2016年12月18日更新

ウールサッキングってどんな行動?猫の『あるある行動』につけられた名前~前編

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

猫を飼っていると、色々な『あるある』という行動がありますよね。
トイレをするときに走り回ったり、匂いに反応して変な顔をしたり…。
実はそんな『あるある』行動にはちゃんと名前がついているものもあるんです。
タイトルで紹介した『ウールサッキング』も猫がよくする行動の正式名称の1つ。
ウールサッキングとはどんな行動の正式名称なのか知っていますか?
答えは後程♪

ウールサッキングのように正式名称としてつけられているものもあれば、もう正式名称としてもいいんじゃないかな?と思うくらい広く知られた造語まで、あるある行動につけられている『名前』をご紹介します。
前編では正式名称ばかりをまとめてみました!

 

フレーメン反応


猫がなにか匂いをかいで変な顔をすることを『フレーメン反応』といいます。
テレビなどでもよく登場する名前ので知っている人も多いかもしれませんね。
口を開いて笑っているような泣いているような、不思議な顔をするので見ていて少し笑ってしまいます。
人の靴や靴下でフレーメン反応を起こす猫もいれば、毛繕いをしている最中の自分の匂いでフレーメン反応を起こす猫もいるので、フレーメン反応を起こす匂いは猫によって違うようです。
YouTubeなどにもフレーメン反応を起こす猫の動画が、たくさんアップされているので何に反応しているのかに注目しながら見てみると面白いかもしれませんね♪

ウールサッキング

猫が食べ物以外のものを食べてしまったり、執着して噛む行為のことを『ウールサッキング』といいます。あまりよくない『あるある行動』の正式名称なんです。
遺伝子的にウールサッキングに走ってしまう猫もいるようですが、『ウールサッキング』は異常な哺乳行為だといわれています。母親との別離が早かった猫がきちんと離乳しきれずに母猫の母乳を求めてなぜか、布やプラスチックなどを食べてしまうのだそうです。
布やプラスチックなどは猫のお腹にとどまってしまうと開腹手術が必要となります。
『よくある行動』ではありますが、猫の命も危険にさらされる可能性があるためウールサッキングをするのであれば一度掛かり付けの獣医さんに相談してウールサッキングをしないように対策した方がよいでしょう。

 

愛撫誘発性攻撃行動

ご機嫌で撫でられていた猫が急に噛みついてくる。そんな経験をしたことのある飼い主さんは少なくないはず。
原因ははっきりとはわかっていないようですが、撫でるのをやめてほしかったり、さわって欲しくないときにこのような行動をとるといわれています。
撫でられている最中に急にがぶりと噛みついてくる猫もいるのですが、『もう撫でないで』と尻尾や表情でサインを出してから愛撫誘発性攻撃行動をとる猫が多いそう。
尻尾をパタパタと早く振っていたり、耳を倒していか耳になっていたら『撫でるのをやめて欲しい』というサインです。
撫でるのをやめてあげましょう。

いかがでしたか?

知っている名前はあったでしょうか?
さて後編では正式名称ではない俗称やちょっと面白いジョークで作られた俗称をもつ『あるある行動』をご紹介します♪

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト