カラーバリエーション豊富!どの色が好きチワワのカラーについて

顔立ちや体つきも犬それぞれに違うチワワ。カラーもブラックにホワイト、レッド、フォーン、チョコなどなどバリエーション豊富で1匹として同じ犬はいないといわれるほどです。だからこそ自分にぴったりの1匹に出会った時は運命を感じてしまいますね。今回はチワワの魅力の1つでもあるカラーについて調べてみました。

 

チワワのスタンダードカラーは?

日本におけるチワワのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

2011年まではチワワはすべてのカラーと組み合わせがスタンダードとして認められていました。その後マールカラーはチワワのスタンダードカラーとして認められないという改正がおこなわれ、2011年4月1日以降からはマールカラー以外のすべてのカラーと組み合わせがチワワのスタンダードなカラーであると規定されています。

ではマールカラーとは一体どんなカラーなのでしょう?チワワでいうとチョコマールやブラック&タンマールなどのカラーのことで、基本となるチョコレートやブラック&タンに不規則な斑模様が現れるコートカラーのことです。

とても優雅で人気の高いカラーなのですが、その独得な斑模様を生み出すマール遺伝子は繁殖をおこなう際に掛け合わせなどに注意が必要だといわれています。マール遺伝子を持つ親犬の掛け合わせかたを間違えてしまうと、死産の可能性が高くなったり生まれてくる子供が重篤な障害を持って生まれたりすることがわかっています。

人気の高いカラーなだけに無理な繫殖がおこなわれることを避けることを目的として、スタンダードのカラーから除外されたようですね。

素材chihuahua-1353338_960_720
 

チワワのコートタイプは?

チワワの被毛には短毛でやや固い被毛が密集するように生えているスムースコートと、ほどよい長さでふんわりと柔らかい毛質のダブルコートの2つのコートタイプがあります。

もともとチワワはスムースタイプの犬種でしたが、アメリカでの改良の際にパピヨンやヨークシャー・テリアなどとの交配が進んだ結果、ロングコートのチワワが生まれたといわれています。

日本では最初ロングコートのチワワの人気が高く、スムースコートのチワワよりもロングコートのチワワを見かけることが多かったのですが、最近では手入れが簡単なことなどからスムースコートのチワワの人気があがってきています。自分たちの生活環境などにあわせてコートタイプを選べるのもチワワの魅力の1つですね。

 

チワワのカラーに分類はあるの?

チワワのカラーには3つの分類があります。

単色

読んで字のごとくですが、他の色が混ざらない全身1色のみのカラーです。単色の定番のカラーはクリームだといわれています。その他にもホワイト、ブラック、チョコ、レッド、フォーンなどのカラーは人気が高いカラーですね。

素材chihuahua-627299_960_720

パーティーカラー

パーティーカラーは主になるメインカラーにもう1色が加わった2色の構成になっているカラーのことです。メインになるカラーは背中や頭部などの大きい面積を占めていて、2色目のカラーはお腹や足先などに固まって現れるのが特徴です。

パーティーカラーではブラック&ホワイト、ブラック&タン、チョコレート&タン、フォーン&ホワイトなどが定番のカラーですね。

トライカラー

トライカラーは3色以上のカラー構成になっているカラーのことです。チワワのトライカラーでもっとも多い組み合わせはブラック・ホワイト・タンの3色だといわれています。カラーの組み合わせによってはかなり珍しいカラーの犬もいるようですね。

 

タンカラーとは?

ブラック&タンやチョコ&タンなどチワワでも人気のタンカラーですが、タンとは一体どんなカラーなのでしょう?犬でいうタンというカラーは黄褐色のことで、色の濃い物をリッチ・タン薄いものをライト・タンといいます。

よくタンとは目の上に眉毛のように丸く出る班のことだと書かれているものがありますが、タンカラーが入る場合に黄褐色が眉毛のように出ることが好まれるのでそのように書かれることがあるようですね。

チワワのカラーでもっとも難しいのがブラックタン&ホワイトやチョコタン&ホワイトという表記です。「3色が混ざっているのでトライカラーなのかな?」と考えがちですが、どうもそうではないようですね。

トライカラーとブラックタン&ホワイトやチョコタン&ホワイトの違いは、全体のカラーの割合でホワイト占める割合が多い場合はトライカラー、ブラックタンの割合が多い場合はそのままブラックタン&ホワイトやチョコタン&ホワイトというカラー表記になるようです。

素材_shutterstock_242011138

成長によって色が変わることもある

チワワのコートカラーの中には成長によって毛色が変わっていくものもあるようです。

はっきりとしたカラーのブラックやホワイトはあまり毛色が変わることがないといわれていますが、中間色にあたるチョコやフォーンなどは成長につれて色が退色していくことがあるようです。そのためフォーン&ホワイトなどの場合は、成長に連れてフォーンが退色して行って単色に近い毛色になることもあるようですね。

また成長に連れて子犬の頃には見られなかった色が入ってくる場合もあり、子犬の頃は単色だったのに成犬になったらパーティーカラーに近い毛色になるようなこともあるようです。

もともとカラーバリエーションが豊富で個性的なチワワですが、自分たちの選んだ子犬がどんな風に育っていくのか楽しむことができるのもチワワの魅力の1つですね。

関連記事