2017年5月18日更新

トイ・プードルの散歩には首輪がいいの?それともハーネス?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

室内犬として不動の人気のトイ・プードル。活発で飼い主が大好きなトイ・プードルには飼い主と一緒に出かける散歩は待ち遠しい楽しみな時間です。楽しく散歩をさせてあげるには散歩グッズもトイ・プードルにあったものを選んであげたいですね。今回は首輪とハーネスどちらがトイ・プードルに適しているのかを調べてみました。

 

首輪とハーネスそれぞれの特徴は?

犬の散歩グッズで最初に思い浮かべる物はリードとそれをつなぐための首輪もしくはハーネスですね。首輪を選ぶべきかハーネスがよいのか、本当に悩んでしまうところです。

トイ・プードルにどちらがあっているのかを考える前に、まずそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

素材_shutterstock_275558684

首輪の特徴

犬に首輪を巻くということは散歩のためだけでなく、巻いていることで家族以外の人に飼い犬であることをアピールするという目的があります。そのため首輪は室内にいる時でも、できれば巻いておいた方がよいといわれています。

なぜ室内にいるのに巻いておく必要があるのでしょうか?室内にいる時にも巻いておく方がよいといわれている理由の1つは、犬は思わぬ時に逃げ出してしまう危険性があるからです。特に神経質な犬や臆病な犬は、玄関を開けた時に室内や外で大きな音がしたりするとパニックになって外に走り出してしまうようなこともありますね。

迷子犬になってしまった時に首輪をしていると、保健所に保護された場合に飼い犬として処分期間が延長になりますし、首輪に迷子札を付けていれば保護された時に連絡をもらうことができます。

また首輪を付けることで、室内でも外でも犬がパニックを起こした時などに飼い主がとっさに犬を掴むことができるのも首輪を巻いておく理由の1つです。つまり首輪は散歩のためのグッズではなく、犬をさまざまな危険から守るために飼い主が付けるお守りのようなものだということですね。

ハーネスの特徴

ハーネスはもともと犬ぞりを引くそり犬をそりにつなぐために作られた道具です。

犬ぞりは重い荷物や人を乗せたそりを犬たちが引いて移動するもので、そり犬たちが長い時間重い物を引いて走ることができなければなりません。そのためできる限り体にかかる負担を減らし重いものでも引っ張ることができるように、首への負担がなく犬にとってはつながれているものを引っ張りやすい構造になっています。

現在散歩用に改良されたハーネスの多くはナイロンや布のテープで前足を通すような形に作られたものですが、最近ではより体の負担が少ない胴を包むようにつけるベストタイプのものもあるようです。

犬_素材

散歩で利用する時のメリット・デメリット

首輪とハーネスを散歩に利用するためはそれぞれにメリットとデメリットがあります。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、トイ・プードルにはどちらが適しているのかを考えてみましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

プードル

 

トイ・プードルにはどちらが適しているのか?

トイ・プードルの散歩には首輪がいいのか?ハーネスがいいのかという問いに対しては、やはり犬それぞれにあわせて臨機応変に使い分けるのが最適という解答になると思います。

散歩の最中に飼い主を引っ張って歩くような犬に対しては、飼い主を引っ張りやすいハーネスを使用するよりも、直接首にショックを与えることができる首輪を付けて、まずは飼い主を引っ張らずに散歩ができるようにしつけをしてあげる方がよいでしょう。

逆に首や気管支に病気や障害がある犬の場合は、首輪は迷子の時のお守りとして付けるとしても、散歩の時はハーネスを使用するべきですね。

どちらを使うにしても犬にとって初めて付ける時は違和感があって気持ちの悪いものです。神経質な犬の場合は首輪やハーネスを付けただけで、気になって歩けなくなってしまう犬もいるようです。まずは付けることに慣らしてあげることが大切ですね。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいようです。リボンが巻かれていても気にしなくなってきたら、今度は首輪やハーネスを巻いてみましょう。巻かれても落ち着いているようなら、室内で一緒に遊んであげるとよいですね。

室内で首輪やハーネスを巻いたまま遊べるようになったら、次は実際に外へ散歩に出かけましょう。その時も無理をさせないのが重要です。少しずつ距離を伸ばすようにゆっくりと慣らしてあげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