犬が咳を起こす病気とその症状とは?【獣医師が解説】

犬には咳が出る病気が多くあります。子犬から高齢犬まで咳の原因はさまざまですが、肺炎や僧帽弁閉鎖不全症など危険な病気による咳も多いです。

「犬って咳をするの?」という飼い主さんも少ないようですので、犬の咳はどんなものかを解説させていただき、咳を起こす代表的な犬の病気についてお話しいたします。

 

犬の咳とは

犬の咳はかなりバリエーションが大きいです。

大きく息を吸って「ゲホゲホ」することもあれば「ガーガー」というガチョウのような咳、「ケッケッ」という短い咳など様々あります。

咳は空気を吐き出す動作です、普通に息を吐くのと比べて強く出る息は、息ではなく咳である可能性が高くなります。

特に病的ではない咳とは?

犬は病気でなくても、以下のようなシチュエーションで咳を出すことがあります。

  • 散歩で首輪を引っ張った
  • 冬場に暖かい室内から急に寒い外に出た
  • 水を勢いよく飲みすぎた

こういった場合に出る咳は、病気的ではなく生理的な咳と呼ばれます。

生理的な咳は基本的に一過性で収まり、長く続くことはありません。

また、元気や食欲なども落ちることなく、呼吸も落ち着いていることがほとんどです。

生理的な咳が疑われる場合には、様子を見いても問題はないでしょう。

動物病院へ行くべき咳とは?

以上のような生理的な咳ではない咳が疑われる場合には、動物病院を受診するようにしましょう。

軽いのどの炎症などである可能性もありますが、咳を放置しておくと、呼吸状態がだんだん悪化して亡くなってしまう可能性もあります。

誤嚥性肺炎や僧帽弁閉鎖不全症などでは、数時間で一気に状態が悪くなりますので、病的な咳が疑われる場合には様子を見ておくことはおすすめできません。

早めに動物病院を受診してください。

 

咳が出ることの多い病気の特徴と治療法

咳が出る代表的な病気をご紹介いたします。

気管虚脱

気管虚脱は、本来チューブ状になっている気管の一部がつぶれてしまう病気です。

そのため、息を吸ったり吐いたりしたときにせき込んでしまうことが多いです。

チワワやパグなどの短頭種や、ポメラニアンやヨークシャーテリアなどの犬種に多く見られる病気になります。

早期発見方法

気管虚脱の初期症状は運動した後や乾燥している場合のみにみられる咳です。

そういった咳をしている場合には動物病院を受診しておきましょう。

気管虚脱はレントゲン検査で比較的簡単に診断できますので、疑われる場合にはレントゲン検査を受けてもらうといいでしょう。

気管虚脱の咳の特徴

気管虚脱は、空気が激しく出入りするときに多く起こります。

そのため、運動時や興奮時に咳が強く出る傾向にあります。

また、乾燥していると咳が出やすく、一度出るとなかなか止まらないこともあります。

気管虚脱の咳は、「ガーガー」と非常に大きな音で苦しそうにすることが多いです。

咳以外の症状

気管虚脱の犬では、常に呼吸の音が大きかったりいびきをかく子もいます。

普段から呼吸が悪いと感じる場合には、気管虚脱の可能性を考えておいた方がいいでしょう。

治療方法

気管虚脱は気管がつぶれてしまう病気であるため、根本的な治療は手術しかありません。

しかし、多くの犬では手術までしなくても、ダイエットをしたり、首輪から胴輪に変えることで症状を抑えることが可能になるため、気管虚脱を悪化させないための対策はとても大切です。

また咳がひどいときには、咳止めの内服を使うこともあります。

肺炎・気管支炎

肺や気管に炎症が起こる病気です。原因は細菌や真菌、フードの誤飲などが原因になります。

子犬の時によく見られるケンネルコフ(いわゆる犬の風邪)はウイルスによる気管支炎です。

早期発見方法

肺炎の初期には軽度の咳が出たり、呼吸が速いという程度で、元気や食欲などの全身状態には問題ないことが多いですが、徐々に進行して発熱や呼吸困難の症状などが出てきてしまうこともあります。

