2016年12月17日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬の咳やくしゃみ、何かの病気のサイン?

愛犬が咳やくしゃみをしているとき、風邪かな?と思いますよね。ですが、咳やくしゃみなどの症状が出る病気は風邪だけではなく、実は様々な怖い病気の可能性もあるのです。どんな咳をしたら、どんな病気の可能性があるのでしょうか?どんなくしゃみをしたら、どんな鼻水が出てきたら、どんな病気の可能性があるのでしょうか?

咳やくしゃみもさまざま

”咳”や”くしゃみ”といっても、さまざまな種類の咳やくしゃみがありますよね。咳は痰が絡んだような咳なのか、くしゃみは黄色いネバネバした鼻水が出てくるのか、透明でサラサラした鼻水が出てくるのか。それぞれの症状をよく観察すると、病気の原因が少し、見えてくるかもしれません。

しかし、これはあくまでも正常か異常かを見分けるだけで、あてはまるからと言って病気を特定できるわけではありません。異常を感じたら、すぐにかかりつけの動物病院へ行き、異常と感じるものの原因を特定しましょう。

咳で考えられる病気は?

咳が出ることで考えられる病気を挙げてみましょう。

痰の絡まない、乾いた咳

乾いた咳がコンコンと出る場合は、風邪の可能性が考えられます。また、心臓機能に問題がある場合、胸腔に水が溜まっている場合、気管虚脱などの可能性も考えられるでしょう。風邪をひいて、喉がはれたり扁桃腺が腫れたりするのは犬も同じです。喉の違和感やホコリなどの刺激で乾いた咳が出ることがあります。コンコン、だけでなく、喉が擦れるようなケーンケーンと表現される咳をすることもあります。

心臓が悪い場合も咳が出ることがあり、最近散歩に行きたがらなくなった、家の中でもあまり動かない、走ってもすぐ疲れる、動くとすぐに舌が青くなり酸欠になる、などの症状が併せて起こります。フィラリアに感染して、心臓に住みついたときも同じような症状が現れます。

また、胸腔に水がたまった場合も咳をします。この場合は、家の中であまり動かない、上を向いた状態で呼吸をする、可視粘膜が白い・青い、など呼吸の苦しさも併せて起こります。肺ではなく、胸膜と臓器の間に水が溜まるので、痰が絡んだような水分の多い咳をすることはありません。

痰が絡んだような、湿った咳

痰が絡む湿った咳をする場合は、炎症の進んだ風邪や気管支炎の可能性が考えられます。ケンネルコフと呼ばれる、犬の風邪は初期は乾いた咳をしますが、炎症が進むと痰が絡む湿った咳に代わります。いずれの病気の場合も炎症を伴うことが多く、白血球の死骸が集まった痰を伴います。人間のように外へ痰を排出することは稀で、口の中へ上がってきてもすぐに飲み込んでしまいます。呼吸をするときに、ゼロゼロと喉に異物感のある音がすることもあります。

息苦しさも併せて目立つ場合は、肺炎や肺水腫の可能性もあります。肺水腫の場合、治療をしなければ死に至る病気ですので、すぐに動物病院へ連れていきましょう。喀血(血を吐くこと)や、鼻から水っぽい鼻血が出る場合はかなり重度です。また、肺水腫になるには誤嚥があったり、心臓が悪かったり、なんらかの異常が他にもあるはずなので、原因を探りましょう。

くしゃみは、排出物を観察する

くしゃみをする動作自体はどれも変わりませんが、排出される鼻水などで病気の状態がわかることがあります。

水っぽい鼻水が多く出てくるときは、鼻涙管と呼ばれる眼頭にある管が詰まっている可能性があります。また、風邪のひき始めにそのような鼻水が出てくることもあります。黄色や色の混じったネバネバした鼻水が出てくる場合はどこかで炎症が起きていると考えてよいでしょう。多くは鼻の粘膜で炎症が起こりますが、稀に鼻腔内に腫瘍ができると自壊して治ってを繰り返して、そのような鼻水が出てくることもあります。

また、鼻腔内に異物が入り込んだときもくしゃみを連発したり、色はついていなくても鼻水が多く出ることがあります。稀に鼻の中に小さな虫が入ってとどまってしまったり、おやつの破片や豆類などが鼻腔内に入り込んでしまうこともあります。どんな症状が出ていても、くしゃみがいつもよりも出ていたら、かかりつけの動物病院へ受診しましょう。

これ以外にも原因があることも

おおまかに代表的なものを挙げましたが、もちろんこれ以外にも考えられる病気、原因があることもあります。咳やくしゃみだけで症状が出てくることは少なく、他にも食欲低下や体重減少、息苦しさなどが併せて起こっていることがほとんどですので、小さな病気のサインも見逃さないよう、愛犬をよくよく観察してあげてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

