2017年5月18日更新

カラーも性格も個性豊か!トイ・プードルのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

賢く穏やかな性格と愛らしい姿で常に人気上位のトイ・プードル。トイ・プードルの魅力の1つはカット次第でさまざまな表情を見せてくれる被毛ですね。そんな魅力いっぱいのトイ・プードルの被毛はカラーバリエーションもとっても豊富!今回は魅力たっぷりのトイ・プードルの被毛のカラーについて調べてみました。

 

トイ・プードルのスタンダードカラーは?

日本におけるトイ・プードルのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

一般社団法人・ジャパンケネルクラブはトイ・プードルのスタンダードカラーは綺麗な1色の被毛(ソリッドカラー)であることが理想であると規定しています。つまりトイ・プードルの場合は2色が入るパーティーカラーや3色以上が入るトライカラーはスタンダードカラーとしては認められていないということになります。

またフレンチ・ブルドッグなどでよく見られる、ブリンドルと呼ばれる縞のような斑模様が入るカラーも、トイ・プードルの場合はスタンダードカラーとしては認められていないようです。

imasia_13559064_S

人気のカラーは?

トイ・プードルは被毛のカラーによって少し性格が異なるといわれています。人気のカラーとともにそれぞれのカラーの性格をご紹介します。

ブラック

プードルの基本カラーの1つです。色素の濃いカラーなので被毛だけでなく、目や爪もブラックカラーになります。毛の量が多く皮膚が強い犬が多く、比較的骨格がしっかりとしている傾向があります。

他のカラーに比べるとやや体臭が気になる犬が多いようですね。遺伝的に安定したカラーなので遺伝的な疾患を持つ犬は少ないといわれています。

性格的には控えめで落ち着きがあり、飼い主に対する服従心が強いので、すべてのカラーの中でもっともしつけが入りやすいといわれています。初めて犬を飼う方にはおすすめのカラーのようですね。

ホワイト

ブラックと同様にトイ・プードルの基本カラーの1つです。ホワイトといわれていますが純白の犬からややクリームがかった犬まで含まれるようです。

肌は綺麗なピンク色をしていることが多く肌が弱い傾向があります。毛の量が他のカラーに比べて少ないのも特徴ですね。

性格的には協調性があり安定した性格をした犬が多いようです。ブラックと比べると飼い主への依存度が高く、甘えん坊な犬が多いといわれています。

ホワイトカラーは他のカラーよりも汚れが目立ちやすいので、綺麗な状態を保つためにはシャンプーやブラッシングなどこまめに手入れをする必要があります。

犬_素材

レッド

トイ・プードルの中でもっとも人気の高いといわれているカラーです。レッドと表記されていますが赤茶色のことで、人気のカットスタイルであるテディー・ベアカットをすると、ぬいぐるみのテディー・ベアにそっくりになることから人気が高いようですね。

まだ新しいカラーなのでレッドカラーを出す遺伝子が安定していないため、年齢によって退色していく傾向があるようです。また同じレッドでも濃い赤茶色の犬から色の薄い犬までカラーの濃淡があるのも特徴です。

スリムで足の長い犬が多く、体臭はあまり気にならないといわれています。

性格的には陽気で元気な犬が多いので、犬と一緒に楽しみたいと思う方に向いているようです。ただしやや協調性に欠ける部分があるため、多頭飼いには向かない犬が多いといわれています。

ブラウン

レッドと同様に人気の高いカラーの1つですね。元はブラックから派生したカラーだといわれています。年齢によって退色をし段々とカフェ・オレ色への変化していくことが多いのが特徴です。

運動能力が高く、性格的には穏やかでマイペースな犬が多いようです。飼い主への依存度が低いためブラックやホワイトなどの犬から比べると、しつけには根気がいるようです。

アプリコット

レッドに似たカラーですがやや黄色がかっており濃いオレンジに近い色をしています。毛の量は少なくやや弾力に乏しい毛質をしていることが多いようです。絡みやすい毛質なのでこまめなブラッシングが必要になります。皮膚が弱い傾向があり皮膚炎に注意が必要な犬が多いようです。体臭は弱いといわれています。

性格的にはレッドに近く、陽気で元気な犬が多い反面他の犬や動物との協調性に欠けることろがあるようですね。

シルバー

生まれた時は色が濃くブラックに近い色をしていますが、1歳くらいまでには綺麗なシルバーへと変色していきます。毛が細く絡みやすい毛質をしている犬が多いため、他のカラーよりもこまめなブラッシングが必要なようです。

中には年齢によってプラチナに近い色へと変色する犬もいますが、年齢による退色の度合いには個体差があります。体臭は弱いのであまり気になることはないようですね。

飼い主に従順な犬が多いようですが性格的には2つのタイプがあるようで、温厚で協調性のある多頭飼いに適したタイプと、独立心が旺盛でやや協調性に欠けるタイプに分かれるようです。

迎え入れた犬の様子をみながら、しつけの仕方などを考えていかなければならないカラーのようですね。

 

ミスカラーとは?

トイ・プードルの基本カラーはブラック、ホワイトの2色で、これにブラックから派生したブラウンを加えた3色を元に、レッドやアプリコットなどの人気のカラーが作り出されたといわれています。そのためまだ遺伝子的に安定していないカラーも多く、成長に連れて色が変色することがあるようですね。

また基本カラーであるホワイトやブラックカラーの犬でも、他のカラーの遺伝子が入っている場合があり、時に成長するにつれて他の色が1部入って来るようなことがあるようです。

1色の中に1部他の毛色が混ざるような状態はトイ・プードルにとってはミスカラーとされ、ブリンドルやパーティーカラーなどと同様にスタンダードカラーとしては認められません。そのためドッグショーに出陳することはできませんが、遺伝的なもので病気ではありませんから、可愛いワンポイントを持った犬として家庭で飼うには問題はありません。

ただし正式なカラーとして認められないことから、繫殖は極力させるべきであるといわれています。

素材dog-879600_640

まとめ

トイ・プードルのカラーについて調べてみましたがいかがでしたか?

最近はカラーリングを楽しむ飼い主の方も増えてきましたね。耳の先や尻尾の先をピンクに染めてみたり、背中にハートの柄を入れてみたり、お洒落で可愛いカラーリングを施したトイ・プードルを見かけることがあります。

犬のカラーリングには賛否が分かれるところのようですが、最近のカラーリング剤は肌や皮膚に優しいものになっているようなので、犬が嫌がらない範囲で楽しむのもよいかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