2016年12月27日更新

猫の柄には法則があった!一番多いのは○○柄のネコだって知ってた?

ワタクシ毎日猫関係の本を読んでおりますが、時々「…これは、本人に是非会ってみたい!!」と思わずうなってしまう本に出会うことがあります。

今回ご紹介する本、「ねこ柄まにあ」の著者、南幅俊輔氏は盛岡市出身のデザイナー。仕事柄写真の撮影もするそうですが、2009年に宮城県田代島(有名な猫の島)に行ったことがきっかけで外で暮らす島の猫を撮り続けているそうです。

彼が今まで撮影した猫の数はおよそ3,600匹。その膨大な猫の写真から徹底分析してデータを作成したのが今回の本、「ねこ柄まにあ」(洋泉社 1,200円)です。

「猫の柄には法則がある。」

という名言に猫好きならノックアウトされてしまうはず。今回は、南幅俊輔氏に教えてもらった猫の柄の法則についてご紹介しましょう。

外猫の毛の柄は「色+シマ柄」の組み合わせで分けられる


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫の毛柄、あなたはいくつ思いつくでしょうか?細かく分類するとおよそ8種類に分けられるそうです。

  • 単色猫:無地一色の猫。黒猫、白猫、グレー猫がメインです。
  • シマ+白猫:白い部分をベースにキジ・茶トラ・サバトラなどの柄がついた猫。
  • シマ猫:シマ模様の色は黒か赤茶色。地色が白に黒のシマがついているのがサバトラ。地色が茶色で黒いシマがキジトラ。地色がオレンジでシマが赤茶色なのが茶トラです。
  • 2色猫:白と黒、または白と茶などバイカラーの猫。
  • ポインテッド猫:顔、四肢、しっぽなど、末端の部分に濃い色がついた猫。色は黒、茶、グレーなど。
  • 三毛猫:白、黒、茶が入った猫
  • サビ猫:茶トラがベースでも黒が入ったりポインテッド猫のように末端が濃い色の猫。
  • ムギワラ猫:キジトラシマと茶トラシマが混在している猫。

一番多い柄は白と黒の柄のネコ


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

南幅氏が撮影した外猫、3,600匹を分析したところ、一番多かった毛柄は「白と黒」で573匹。しかし2位のキジ白の猫の数は563匹ですから2位との差はわずか10匹となっています。

  1. 白と黒の猫 573匹
  2. キジ白の猫 563匹
  3. キジトラの猫 448匹
  4. 黒猫 407匹
  5. 茶トラの猫 298匹
  6. 茶トラ白の猫 234匹
  7. シマ三毛の猫 158匹
  8. 三毛猫 134匹
  9. ムギワラの猫 115匹
  10. 白茶の猫 114匹

そして一番少ない柄のネコはグレーと白の猫で27匹だったそうです。

いかがですか。おもわずへぇ~と声が出てしまう情報が満載の「ねこ柄まにあ」。単色の猫の中でも、白猫は17%。黒猫が77.7%と圧倒的に黒い猫の方が多いそうです。(グレーの猫は5.3%)

外で生きる猫の柄を徹底的に調べた南幅氏。「シャム猫系は寄り目が多い」など、外猫ならでは?の貴重なデータも紹介しています。

普通の猫本とはゼンゼン違うマニアックな内容の「ねこ柄まにあ」猫好きさんにはたまらない1冊なのではないでしょうか。是非読んでみて下さいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

猫好きなら1冊持っていたい。「世界で一番美しい猫の図鑑」

図鑑というとほとんどが文字中心で写真やイラストは切り抜きカットということが多いのですが、普通の図鑑とは一味違う作りで猫好きを夢中にしているのが2014年に発行された「世界で一番美しい猫の図鑑……

猫の体

猫の肉球はポップコーンの匂い?知ってるようで知らない猫の肉球

ピンクの桜餅のような猫の肉球。猫の魅力の1つですよね。 「肉球はポップコーンの匂いがするの」 という名言を教えてくれたのは歌手の坂本美雨さん。私はこれは何かの比喩かと思っていまし……

猫の体

野性のネコ科動物のような猫〝サバンナ”のルーツ、特徴、性格について

普通のイエネコに比べて長い尻尾とスリムな体型で野生の大型ネコ科動物そっくりのルックスが特徴のサバンナ。アフリカ出身というだけあってその姿は日本の狭い家には似合わない高貴な雰囲気を醸し出してい……

