2017年5月18日更新

元気いっぱいのトイ・プードルと一緒にドッグランへ行くには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

動くぬいぐるみのような可愛らしい姿のトイ・プードル。見た目とは裏腹に元気で活発な犬が多いことでも知られています。トイ・プードルにはしっかりとした運動は不可欠!犬が自由に走り回れる場所としてありがたい施設なのがドッグランですね。今回はトイ・プードルとドッグランに行くための準備や注意点などを調べてみました。

 

ドッグランとは?

ドッグランとはどのようなところなのでしょうか?

日本ではドッグランと呼ばれていますが、犬の飼育の先進国である欧米ではドッグパークと呼ばれているようです。基本的には犬を飼い主の管理の元でリードから離して自由に遊ばせることができる、犬と飼い主専用の広場のことです。

ノーリードで自由に走り回ることができるようになっているので、犬が逃走してしまうことがないようにネットや策などで囲まれ他の施設と分けられていることが多いようですね。出入りの時に犬が逃げ出さないように、出入り口が二重ゲートになっている場合もあります。

施設の中には犬が水を飲めるような水場や、木立、ベンチなどが配置されていていることが多く、飼い主と犬が心地よく過ごせるように工夫されているようですね。最近ではどんな天候でも利用できる屋内のドッグランもあるようです。

imasia_4532177_S

トラブル回避のための準備は必要

ドッグランは飼い犬と飼い主のための公共施設です。さまざまな犬種さまざまな性格の犬たちが集まり、考えも飼い方も異なる飼い主の方々が利用する場所ですから、お互いに気持ち良く利用するためには、ドッグランを利用する前にトラブルを回避できるだけのしつけができていなければなりません。

ドッグランを使用する前にできるようになっておくべきことは次のようにいわれています。

呼び戻し

ドッグランではノーリードで自由に犬たちが走り回ります。かけっこやじゃれ合いも自由におこなわれますが、興奮しすぎて本気の喧嘩に発展してしまう危険性があることは忘れてはいけません。

ドッグランでは自分の愛犬が加害者になる場合も、被害者になることもあることを理解した上で、どんな状況でも飼い主の「おいで」に反応できるように、呼び戻しのしつけは100%の状態にしておく必要があるといわれています。

クールダウン

呼び戻しとあわせてしっかりと覚えさせておきたいのがクールダウンです。トイ・プードルは元気がよく活発な犬が多い反面、興奮しすぎて吠えてしまったり、相手を追いかけ回してしまう犬も多いようです。

そんな時に飼い主の「おいで」で呼び戻しをしたあとで、「お座り」や「ふせ」をさせた状態で「まて」の号令をかけ、愛犬が他の犬の動きではなく飼い主にしっかりと注目して、コントロールを取り戻すまで待たせられるようにしておくとよいでしょう。

犬の社会化

犬に家族以外の人や他の犬との間に必要なルールを身につけさせることを、犬の社会化といいます。

犬同士のルールは本来親犬や兄弟たちと過ごすことで自然に教わるものです。しかしペットショップなどで販売されている子犬の中には、かなり小さい時期に親元から離され隔離された環境の中で育ってしまうことがあり、人とのかかわりだけでなく犬同士の関わりも身に付けていない状態の犬が多いようです。

犬の社会化には家族以外の人や他の犬と触れ合う機会を、多く持つことが大切だといわれています。

「じゃ、すぐにドッグランに連れて行けばいいじゃない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。ドッグランはノーリードの状態で他の犬たちと接することになります。愛犬にはリードを付けていたとしても、他の犬たちはリードにつながれている訳ではありませんから、大勢の犬たちにいきなり囲まれてしまうこともあります。

犬同士のコミュニケーションに慣れていない状態で他の犬たち囲まれてしまうと、多くの犬はパニックを起こすか怯えて飼い主の足元に助けを求めに来るような状態になってしまいますね。1度他の犬に苦手意識を持ってしまうと、なかなか次につなげていくことは難しいものです。

ドッグランに行く前に最低限散歩などお互いにリードを付けた状態で、落ち着いて犬同士の挨拶が交わせるようになっておく必要があります。

素材_shutterstock_275558684

 

ドッグランを利用する時に必要なルールは?

ドッグランは公共の施設です。利用をする時には他の飼い主や犬たちに迷惑が掛からないように守るべきルールがいくつかあります。

感染症などのワクチン接種は必ずしていること

多くの犬が集まるドッグランで、1匹でも感染症を発症している犬がいたら大変なことになってしまいますね。ドッグランを利用する時は病気を他の犬にうつさないためにも、また他の犬からうつされないためにも、必ずワクチンの接種を済ませてから利用することが原則です。

ドッグランの中には注射済みであることを証明できないと入場できない施設もあります。ドッグランにいく時には狂犬病の注射済証と鑑札、ワクチン接種済証を持って行くとよいですね。

発情している時は利用しない

発情中のメスは公共の場所の利用は控えましょう。雄犬同士の喧嘩の元になりますし、愛犬も妊娠やケガのリスクが高くなってしまいます。

利用前に排泄を済ませ粗相はすぐに片づける

ドッグランの多くは施設を管理している方が芝生やウッドチップなどを敷いて、犬たちが安全にケガなく楽しめるように心を配ってくださっています。利用する側の私たちもできる限り衛生的な状態が保てるように心を配る必要がありますね。

ドッグランを利用する前にはおしっこやウンチを済ませてから入場しましょう。もしもドッグラン内で粗相をしてしまった場合は速やかに片付けましょう。

ドッグランの中には粗相をした時の片づけ方に決まりがある場合があります。決まりがある場合はルールに従って片づけるようにしましょう。

トラブルを未然に防ぐために愛犬から目を離さない

ドッグランで犬を遊ばせる時の大前提は飼い主が愛犬のすべてに責任を負うということです。犬同士または飼い主同士のトラブルを未然に防ぐために、ドッグランを利用している間は愛犬から目を離さずに、いつでも側に行ける状態にしておきましょう。

利用規約を事前に調べてしっかりと守りましょう

ドッグランにはそれぞれに利用の規約が決められています。料金や利用時間だけでなく、注射済証の提示やしつけの度合いの確認などが必要になる場合もあります。

ドッグランを利用する前にその施設の利用規約をしっかりと調べておきましょう。多くの犬や飼い主が集まる場所だからこそ、お互いにトラブルにならないために施設の方が決めたルールですから、利用する時はそのルールに従って正しく利用しましょう。

imasia_1176710_S

トイ・プードルとドッグランを利用する時に気を付けたいこと

トイ・プードルとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ドッグランは犬同士の交流だけでなく、飼い主同士の情報交換の場としても有効的な施設です。しつけの悩みや評判のよい動物病院の情報など、なかなか聞く事ができない情報を交換することができるのは飼い主にとってもありがたいことですね。

でもドッグランはあくまでも犬たちが自由に遊ぶための場所です。飼い主同士が話しに夢中になって愛犬がそっちのけになってしまうようでは困ります。飼い主同士で話をする時でも目は愛犬を追うように気を付けたいですね。

また大型犬と小型犬が一緒に遊ぶようになっているドッグランの場合は、大型犬には悪気はなくても大型犬同士の遊びに小型犬が巻き込まれてケガをしてしまう場合もあります。どんな犬が利用しているのかドッグランの中をよく確認してから、利用するかどうかを判断することも大切です。

 
 

関連カテゴリ