2016年12月25日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫の去勢手術や避妊手術。術後に注意しておきたいポイントは?

生後半年を過ぎると勧められることの多い、避妊去勢手術。去勢手術は日帰りで行えることが多く、避妊手術であっても1日程度で帰ってくることができ、”そんなに大掛かりではない手術”というイメージですが、実は、大変なのは手術自体ではなく、術後だったりするのですよ。

術後に多いトラブルは?

術後に多いトラブルは、傷口を舐めてしまうということです。大抵は、傷口に絆創膏と首にはエリザベスカラーをして、舐めないように対策を打ちますが、それをうまくかいくぐって舐めてしまうのが猫という生き物です。とにかくこの手のトラブルが多く、傷口を舐めて化膿してしまった、糸がとれてしまった、ひどい時には傷口が開いて血が止まらないなんてこともあるのです。

傷口に触れさせないためには

猫は非常にエリザベスカラーを嫌う生き物なので、カラーを付けられてしょんぼりしてしまった愛猫を見ると、今すぐ取ってあげたい…と思うのが飼い主さんですよね。でも、ちょっと待ってください。カラーをして数日落ち込みながら過ごすのと、カラーを外して気が楽になったのは良いものの傷口をいじり倒して血が止まらなくなるのと、どちらが良いでしょうか?

カラーを付けて食欲がなくなることもあるでしょう。上手く歩けなくなることもあるでしょう。でも、それも傷が治るまでの数日間だけのことです。愛猫のために何が1番良いのかを考え、カラーを外したい気持ちをぐっと堪えてくださいね。

傷口が化膿したら、治療はもっと長引きます。飲むお薬が増えます。糸を外してしまったら、また縫わなくてはいけなくなります。傷口が開いてしまったら、また麻酔をかけて手術をしなくてはならなくなります。可愛い愛猫のためです。飼い主さんも頑張りましょう。

術後の気をつけるべきサインは?

カラーをきちんとはめていて、傷口が舐められないようになっていても、トラブルが起きることがあります。気をつけるべきサインをまとめてみましょう。

傷口が緑色に膿んでいる

傷口が膿んでいる場合は、消毒や抗生物質を投与してもらう必要があるため、必ず手術を行った動物病院を受診しましょう。

傷口を縫った糸が皮膚にめり込むように締まっていて、糸を通した穴が裂けそう

避妊手術に多い例ですが、傷口の腫れがひどく、結んだ糸がめり込んでしまい、痛みを伴うことがあります。傷が腫れることを想定して、少し緩く縫いますが、それでもスペースが足りなくなってしまうこともあります。この場合も必ず手術を行った動物病院を受診し、糸を切って縫合し直すのか、そこだけ糸を抜くのか、何らかの処置が必要であればしてもらいましょう。

血が止まらない

去勢手術は睾丸を取り出し、避妊手術は卵巣と子宮を取り出すので、当然出血があります。しかし、傷口から漏れ出すような出血は異常です。どこかの血管が裂けたか、止めたはずの出血点から再度出血している可能性があるので、すぐに手術を行った動物病院を受診しましょう。絶対に様子を見ることはしないでください。失血死する可能性があります。

おしっこが全く出ない

術後から全く尿が出てない場合は、すぐに手術を行った動物病院を受診しましょう。

必ず術後3日までは尿が出ているか確認をし、3日以内に1回でも出れば問題はありません。しかし、2日以上経っても出ない場合は、すぐに受診する必要があります。これは避妊手術に多く、完全な病院側の過失です。術中に尿管を傷付けたり、尿管を間違えて結紮(結ぶ)ことにより起こる尿閉です。3日を超えると尿毒症になり、死に至る可能性があるので3日経つ前に必ず病院へ連れて行きましょう

元気・食欲がなく、ぐったりしている

術後から調子を崩すこともあります。手術をしたストレスや、痛みからくる不調ならまだ良いですが、術中に使った器具や薬剤へのアレルギー、術中に循環が確保されていなかったことにより多臓器不全など、様々な可能性が考えられるので、様子がおかしいと感じたらすぐに手術を行った動物病院を受診しましょう。

手術は手術。大きいや小さいは関係ない

かなり大掛かりな手術を、大手術なんて呼ぶこともありますが、手術に対するリスクの量は何をしても同じです。去勢手術は特に、30分程度で終わりますよ、術後数時間で帰れますよ、と言われることもあるので、いわゆる軽い手術と勘違いしてしまいがちですが、去勢手術にも避妊手術にも、同じだけのリスクがあります。避妊去勢手術は、猫を飼う上で当然と考えられがちな手術なので、なんとなくその時期になったからする、ではなくきちんとメリット・デメリットを理解した上で手術に臨むようにしましょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護師が徹底解説!】猫の去勢手術や避妊手術。術後に注意しておきたいポイントは?

生後半年を過ぎると勧められることの多い、避妊去勢手術。去勢手術は日帰りで行えることが多く、避妊手術であっても1日程度で帰ってくることができ、”そんなに大掛かりではない手術”というイメージです……

オス猫の去勢手術

外猫と家猫で違いがある…!?ネコの『発情期』について獣医師が教えます!

春が近づいてきた夜、突然外から「フギャー!」という猫の大きな鳴き声を聞いたことのある人は多いでしょう。また、まだ幼いと思っていた愛猫が突然「ウァーオ!」と独特の鳴き声を出して驚いた人もいるか……

完全室内飼育の猫でも去勢・避妊手術は受けた方が良いの?【動物看護師が徹底解説】

最近では純血種の猫を意図的に選んで飼う方も増えてきていて、猫の完全室内飼育が定着しつつあります。しかし、一方で野良猫から家猫になった場合、定期的に外へ出しがちで事故や感染症で命を落とすことも……

オス猫の去勢手術

猫を災害から守るために必要なこと、準備は?どう行動する?

突然襲ってくる災害からペットを守るためにはどうしたらよいでしょうか?自分自身も危険にさらされる中、ペットの身を守るのは容易なことではありません。今回は猫の飼い主さん向けに地震などの災害に備え……

メス猫の去勢手術

なんだか外がにぎやか…1月頃からはじまる猫の発情期ってどんな感じ?

1月頃になるとそろそろ気になってくるのが猫の発情期。大きな鳴き声が気になって眠れないという方もいるのではないでしょうか? そもそも発情期ってなに? 猫の発情期はメス発信です。まず……

猫の雑学