ローシェンの歴史、性格、寿命、特徴

ローシェンの歴史 その犬の外見から、ドイツ語で「小さなライオン」という名前をつけられたローシェンですが、原産国は定かではありません。 中世ヨーロッパの絵画などにこの犬が描かれている事……

犬の習性

【大きさ・飼い方・寿命】オーストラリアン・キャトル・ドッグ

オーストラリアン・キャトル・ドッグ この犬はオーストラリアの開拓史とともに語られる程、オーストラリアの発展に重要な役割を果たした犬です。かつてオーストラリアの広大な土地で開始された放牧は牛……

犬の習性

ノーフォーク・テリアの歴史から性格・特徴・サイズ・大きさ

ノーフォーク・テリアの歴史 古くイギリスでは狐狩りやネズミの駆除、アナグマ猟などが盛んで小型のテリア種は狩猟犬として重宝されてきました。この犬は更に小さな巣穴に潜り、果敢に獲物を捕まえるタ……

犬の習性

イタリアン・グレーハウンドの特徴・寿命・お手入れ

古くは江戸時代から日本にも輸入されていた犬種と言う説がありますが、近年日本でも頭数が増え、この犬種に出くわす機会が増えてきたと感じている方も多いでしょう。ドッグランや街中などで「何犬ですか?……

犬の習性

犬と暮らすなら気をつけて!自宅の中の危険な場所とは?

近年では犬の室内飼いが増えており、大型犬でも家の中で一緒に暮している人もいるのではないでしょうか。 家の中では雨風にさらされることもないので、犬も快適に過ごすことができますし、何より飼……

犬の雑学

キング・チャールズ・スパニエルの大きさや寿命などの基本情報まとめ

キング・チャールズ・スパニエルの歴史 イギリス王室で可愛がられた犬「国王の犬」として命名された世界的に人気のある犬種のひとつです。あまりにも長い名前である事と、別にキングチャールズスパニエ……

犬の習性

パグの性格や飼うときの注意点をまとめました!

パグの性格 性格は穏やかで攻撃的になる事は滅多にありません。反面、自立心旺盛で断固とした態度を見せることがあります。 パグのかかりやすい病気 気になる遺伝性疾患ですが、膝蓋骨脱臼、……

犬の習性

アイリッシュ・ウルフハウンドの特徴・性格・しつけ・遊び方をご紹介!

アイリッシュ・ウルフハウンドの特徴や性格 アイルランド原産のこの犬は狼狩りを得意とする犬種として作出されました。世界最大犬種として有名なグレートデンと肩を並べる超大型犬で体高は世界一とい……

犬の習性

クバーズの寿命・飼うときの注意点のまとめ

古代にハンガリーからチベットへ入った犬と考えられており、当時は貴族や王族の警護犬として活躍していました。クバーズという名前は、トルコ語で「武装して貴族を警護する」という意味があり、当時のこの……

犬の習性

サセックス・スパニエルの特徴・寿命など

サセックス・スパニエルの特徴 イギリスのサセックス州に住むブリーダーの手によって改良された犬種で、主に鳥猟や小動物の追い込み猟の目的で作られました。人間が見つけにくい藪の中に隠れ潜む小動……

犬の習性

スピノーネ・イタリアーノの歴史、性格、寿命、特徴

スピノーネ・イタリアーノの歴史 イタリアン・スピノーネ、イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター、イタリアン・グリフォンなど様々な犬種名を持っています。 13世紀には存在していたとい……

犬の習性

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴・性格・寿命・お手入れ情報まとめ

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴 ディズニーのアニメーション映画『わんわん物語』でレディーの犬種がイングリッシュ・コッカー・スパニエルだと言われていますが、アメリカン・コッカー・……

犬の習性

チャウチャウの歴史、性格、寿命、特徴

チャウチャウの歴史 中国を代表する犬として知られている犬種です。その祖先や名前の由来などは諸説あり、いまだ意見が統一されていない様です。 残酷ではありますが、現在でも中国の一部では食……

犬のカーミングシグナル

トイ・プードルの性格や飼う時の注意点をまとめました!

トイ・プードルのかかりやすい病気 【関連記事】トイ・プードルの病気〜獣医師が解説するトイ・プードルのかかりやすい病気〜 犬種特有の病気では皮膚の病気、目の病気、関節の病気、てんか……

犬の習性

「シベリアンハスキー」の性格や飼い方をご紹介!

シベリアンハスキーの特徴 オオカミの様な顔立ちや「犬ぞり」でも有名な犬種です。日本では、80年代~90年代に爆発的なブームになった中型犬です。このブームは映画「南極物語」やマンガ「動物のお……

犬の健康と病気