2016年12月21日更新

黒猫・サビ猫をとびきり可愛く撮ってみよう!

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

我が家には黒猫「かりんとう」と、サビ猫「ざらめ」という、写真が撮りにくい2大巨塔がいます。
今のスマホのカメラ機能は処理能力がすごく優れていますが、ひと昔前のスマホではお手上げ。細かい設定のできないコンデジでは暗い写真の量産でした。

黒猫はカメラがピントを合わすのに時間がかかり撮ってみれば真っ黒でどこが目なのか鼻なのかわからないという、笑

サビ猫は黒猫以上に、カメラが迷います。ジーコジーコといつまでたってもピントを合わしてくれないのでシャッターすら下りないありさま。

というわけで、わたしは「かりんとう」と「ざらめ」をとびきり可愛く撮るために、一眼レフカメラを買ったのです。

標準的なレンズとセットになっている一眼レフもありますが、家の猫を撮りたければ本体とレンズは別で買うのが賢い買い方。本体はプロ仕様の高価なものでなくても操作に慣れればどんな毛柄の猫も綺麗に撮れます。大切なのはレンズですね。

わたしの経験上、黒猫・サビ猫を撮るのに最適なのはやはり単焦点レンズ。広くて奥行きのある部屋なら50mmF1.4等の明るいレンズがおすすめ、あまり広くない部屋で撮るならば、わたしが猫を撮る時に愛用しているレンズ、35mmF2.0辺りでも十分です。

単焦点には望遠機能はついていないので、自分が猫に近づいていく必要があります。愛猫にカメラを持って近づいていくと、それだけで興味の対象になり黒目がきゅーんと大きくなります(中にはカメラのレンズが怖い子もいます)。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

ここからは黒猫・サビ猫を愛らしく撮るためのちょっとしたテクニックを紹介します。

 

大切なのは明るい場所でいかに黒目を惹き立たせて撮るか

ご存知の通り明るい場所での猫の目はキャッツアイ、いわゆる糸目・ワニ目と言われている細い線になります。その辺りに合わせシャッターを半押ししピントを固定したら、甲高い声を出してみてください。鳥の鳴きマネでもいいし、チッチッチと舌を鳴らしてもいいでしょう。聞き慣れない声や音がして興味を持つと猫の瞳孔がぐっと大きく丸くなり、そこでシャッターを切ると可愛く仕上がるのです。

光が差し込む明るい部屋ではなく、少し影もある部屋だと猫の瞳孔が自然に大きくなっています。このシチュエーションで活躍するのが先ほど書いた明るく撮れる単焦点レンズなのです。このレンズだと暗めの部屋でも黒猫は黒猫らしく、サビ猫もサビ猫らしくISOを上げて画質を悪くしなくとも、はっきり綺麗に可愛く撮れるというわけです。

黒猫・サビ猫は猫の目線まで下がろう

(ここからは一眼レフに限らず、コンデジにもスマホにも共通するテクニックです。)

猫は常に人間より低い場所にいます。いくら座ったとしても体高分、人間のほうが高い場所にいて、そのままでシャッターを切るとハイアングルな写真になり、特に黒猫・サビ猫は怒り顔に写ってしまうことが多いです。

撮りやすい毛色の猫であれば、見上げた時にハイアングルから撮るととても可愛い写真に仕上がることも多いのですが、いかんせんそこは黒猫・サビ猫ですからね、少しでも顔が下がると、「え、怒ってるの?」的な写真になってしまうんです。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

黒猫・サビ猫を可愛く撮りたければカメラの位置を少し下ろし(家の中なら這いつくばるか、もしくはノーファンダーかバリアングルで)見上げた瞬間を撮ればいいのです。
*ノーファインダーとはカメラのファンイダーを覗かずに撮影すること。
*バリアングルとはカメラに装着されている液晶画面を、自由な方向に動かすことができる機能のこと。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 

上目遣いが欲しければ撮り手の頭の上からおもちゃを出そう

人間のモデルのようにハイアングルからの上目遣いが欲しい場合は、思い切って自分の頭の上からおもちゃを出したり引っ込めたりしてみてください。瞳孔が開いておもちゃにロックオン!した時がシャッターチャンスです。上目遣いのお目々クリクリのいきいきした表情の写真が撮れると思います。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

明るい背景を作ろう

黒猫・サビ猫を撮るのに部屋全体が明るいのに越したことはありませんが、例えば白い壁紙や明るい色のソフトケージやトンネルなどを活用することによってレフ板効果を得られるように工夫すれば、毛色もはっきり、お目々も黒目になり黒猫・サビ猫はとても撮りやすくなります。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

いかがですか。
黒猫・サビ猫を撮るのは難しい!と思ってる方は、こういうちょっとしたテクニックを使ってみてください。

きっと希望通りのお目々クリクリな可愛い写真に仕上がるはずです^^

miki017さんの過去記事はこちら

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 
 

関連カテゴリ