2016年12月9日更新

まるでちゃぶ台返し!猫が餌皿をひっくり返す理由とは?

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

猫にご飯をあげているときに困ることってなんですか?
『猫が餌皿をひっくり返す』というお悩みを持つ飼い主さんって実は少なくないのではないでしょうか。
昔の某野球アニメの頑固な父親の『ちゃぶ台返し』のように、餌皿をひっくり返す猫。
ちらばった餌を掃除するのも大変なので、毎回餌皿をひっくり返されると少し嫌になってしまいますよね。
猫はなぜ餌皿をひっくり返そうとするのでしょうか?
その理由と対策をご紹介します。

 

場所が気に入らない

実は猫は食事の場所に敏感な動物。
静かな場所でこっそりご飯を食べたいと考えている猫は意外に多いのだそうです。
元々猫は野生時代に捕った獲物を他の動物にとられないようにこっそりと身を隠しながら食事をしていたのだと言います。
体が小さく、肉食動物のなかでも弱かった猫が身につけた生き延びるための知恵だったのかもしれませんね。

そのため、今でも野生の頃の名残で本能的に飼い主さんにじっと見られながらオープンな場所で餌を食べたくない、と感じている猫はすくなくありません。
飼い主さんの見ていないときにこっそりと食べたい、もっと違う場所に持っていってゆっくりと食べたい、と隠れて食べたい派の猫は思うのでしょう。
そのため猫は、違う場所や飼い主さんの見ていない時間に食べるためにとりあえず一度餌を隠そうとします。
野生の頃に土を餌にかけて餌を隠していたように、なにかを餌に被せて餌を隠そうとしているうちに餌皿をひっくり返してしまう猫も多いようです。

あとで食べようと思っている


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト
猫は意外と少食な動物。胃袋はいぬの半分ほどしかのだそうです。
あまりたくさん食べることができない猫は、お腹がいっぱいの時に残った餌を『あとで食べよう』ととっておくことがあります。
なにもせずに餌をおいていく猫もいますが、警戒心の強い猫や多頭飼いの猫、野生の血が濃い猫など、猫によっては『あとで食べるために餌を隠しておこう』と餌になにかを被せて餌を隠そうとするようです。
そしてまた、餌皿を隠そうとしているうちに餌皿をひっくり返してしまうのでしょう。

 

対処法は?

餌皿をひっくり返す原因は『餌皿を隠したい』という猫の心理に起因していることが多いようです。
餌皿を隠さなくてもよい環境でご飯を食べさせてあげることで餌皿をひっくり返すことは少なくなるでしょう。
あまりオープンな場所ではなく囲いの中やケージのなかなど、落ち着いて食べれそうな場所で餌をあげるといいかもしれませんね。

また、餌皿をひっくり返すことのできない重さのあるものに変えるのも『餌皿返し』予防には効果的です。


重さもあり、そこが広く安定感のある猫壱フードボールなら餌皿のひっくり返し予防にも最適ではないでしょうか♪

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 
 

関連カテゴリ