2017年5月18日更新

遊ぶの大好き!元気いっぱいなトイ・プードルの散歩についてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

すまし顔で座っている姿はまるでぬいぐるみのようなトイ・プードル。実はとっても活発で飼い主と一緒に遊ぶことが大好きな犬種なのです。体が小さく多くの運動量は必要ないといわれることもありますが、トイ・プードルに散歩は必要ないのでしょうか?今回はそんなトイ・プードルの散歩について調べてみました。

 

トイ・プードルに散歩は必要?

トイ・プードルはスタンダード・プードルを掛け合わせによって小型化した犬種です。スタンダード・プードルはハンターが撃ち落とした水鳥を回収する、水中回収犬として使役されてきた歴史を持っており、猟犬としての資質がある賢く勇敢で運動量豊富な犬種です。

その血統を引いているトイ・プードルは小型の愛玩犬ではありますが、運動能力が高く運動への欲求も強い犬種だといわれています。そのため運動への欲求をうまく満たしてあげないと、ストレスからイタズラがひどくなったり、無駄吠えを始めたりするようなこともあるようです。

そのような問題行動を起こさせないためにも、トイ・プードルには運動欲求を満たしてあげるだけの散歩が必要なようです。

imasia_4532177_S

トイ・プードルに必要な散歩の頻度は?

ではトイ・プードルにはどのくらいの頻度の散歩が必要なのでしょうか?理想的には1日朝夕2回の散歩が理想だといわれています。時間的には30分程度で距離にすると2kmくらいが目安のようです。

時間や距離はあくまでも目安で、それぞれの犬の体力や運動欲求にあわせてあげる必要があります。散歩中は犬の様子をよく見て、時々飼い主を見上げるような仕草を見せるなど、疲れている様子がみられる時は、無理に歩かせる必要はありません。

 

散歩には運動以外の目的もある

犬の散歩というと運動もしくはストレスの発散というイメージがありますが、散歩にはそれ以外にも犬にとって重要な意味があるようです。

日光浴

犬も人間と同様に太陽の紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを生成します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで知られています。プードルの中でもっとも小柄で華奢な体つきをしているトイ・プードルにとって、カルシュウムはぜひとも摂取しておきたい栄養素の1つです。

またビタミンDには殺菌効果もあるため、皮膚病の予防にも効果があるといわれています。天気のよい日に陽の光をあびながらゆっくりと散歩するのは日光浴には最適ですね。

社会性の勉強

トイ・プードルは人懐っこい反面、警戒心の強いところがあるようです。そのため早い時期から家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を作り、社会性の勉強をさせてあげる必要があるようです。社会性とは自分と家族以外の人や他の犬との間のコミュニケーションの方法やルールのことで、多くの人や犬と触れ合う機会の中で犬自身が自然と学んでいくものです。

散歩は家族以外の人や犬と出会う絶好の機会ですね。できれば警戒心が芽生える前のワクチンが済んだ子犬の時期から、積極的に散歩に連れて行ってあげたいところです。

素材_shutterstock_181328066

季節によって散歩の時間をコントロール!

人よりも体の小さなトイ・プードルは暑さ寒さの影響を人よりも多く受けることになります。特にシングルコートの毛質をしているトイ・プードルの場合は、日本の冬はかなり過ごしにくい季節になるようです。散歩もその季節にあわせて時間を調整してあげるとよいですね。

寒さに弱いトイ・プードルは冬の散歩には注意してあげたいところです。冬は陽が高くなりやや暖かくなる時間帯を選んであげて、できれば防寒のために暖かい洋服を着せて散歩に連れて行ってあげるとよいでしょう。

逆に夏場は体高の低いトイ・プードルの場合は直射日光だけでなく、地面からの照り返しの影響も多く受けます。また靴を履くわけではない犬の場合は、熱されたアスファルトやコンクリートの上を直接歩くために、肉球をやけどしてしまうことにも注意が必要なようです。

夏場は朝は陽が昇る前の午前5時~6時くらい、夕方は日が沈んでからしばらくたって地面の熱が抜けてからが理想的なようです。もしも早朝や夕方遅い時間が難しい場合は無理に2回にこだわらずに、朝か夕方のどちらか1回だけにする方がよいかもしれません。

散歩の時は歩き方に注意!

トイ・プードルは先天的にも膝蓋骨脱臼になりやすい犬種だといわれています。膝蓋骨脱臼とは後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

散歩の時には犬の歩き方には注意をしてあげましょう。少しでも違和感を感じることがあったら早めに獣医師に相談するとよいですね。

imasia_1176710_S

まとめ

トイ・プードルの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

犬の散歩で問題になることの1つが散歩の時間です。時間を決めて規則正しくする方がよいのか、天候やその日のスケジュールなどにあわせて臨機応変に対応してあげるのがよいのか迷うところですね。

犬の散歩時間についてはさまざまな意見がありますが、散歩の時間はあまりしっかりと決めてしまわない方がよいという意見が多いようです。理由は時間を決めてしまうと悪天候で外に行かれない時や飼い主の具合が悪い時など、時間通りに行かれないことが起こると、犬にストレスを与えることになるからいうことのようですね。

季節や天候、犬と飼い主のコンディションなど、日々の生活の中にはさまざまな不確定要素があります。犬も人と一緒に生活をする以上、それらの不確定な要素に臨機応変に対応できるようにしておいてあげる必要があるということでしょう。

 
 

関連カテゴリ