軽い咳や呼吸の速さに気付くことが大切ですね。

また、誤嚥性肺炎は嘔吐したものを吸い込んでしまって起こることが多いため、嘔吐後に呼吸が荒い場合には早めに動物病院を受診してください。

肺炎・気管支炎の咳の特徴

気管支炎の咳は比較的乾いた咳が、肺炎の場合には湿性の咳が出ることが多いです。

咳とともに呼吸が速くなり、全身状態も悪化することが多いです。

他の病気の咳に比べると元気がなくなり発熱するなど、全身状態への影響が出やすいのが肺炎や気管支炎の特徴です。

咳以外の症状

肺炎や気管支炎では咳以外に呼吸数の増加、開口呼吸など呼吸困難の症状や、発熱、元気消失、食欲消失など全身的な症状が出てくることがあります。

治療方法

肺炎や気管支炎の犬に対しては、抗生剤や消炎剤などの薬による治療を行います。

かなり重度の肺炎の場合には、酸素室に入院して点滴や注射による集中治療が必要になることもあります。

フィラリア症

フィラリア症は、蚊に刺されて感染する寄生虫「フィラリア」の感染症です。

早期発見方法

フィラリアは予防しないと高確率でかかってしまう寄生虫です。

フィラリア予防をしていない3~4歳以降の犬に咳が出てきた場合には、フィラリア症を疑った方がいいでしょう。

咳以外にも、運動するとすぐ疲れてしまう「運動不耐性」が早期に出て来ることが多いので、そちらに注目しておくと早期発見につながります。

フィラリア症の咳の特徴

フィラリア症では、乾いた咳が出やすく、夜にひどくなる傾向にあります。

また運動後に咳がひどくなる犬も多いです。

咳以外の症状

フィラリア症では、咳以外に運動不耐性や腹水によるお腹の張り(腹囲膨満)が出てくることがあります。

また、ときに急性フィラリア症と呼ばれる血尿が出てぐったりしてしまう緊急の症状が出ることもあります。

治療方法

フィラリア症の治療は、フィラリアが寿命を迎えて死ぬのを待つか、外科的に摘出するかのどちらかです。

摘出に関してはリスクも大きく、術中に亡くなってしまうこともあります。

また、最近ではフィラリアの成虫の寿命を短くするような内服治療も行われています。

100%予防できる病気ですので、フィラリア症は治療ではなく予防で感染を防ぐことが大切です。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は、左心房と左心室を隔てる僧帽弁が変性を起こし、心臓の機能が落ちてしまう病気です。

早期発見方法

僧帽弁閉鎖不全症では、心不全による症状として、運動不耐性が咳より先に出てくることが多いです。

中年以降の小型犬で咳や運動不耐性が見られた場合には、僧帽弁閉鎖不全症である可能性が非常に高くなります。

また、僧帽弁閉鎖不全症は症状が出る前に聴診で発見されることが多いです。

定期的に動物病院を受診し、健康チェックを受けておくことも早期発見には大切です。

僧帽弁閉鎖不全症の咳の特徴

僧帽弁閉鎖不全症の初期には、運動時や夜中に乾いた咳が出ることが多いです。

初期には咳は長く続かず短時間で治まることが一般的です。

僧帽弁閉鎖不全症が進行すると、肺に水が溜まる肺水腫という状態になってしまうことがあります。

その場合には、水っぽい湿性の咳がしつこく出ることがあります。

咳以外の症状

僧帽弁閉鎖不全症は、初期には咳と運動不耐性以外の症状がみられることは多くはありません。

進行した場合には、口を開けて呼吸する開口呼吸や舌の色が紫になるチアノーゼ、さらには突然失神して倒れてしまうなどの症状が出ることがあります。

治療方法

僧帽弁閉鎖不全症は内服薬によって治療していきます。基本的に治る病気ではありませんが、薬を使うことで症状を抑えて長く元気に生活できる犬が多いです。

 

まとめ

咳は子犬から高齢の犬まで幅広い年齢で起こる症状です。

また咳は、喉や気管、肺などの呼吸器だけではなく心臓の病気の症状としてもよく見られます。

一過性で治まる咳は、喉の刺激などによる生理的なものであることも多いですが、何度も出る咳やなかなか収まらない咳は何らかの病気で起こっている可能性が高く、放置しておくと危険です。

気になる咳がある場合には、早めに動物病院を受診して、病気の早期発見・早期治療につなげられるようにしましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。