2017年1月5日更新

猫の脱走経験のある飼い主は42%☆皆のネコ脱走対策を訊いてみた!

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

先日お風呂場の網戸をこじあけて脱走した我が家のネコ。生来のビビリな性格からほんの10分もしないうちに戻って来ましたが、本当に困ってしまいます。

「みんなの猫式生活 誠文堂新光社」の本によると、全国の猫の飼い主さんにアンケートを取った結果、猫に脱走された経験のある飼い主は42%。皆様苦労をされているようです。

夏は外に蝉や虫が多く飛ぶせいか、我が家のカイトもすきあらば!という感じで脱走しようとします。

窓を開けて網戸にしているのも原因の1つですが、猫の脱走、防止できる何か良いアイディアはないのでしょうか?

今回は、脱走経験のある飼い主さんから訊いた、リアルなネコ脱走対策をご紹介しましょう。

 

猫の脱走していた時間はどれくらい?

まずは飼い主さんに「猫の脱走していた時間はどれくらいですか?」というアンケートを取ったところ、「1時間以内」と答えた方が一番多くて38%でした。その次に多かった答えは「1日」で32%。ネコは案外脱走してもすぐに戻ってくる様ですね。

みんなのネコ脱走対策とは

それでは皆様の具体的な脱走対策です。

  • 猫を留守番させるとき、窓を網戸にしたままでは絶対に出掛けない
  • 網戸の前にワイヤーのネットを立てておく
  • 窓には全て突っ張り棒で猫が開けられないようにする
  • ベランダには外からスダレを貼付けて隙間をふさぐ
  • 窓とベランダに猫が嫌がる匂いのスプレーをする
  • 猫が網戸を開けようとしたら水鉄砲で水をかける
  • 窓枠のところにトゲトゲ(ホームセンターなどで売っている猫の侵入を防ぐシート)を貼って猫が近づけないようにする。

などが挙げられています。やはり猫が脱走する1番の場所は窓(網戸)の様ですね。

我が家の場合は猫のカイトが自分で網戸を開けられるのと、何度言っても息子と娘が部屋の窓を網戸にしたまま出掛けてしまうので、網戸が開けられない様に透明のガムテープで固定してしまいました。

ちょっと見た目はアレですが、猫の安全を考えると仕方ありません。そして2番目に猫が脱走しやすい場所はベランダです。

「3階のベランダから脱走して落下。ネコは無事でしたが車のボンネットにへこみが(泣)」

という笑えないエピソードもあるようです。よそのお宅の車だったら弁償問題ですよね。我が家の場合は猫がベランダに出た時はニンゲンも見張っているのが鉄則。すぐそばの木に飛び移れば脱走できないことはないので、そこだけ猫が近づけない様にツルツルするビニールのシートをかけています。

いかがですか。猫の脱走対策。飼い主の皆さんもアノ手コノ手で工夫をしているようですね。猫が脱走した場合に備えて、いつも迷子札をつけた首輪をしておく、脱走したら知らせてもらえる様にご近所と仲良くしておくことも猫の脱走対策には大事なポイントかもしれません。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 
 

関連カテゴリ