2017年1月26日更新

【猫好きだけど】猫を飼わない理由を考えてみました。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫を飼い始める前にクリアをしなくてはいけない事はたくさんありますよね。たくさんのことがクリアしても、いざ暮らしてみてたら「こんなはずじゃなーい」と思う事も…

一緒に暮らし始めてからは引き返せないからこそ、猫を飼うのを慎重に考えている人にクリアしなくてはいけないことを教えてもらいました。

そしてそれについて猫を飼っている人に、どんな方法でクリアしたのかというのを聞いてみました。もし今後猫を飼いたいと思っている人は、参考にしていただければと思います。

 

金銭的な不安

猫_素材

まずは金銭的な不安があがりました。確かに猫を飼い始めるのは金銭的なものがありますが、どうやらそれだけではないようです。

1.住居への投資

まず猫が飼える部屋に引っ越しをしなくてはいけないため、引っ越し資金。すでに一戸建てに住んでいる方は、爪研ぎ対策や、脱走防止対策、立ち入り禁止対策などをしっかりしてからでないと難しい場合があります。

解決方法

住居を購入予定がない人は、少し古めの賃貸物件を探してみましょう。新築でない少し長い間空いている物件は古めでもペット可になっていることが多いのです。まずは引っ越す前に交渉をしてみましょう。ペット可物件は高いイメージですが、探してみるとお手頃価格の物件が出てきます。

2.医療費への不安

保険治療がない動物医療は突然の大病で大金が必要になる場合があります。動物用の保険に入っていてもそれだけでは万能ではありませんので、不安は尽きる事はありません。

解決方法

医療費への不安をなくすためには一つは保険があります。しかし保険は万能ではないので、貯金も併用した方がいいでしょう。そして、突然の医療費を無くすためにお勧めしたいのは、定期的な健康診断となります。軽度のうちに発見できれば治療費ももちろんですが、猫への負担も減ります。主治医を見つけておくのも医療費への不安が減ります。

3.毎日のランニングコスト

猫は毎日必要なものは少ないのですが、毎日のフードと、トイレの砂を購入する必要があります。どれくらいの単価のものにするかピンキリなのですが、それでも多少なりともコストがかかります。猫を飼うのであれば必ずかかる費用です。

解決方法

毎日の費用はどうしても発生してしまいます。しかしこちらを払うのが難しい方は猫を飼育するのは困難でしょう。少しでも節約方法があるとすれば、猫砂は良いものを選んだ方がいいのではないでしょうか。安いものは汚れやすく、猫が粗相したり、埃がたちそれで肺炎になる猫もいます。少し高額な砂の方が、固まりやすいため掃除もしやすいのです。猫が健康な生活に猫砂の選定を間違えないようにしたいですね。

生活習慣の不安

5199d6a732eac842f4ce75d0840f5db1_s
猫を飼い始めることによって、生活習慣が変わってしまう事への不安と、生活習慣を変えられないからこその不安があります。

1.旅行できない不安

1泊旅行ぐらいであればご飯を多めに置いて、出掛けることはありますが、2泊3泊となると難しくなります。連れて行けばという方もいますが、猫は場所に居つくものです。あまり旅行に連れて行くのは向いている動物ではありませんので注意してください。

解決方法

近所に友人や親せきがいる場合には、留守番中の猫の世話をしてもらう方法があります。それが難しいのであれば、ペットホテルやペットシッターを依頼する必要があります。

2.毎日帰るか分からない

一人暮らしをしていれば、仕事で遅くなって会社に泊まることもあるかもしれませんし、ちょっと飲み過ぎてオールをすることもあるでしょう。猫を飼っていたら、頻繁に家に帰らないことは出来なくなってしまいます。

解決方法

猫を飼い始めてしまったら、ちょっと遊んでというのはやめなくてはいけませんね。少し生活の基準を考え直してみましょう。もし見直しができないのであれば、今は猫を飼う時ではないかもしれません。

3.家にいる時間がほとんどない

仕事が忙しく毎日寝るために帰っている一人暮らしの人には、猫を飼いたいと思っても諦めるしかありません。自分の生活のゆとりを持ってから猫を飼い始めたほうが猫にとってもご自身にとっても良い結果になりそうです。

