2016年12月11日更新

【動物看護師が徹底解説!】猫がアレルギーを発症。どう対策すればいい?

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

あなたの愛猫は、一年中同じような症状を発症しては落ち着き、を繰り返していませんか?それは、もしかしたら何かのアレルギーかもしれません。愛猫がもしも、アレルギーだと診断されたら、どんなことをして症状を緩和してあげればよいのでしょうか?

 

まずは原因の特定を

愛猫がアレルギーと診断されたら、まずはアレルギー検査を行いましょう。最近では、専門の病院でなくてもアレルギー検査を受けられるようになってきています。値段は高くかかることが多いですが、原因を特定できないと症状を抑えることはできません。

ある程度絞り込んだ項目を調べることもありますが、どの可能性も捨てきれない場合はかなり広範囲の項目で調べることもあります。結果次第で、原因を特定することができますが、ほとんどの場合が何項目もアレルギー反応を起こす可能性があると診断され、そこからまた、原因を一つずつ生活環境から抜いていき、やっと特定するという形になります。

原因がわかったら?

原因が特定できたら、その原因を取り除くことが一番の対策です。しかし、生活環境から取り除きたくても取り除けないものもあるでしょう。例えば、花粉や黄砂、ハウスダストなどはゼロにすることは不可能です。その場合は、ひどく症状が出たときのみ薬を服用して、症状が軽いときは薬なしで過ごすことになるでしょう。

ゼロにすることが不可能でも、少なくすることは可能です。手間がかかりますが、外出から帰ったら粘着テープで全身きれいにしたり、外でよく洋服や髪の毛をはたきましょう。また、空気清浄機を置くことも、症状の緩和につながります。掃除機は排気で原因物質を舞い上げる危険があるので、床は濡れ雑巾で拭き掃除をするなど、舞い上げないように気をつけるとよいでしょう。

また、生活から取り除ける原因であれば、取り除きましょう。特に食物アレルギーがそうですが、原因となる食品が特定できたら、その食品が含まれていない食事にすれば、アレルギー反応を起こすことはなくなります。

 

アレルギーを治す薬はない

アレルギーの薬です。といわれると、アレルギーな治る薬のように聞こえますが、そうではありません。一度アレルギーになってしまうと、一生治ること、アレルギー反応がなくなることはありません。アレルギーの薬として処方されているものは、アレルギー症状に対するものです。皮膚が痒ければ、かゆみ止めが出ますし、下痢があれば下痢止めが出ます。

原因を完璧に除去することができれば、薬を服用する必要はありませんが、多くの原因はゼロにすることが難しく、症状を完全に出なくすることはできません。ステロイド剤や出ている症状に対する薬とうまく付き合いながら、生涯過ごすことになるのは覚悟しておきましょう。

 
 

関連カテゴリ