お洒落だけじゃない!チワワの洋服について

アップル型の丸い頭にリボンのような大きな耳が可愛らしいチワワ。スポーティーなパーカーやボーダー柄のマリンルックなどお洒落な洋服を上手に着こなしている犬を多く見かけますね。小柄なチワワは洋服がよく似合います!でも犬に洋服って必要なのでしょうか?今回はそんなチワワの洋服について調べてみました。

 

チワワに洋服は必要?

よくペットに洋服を着せるのは飼い主のエゴなのでは?という意見を聞きます。確かに犬の行動を妨げてしまうような洋服の着せ方はおかしいと思いますが、犬に洋服を着せることにはお洒落いがいにも意味があることのようです。

犬_素材

体温調整のため

小柄で華奢な体をしているチワワは体温を調整することが苦手な犬が多く、寒さにとても弱いといわれています。特に被毛の短いスムースコートのチワワの場合は、被毛で体温を守ることができないので、洋服を着せて体温を調整してあげることが必要なようですね。

紫外線や乾燥から肌を守るため

さまざまな気象の問題から、近年では夏だけでなく1年を通して紫外線には注意が必要になっていますね。また冬の乾燥もフケなどの原因になってしまいます。犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄く外からの刺激に弱いため皮膚炎に注意が必要な場合が多いようです。

犬の洋服には紫外線や地面からの反射熱、冬の乾燥などの外的な刺激から肌を守る役目もあります。

ノミ・ダニなどの寄生虫の予防

散歩やドッグランなどを利用する時に注意してあげたいのがノミやダニなどの寄生虫ですね。もちろん予防剤を使用してダニやノミの寄生を予防する必要はありますが、被毛につけたまま家に持ち込まれてしまう危険性までは防ぎきれません。

洋服は直接寄生虫の付着を防ぐことができるので、アスファルトではない公園などを散歩する時やドッグランを利用する時などには洋服を着せていくとよいようです。

被毛の抜け落ちの予防

チワワは抜け毛が多いといわれているダブルコートの毛質をしています。そのため年に2回ある換毛期には「小さい体からこんなに抜けるの?」と思うほどの抜け毛があるようです。

抜け毛の対策はなかなか大変ですね。特に外出先や車の中の抜け落ちは防いでい置きたいものです。洋服を着せると抜け毛や死毛の抜け落ちや付着を防ぐことができます。出かける時に洋服を着せる意味はそのようなところにもあるようです。

素材_shutterstock_320826779
 

少しずつ慣らしてあげることが大切

チワワに洋服を着せることはファッションのためだけでなく、意味のあることであることはわかりましたね。でももともと洋服を着る習慣のない犬にいきなり洋服を着せて歩かせようとしても、違和感から動かなくなったりそもそも着ることを怖がって逃げてしまったりすることがあるようです。

洋服を着せる場合は無理をさせずに、少しずつ慣らしてあげることが必要なようです。まずは違和感を減らすために軽くて着心地のよい洋服を選んで着せてあげましょう。初めは少し着せてすぐに脱がせるようにします。大人しく着ていることができたら褒めてあげましょう。

これを毎日繰り返し少しずつ着ていられる時間を伸ばしていきます。

 

チワワにおすすめの洋服は?

ペットの洋服にもさまざまなデザインや機能が付いた物がありますね。ついついこった可愛い物を選んでしまいがちです。でも着る犬の気持ちになって考えてみましょう。

まずしっかりとサイズのあった洋服を選んであげましょう。次に着ている時に噛んで誤飲してしまうようなボタンや装飾が付いていないことを確認します。最期にフードやフリル、リボンなどが動きの邪魔になるようなことがないかを確認しましょう。

また寒さに弱いチワワの場合は、レインコートや外套、ダウンジャケットなどを用意しておくとよいですね。

素材_shutterstock_261509492
 

まとめ

チワワに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?チワワにはファッションのためだけでなく防寒や抜け毛の予防のために、洋服を着せてあげるとよいようです。

ただし洋服を着せる時には注意が必要なこともあります。

本来犬は洋服を着るように体の構造ができていません。そのため1日中洋服を着ていると、抜け落ちた毛やフケが洋服や被毛の間に溜り、蒸れたり雑菌が繁殖するなど不衛生な状態になってしまいます。またロングコートのチワワの場合は、洋服と被毛が擦れてもつれや毛玉の原因になってしまうこともあるようです。

洋服を着せる時は着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に洋服を着ないで過ごすことができるスペースは確保しておくとよいですね。

関連記事