解決方法

こちらの解決方法は転職をするか、家族を増やすしかありません。

4.20年後の自分の想像できなくて不安

最近では20年以上の長寿の猫の増えてきますが、例えば20代半ばの人が飼い始めた場合には、猫が寿命を迎えるころには40代になっている可能性が高いです。一人暮らしから結婚や出産などで家族が増えていくときです。今は問題なく飼える環境であっても、パートナーや子供が猫アレルギーがあるかもしれません。そうなった時にどういう対処をするのかなどを考えていると猫を飼うのは不安になってしまいます。

解決方法

先のことを考えすぎても予測がつかないことがたくさんありますが、まず周りに猫好きを増やすことから初めてみませんか?親しい友人や近しい親戚に猫の可愛さを説いて回りましょう。猫を好きの周りには猫好きな人が集まります。実際に猫の飼育をしている人が身近にいれば20年後を想像することができるかもしれません。できない時は見切り発車はやめておきましょう。

 

猫の世話に不安

33c3983bb86f4a0d0f5283d7c016fbcc_s
猫の世話について不安を持つ人も多くいます。ご飯をあげる事と、トイレの掃除以外には些細なことなのですが、猫と飼い主さんが快適に過ごせるようにしなくてはいけない事がたくさんあります。

1.匂いについての不安

猫はほとんど無臭の動物と言われていますが、粗相をしてしまう猫だっていますし、病気などで臭いが出る可能性があります。健康で飼育するのが一番ですが、どれくらいの臭いが出てしまうのかその時に自分が嫌になってしまわないか不安を感じる方もいました。

解決方法

まず糞尿の臭いが問題ないのか、猫飼育をしている知り合いや猫カフェに行ってみて、許容できる範囲か確かめてみましょう。また、病気で臭いが出てしまう時に耐えられるかは主観の話になってしまうので確認は難しいです。ご自身がよく考えて納得できる答えがでるまでは猫の飼育はしない方がいいでしょう。

2.介護ができるか不安

今は猫の医療も進んでいて、長生きができるようになりました。猫と一緒に長生きできるのは嬉しいですが、猫に介護が必要になった時にできる気がしないという意見がたくさんありました。

解決方法

実際に介護をしてみた人の話を聞いてみるのが一番ですが、身近にいない時にはインターネットのコンテンツで探してみるのもいいです。実際に自分がやってみる時には変わっているかもしれませんが、たくさんの実例を見て想像してみましょう。そこで全く想像できない場合や、簡単と思う人はもう少し猫を飼うのを待った方がいいと思います。

3.掃除、片付けができるか不安

猫のいる家での掃除は抜け毛を掃除するだけでなく、猫が危険物を飲み込んでしまわないように隅まできれいにしておかなくてはいけません。ちょっとした気のゆるみが事故につながる可能性があるためです。

解決方法

猫の全てが異物食いする訳ではないのですが、異物を食べたがる、人の食べ物をを食べたがる猫というのはいます。また、コードなど部屋に必ずあるものを噛み切ってしまう猫も一定数います。たまたま全くしない猫だったという幸運を探すよりは、部屋に露出するものを減らして整頓を心がけましょう。

4.医者に連れて行けるか不安

飼う前には猫が調子を崩してしまった時、気づいてあげられるかは一番の不安要素かもしれません。飼い始めてからも完璧に健康管理ができると思っている方はどれほどいるのでしょうか。

解決方法

猫が健康に過ごしているかチェックは難しい部分です。解決する方法はないのですが、なるべく獣医さんにかかることで不安は大分減ってきます。まず猫を飼い始める一歩が難しい事柄なのですが、一歩踏み出すと健康に気を使う飼い主さんになる事が多いようです。

猫を飼う前に

こちらを読んでみて猫を飼うのは難しいと思う人はたくさんいるかと思います。飼ってみたらたぶんもっと難しいことに直面するでしょう。解決方法は入っていますが、無理だと思うのであれば今は猫を飼うのはやめておいて違うタイミングを待ってみませんか。

そのうち上記の問題を全て片づけてもいいと思えるほどの猫と出会いがあるかもしれません。その時のために猫の知識をたくさん貯めておいてください!

 
 

関連カテゴリ