猫のお手入れ・ケア

犬や猫の「カギ尻尾」はなぜなるの?注意した方がいいことは?【動物看護師が徹底解説】

犬や猫の尻尾をそっと撫でてみたら、あれ?曲がってる?ってことありますよね。まるで骨が折れたかのように、ぐにゃりと曲がっていて、これって痛くないの?いつから?と心配になってしまいますよね。犬猫……

犬の体

体の掃除・体温調整など猫には必須である毛づくろい(グルーミング)について

あなたの愛猫、暇さえあれば自分の体をペロペロと舐めていませんか。これはグルーミングという行動で、単に体を綺麗にするだけではなく、他にも色々な目的があるのです。 心理状況、栄養補給…など……

猫のお手入れ・ケア

【猫の体】犬とネコの喧嘩はネコの方が強い?猫パンチには秘密があった!

我が家で毎日繰り広げられるバトル…。発端は保護犬のぽんちゃんが愛猫カイトのおやつを勝手に食べたからだと思いますが、ほぼ毎日毎朝、朝起きると2匹は喧嘩を始めます。 年齢で言えばぽんちゃん……

猫の体

コラットってどんな猫?コラットの性格・特徴など徹底解説!

コラットという猫をご存知ですか?ブルーの毛並みの猫と言えばロシアンブルーが有名ですが、コラットも同じような美しいブルーの毛色の猫です。 この記事では日本では希少な猫、コラットについて詳……

猫のお手入れ・ケア

【動物看護士が解説】猫はご飯を丸呑みしていても大丈夫?

猫のご飯の様子を見ていると、カリカリと音を立てて1粒ずつ食べている猫、流し込むように丸呑みしている猫、いろんな猫がいますよね。心配なのは丸呑みをすること。ドライフードはとても固いし、小さいか……

キャットフード

激レア! 「三毛猫のオス」は家が買えるほど高価って本当?それとも都市伝説?

どの街角でも見かける「ネコ」。茶色のトラや白黒のブチ、3色そろった三毛猫が定番だが、オスの三毛猫は家が買えるほど高値がつくのはご存じだろうか? 毛の色は遺伝子によって決まるが、子の性別……

猫の雑学

ペルシャってどんな猫?ペルシャ猫の特徴や性格・飼うときの注意点を徹底解説!

毛並のゴージャスな美しさで有名なペルシャ猫。ふわふわの毛並みは猫好きの人のみならず、多くの人が触れてみたいと思うことでしょう。 ペルシャは純血種の猫として非常に古い歴史を持ち、世界初の……

猫の病名一覧

根強い人気のアメリカンショートへアの性格や特徴、飼うときに気をつける注意点について

アメリカンショートヘアってどんな猫? 名前のとおり、アメリカを代表する猫です。先祖はメイフラワー号と一緒に、英国から未開の大陸であったアメリカに開拓民たちと一緒に上陸しました。当時はネズミ……

アメリカンショートヘア

猫飼い必見!猫の「積極的に触った方が良い」場所は○○だって知ってた?

ネコはあんまり触られるのが好きじゃないみたい…。ネコ飼いさんと話しているとよく「ウチのネコはツンデレで、抱っこが苦手なの。」「体に触ると嫌がるんだよね」という言葉を耳にします。 私は今……

猫の爪のお手入れ

猫の抜け毛は1日どれ位抜ける?ネコの抜け毛対策やってはいけない方法

愛する猫。毎朝愛猫のおでこに顔をつけて匂いをかぐ「朝のデコ吸い」は至福のひとときですが、洗顔直後にコレをやると猫の抜け毛で顔がベタベタに。再度洗顔するはめになります。 我が家には思春期……

猫の毛のお手入れ

謎多き三毛猫!三毛ネコの真相に迫る!

小説になるほど他の猫とはひと味違う三毛猫ですが、三毛猫に関する言い伝えや話しは昔からいくつもあり、都市伝説化されてしまった話もあるほどです。 最近では洋猫の勢いに押され、三毛猫のような……

猫の体

かぎ尻尾の猫を飼っている人は幸福になれる?かぎ尻尾誕生の秘密

日本にいる雑種の猫には尻尾が短く曲がった猫がいますね。 その形からかぎ尻尾、曲がり尻尾などと呼ばれています。細く長い尻尾が好きな人だと敬遠することもあるでしょうが、実は曲がった尻尾は幸……

猫の体