の頃の穴は成長とともにふさがっていることが多いのですが、1歳を過ぎても頭部がペコペコするような場合は獣医師と相談する必要があります。また頭に穴がある状態の時は、生活する時にも頭部に衝撃がいかないように十分に注意してあげる必要があります。

また小柄で華奢なチワワは他の犬種と比べて転落事故など怪我をしやすいのも特徴です。もっとも注意が必要なのは飼い主による踏みつけや蹴り飛ばし事故です。飼い主が大好きで飼い主のあとを付けて歩くような犬が多いチワワは、小さいがために足元にいても気が付きにくく、踏みつけや蹴り飛ばしの事故につながりやすいようです。

細く華奢な骨格をしているので他の犬種ならば「キャン!」と鳴くくらいで済むことでも、チワワの場合は骨折や打ち所が悪いと死亡事故になってしまうケースもあるようです。チワワと生活する時は常に犬の気配に気を配ってあげる必要があります。

チワワの飼育費用は?

体の小さいチワワは食費が他の犬種よりもかからないのもメリットの1つですね。またキャリーやサークルなども小さなサイズのもので大丈夫なので、初期費用もあまりかからないのもよいところです。

ただし前にも書いているとおり病気やケガには注意が必要なようですね。体の小さなチワワは他の犬種に比べて1回の医療費は少なくて済むことが多いようですが、回数が重なる可能性があるため費用が嵩むことが考えられます。ペットの医療費には公的な保険がありませんから、チワワの医療費は飼い主が備えておく必要がありますね。

imasia_9408357_S

まとめ

チワワの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

チワワは賢く臭いも気にならない犬種なので、しつけをしっかりとしてあげれば比較的飼いやすい犬種のようですね。抜け毛もブラッシングやシャンプーなどで予防をしてあげれば、他の犬種よりは気にならないようです。

運動量も室内で遊んであげるだけで十分だといわれています。もちろん社会勉強やストレス発散のために適度な散歩は必要ですが、長い時間である必要はありませんし、雨などの悪天候の時は無理に外に連れて行く必要もないようです。その点もチワワが飼いやすいといわれる理由の1つですね。

ただし病気やケガには注意が必要です。病気はすべてを予防することはできませんが、ケガは飼い主が注意をすることで防げるものが多いようです。家の中で落下事故につながりそうな場所にはスロープを付けたり、踏みつけや蹴飛ばし事故を防ぐために首輪に鈴を付けるなど工夫をしながら生活をするとよいようです。

関連記事