2017年5月18日更新

着せる派?着せない派?トイ・プードルの洋服について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

モコモコの被毛をおしゃれに可愛くカットしているトイ・プードル。それだけでとても可愛いのですが、カットに似合う洋服をおしゃれに着こなしているのも素敵ですね。でも犬に洋服って必要なのでしょうか?「犬にとっては迷惑なだけ!」という意見も聞きますね。今回はそんなトイ・プードルの洋服について調べてみました。

 

トイ・プードルには洋服は必要?

犬の洋服については着せる派と着せない派、両方の意見があるようですね。お洒落のためだけに着せるなら確かに犬にとっては違和感があるだけで迷惑なことかもしれません。でも犬に洋服を着せるのはお洒落のためだけなのでしょうか?

どうもそれだけではないようです。トイ・プードルに洋服を着せるのには次のような理由があるようです。

犬_素材

体温調整のため

シングルコートの毛質をしているトイ・プードルは、ダブルコートの犬種のように被毛の中に体温を閉じ込めておくことができないため、寒さに弱い犬が多いようですね。でも体温調整が必要なのは冬だけではないようです。体高の低い小型犬であるトイ・プードルの場合は、夏も地面からの照り返しの影響を受けやすく熱中症に注意が必要なようです。

確かにもともと洋服を着ることがない犬の場合は、洋服を着ていなくても自分で体温の調整ができるはずだという考えもあると思います。しかし原産国であるフランスと日本の気候の違いもありますし、さまざまな影響で気象条件が目まぐるしく変わっている現代では、必要に応じて洋服で補ってあげる必要もあるのではないでしょうか。

アレルゲンの付着を予防

現代病の代表的なものの1つがアレルギーですね。最近では人だけでなく犬のアレルギーも深刻な問題になっています。トイ・プードルは肌の弱い犬が多くアレルギー性の皮膚炎に注意が必要な犬種だといわれています。

アレルギーはアレルギーを起こす元となるアレルゲンが、肌に付着したり吸い込んだりすることで発症します。散歩中に服を着せることで、花粉やノミ・ダニなどのアレルゲンが体に付着することを防ぐことができます。

特にトイ・プードルはカールのかかったモコモコとした被毛をしており、散歩中にアレルゲン以外にもいろいろな物を毛に絡めてしまいがちです。被毛にゴミなどが絡まってしまうと毛玉になりやすく衛生的にも問題がありますね。トイ・プードルの場合は被毛と肌を清潔に保つために、洋服を着せるという必要性もあるようです。

臭いや抜け毛の付着を防止

トイ・プードルは抜け毛の少ないシングルコートの毛質をしていますが、全く抜けないというわけではありません。自宅ではあまり気にならない被毛の抜け落ちも、外出先では気になるものですね。体臭も同様です。

よそのお宅にお邪魔する時などに洋服を着せておくと、臭いや抜け毛の付着を防ぐことができます。ドッグカフェや愛犬と泊まれるペンションなど公共の場所では、洋服の着用を義務付けている場所もあります。人が集まる場所やよそのお宅にいく時などは、洋服を着せることはマナーの1つかもしれません。

着ることにならしてあげることが大切!

トイ・プードルはお洒落だけでなく洋服を着ることにメリットがあるようですね。「では早速!」と考えてしまいがちですが、犬に洋服を着せる時はまず慣らしてあげることが大切です。もともと洋服を着ることがない犬にとってどんなに必要性があったとしても、洋服を着ることに抵抗感と違和感はあるものです。

無理に着せてしまうと洋服に対して苦手意識ができてしまい、洋服を見せるだけで逃げてしまうようになってしまいます。それでは洋服を着るというだけでストレスをためてしまうことになります。

洋服を着せる場合は無理をさせずに、少しずつ慣らしてあげることが必要なようです。まずは違和感を減らすために軽くて着心地のよい洋服を選んで着せてあげましょう。初めは少し着せてすぐに脱がせるようにします。大人しく着ていることができたらたくさん褒めてあげるとよいですね。

これを毎日繰り繰り返すことで、少しずつ着ていられる時間を伸ばしていってあげましょう。

素材_shutterstock_138331601

 

どんな洋服がよいの?

最近は犬の洋服も用途や素材などさまざまなものが販売されていて、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますね。

犬の洋服選びで1番大切なことは犬の体に合ったサイズの洋服を選んであげることです。サイズの合わない洋服を着ていても保温の役目などは果たせませんね。特にトイ・プードルはフワフワとした被毛をしているために、実際の体型よりも大きく見られがちです。しっかりと体のサイズを測ってから洋服を選んであげるとよいですね。

可愛い洋服がたくさん並んでいるとついついデザインに目が行ってしまいがちですが、あまり過度に装飾されている洋服は動きの妨げになってしまうことがあります。フリルやリボンなどが付いている洋服を着せる場合は1度試着して動きの妨げにならないか確認してあげましょう。

また着ている時に犬が噛んでとってしまうような位置にリボンやボタンが付いているものは、誤飲の危険性が高いので避けましょう。

洋服を着せる時の注意点

洋服を着せる時のメリットを色々と書いてきましたが、もちろん洋服を着ることによるデメリットもあります。

洋服を着ると洋服の中に抜け落ちた毛やフケなどが溜まり、溜まった毛やフケが被毛に付着して毛玉ができやすくなります。また洋服を着ると体温は逃げにくくなりますが、同時に汗などがこもり蒸れやすい状態になります。

肌の弱い犬が多いトイ・プードルの場合は、肌の蒸れや毛玉は皮膚炎の原因になりやすいので気を付けてあげたいところですね。洋服を着せる時は着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に温度管理が行き届いた、洋服を脱いだ状態でも心地よい場所を用意しておいてあげるとよいですね。

犬_素材

まとめ

トイ・プードルに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

トイ・プードルに洋服を着せることはお洒落の意味だけでなく、犬が快適に過ごすための補助的な役割もあるようですね。最近ではレインコートや外套、クールベストなど、用途にあわせた機能的な洋服も販売されているようです。

少しのお洒落を楽しみつつも、犬にとって何が必要なのかをよく考えて、着心地のよい機能的な洋服を選んであげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