2016年12月16日更新

【猫の行動】猫がエサをくわえて移動するのはストレスが原因?猫の胃袋の謎

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

突然ですが、猫壱のベストセラー商品、フードボウルの一番の特徴は「猫が食べやすい高さ」があることですが、実はこのフードボウルの「内側」にも秘密があります。

おそらくどんな猫もやりがちな「食べこぼし」。何故かネコは食事のマナーは感心できません。よくお皿の外にフードを食べこぼしてしまいますよね。

しかし猫壱のフードボウルには、内側にこの食べこぼしを防ぐ「かえし」がついているため、猫がこぼすのを防いでくれるのです。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

しかし!時々なぜかネコはエサをくわえて「移動」します。お刺身やササミの肉片をあげると必ずと言って良いほど、お皿から外に出して食べませんか?

実はこの、猫がエサをくわえて移動するのはストレスに原因があるのでは?という意見もあります。また、この移動するにあたって、猫の胃袋の大きさも関係しているとか。

今回は、なぜ猫がエサを加えて移動するのかを調べてみました。

 

ネコは食事は「場所」が重要


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

少し前にニンゲン界では「トイレ飯」という現象が流行りましたが、猫はそんなことは絶対にやらないはずです。

猫にとって、食事で一番大切なのは、マナーよりも「場所」が重要です。猫の食欲は周囲の環境から受けるストレスによって大きく影響されるといわれています。

海外の実験ですが、3匹の野良猫を4年間にわたって観察した調査によると、猫は仕留めた獲物をその場で食べたり放置はしません。必ず自分の縄張りのエリアまで運んだそうです。

また別の実験ですが、猫を見慣れない環境とよく知った環境の中に置いて、全く同じフードを与えてリアクションを調べたところ、よく知った環境(自分の縄張り)においてはフードの量が増加したそうです。

ネコはとても神経質です。場所が変わると食欲が低下するようですね。

猫の胃袋はとっても小さい

犬と猫を比べた場合、胃袋の大きさは倍近く違うようです。例えば体重6kgの犬と猫を比較した場合、胃袋の大きさは「犬=540ml:猫=270ml」と、犬は猫の丁度2倍の大きさの胃袋を持っています。体重が4キロ程度の平均的な猫の場合、吐き戻さずに食べられる1回分の食事量は、せいぜい「150~250ml」程度でしょう。

猫が何回かに分けて食事をするのは、この小さい胃袋が原因だったようですね。そして猫がえさをくわえて移動するのは、食べきれなかったフードをどこかに隠そうとしているのかも知れません。

いかがですか。ニンゲンの場合でも、食事を少しずつ、回数を多くして食べると太りにくいというダイエット方法が流行ったことがありました。

猫のスレンダーな姿態は胃袋の小ささが要因なのかも?いや、神経質で意外にストレスに弱いところが原因なのかも知れませんね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト