2017年5月18日更新

ミニチュアダックスフンドには首輪?それともハーネス?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ホットドックのようなユーモラスな体つきが人気のミニチュアダックスフンド。胴長短足の体つきは魅力であると同時に脊椎の病気に対するリスクもあるようです。できれば常に負担のかからない状態にしてあげたいところ。今回はそんなミニチュアダックスフンドには首輪が適しているハーネスがよいのかを調べてみました。

 

首輪とハーネスの特徴は?

脊椎や関節の病気にリスクが高いミニチュアダックスフンドにとって、首輪とハーネスのどちらが適しているのかは迷ってしまうところですね。その答えを出す前にまずは首輪とハーネスそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

首輪の特徴

首輪には散歩の時にリードをつなぐための役割意外に、犬の首に巻いておくことで飼い犬であることを見る人にアピールする役割もあるといわれています。そのため首輪は常に犬の首に巻いて置くことが望ましいという意見もあるようです。

「室内で飼っているのに違和感のある首輪をいつも巻いておく必要があるの?」という疑問もありますね。

室内にいる時にも巻いておく方がよいといわれている理由の1つは、玄関を開けた瞬間など不意の拍子に外に走り出してしまう可能性があるからです。もしも外に出てしまい迷子犬になってしまった時でも、首輪をしていると保健所に保護された場合に飼い犬として処分期間が延長されることが多いようです。また首輪に連絡先などを書いておいたり、迷子札を付けていれば保護された時に連絡をもらうことができますね。

もう1つの理由は犬がパニックを起こした時など、とっさに飼い主が犬を制止しなければならない時に、首輪を付けていると掴んで制止することができるということです。つまり首輪は散歩のためのグッズではなく、犬をさまざまな危険から守るために飼い主が付けるお守りのようなものだということですね。

散歩の時に使用する場合の特徴ですが、首に直接ショックを与えることができるので、飼い主とのコミュニケーションが取りやすくしつけがしやすいという特徴があります。

ダックスフンド_犬_素材cute-314859_640

ハーネスの特徴

ハーネスはそり犬が犬ぞりを引く時に使用する道具のことです。

そり犬たちは重い荷物や人を乗せたそりを、長時間引いて走る必要があります。そのためハーネスはできる限り体にかかる負担を減らし、重いものでも引っ張ることができるような構造になっています。首に負担がかからないので首や脊椎、気管に障害がある犬にも使用できるのが特徴です。

現在散歩用に改良されたハーネスの多くはナイロンや布のテープで前足を通すような形に作られたものですが、最近ではより体の負担が少ない胴を包むようにつけるベストタイプのものもあるようです。

首輪とハーネスのメリット・デメリット

では実際に散歩で利用する時に首輪とハーネスそれぞれにメリットとデメリットがあるのでしょうか?首輪とハーネスそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

犬_素材

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる
 

ミニチュアダックスフンドにはどちらを選ぶ?

ミニチュアダックスフンドには首輪とハーネスどちらが適しているのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを考えるとどちらがいいということではなく、愛犬の状況にあわせて使い分けるのがよいようです。

愛犬が散歩中に引っ張る癖があるような場合は、まずは首輪を使用してしっかりとリーダーウォークを理解させてあげることがよいようです。ミニチュアダックスフンドの場合は引っ張り癖や吠え癖のある犬が多いようですね。子犬の時は首輪を使用して飼い主の側を冷静に歩けるようにしつけてあげるとよいでしょう。

逆に首や脊椎、気管支に病気や障害がある犬の場合は、首輪の使用は避けてハーネスを利用する方がよいですね。

首輪にしろハーネスにしろ犬にとってはもともと付けることのないものなので、どうしても違和感があるのはしかたがないことです。どちらを利用するにしろまずは慣らしてあげることが必要です。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいようです。リボンが巻かれていても気にしなくなってきたら、今度は首輪やハーネスを巻いてみましょう。巻かれても落ち着いているようなら、室内で一緒に遊んであげるとよいですね。

室内で首輪やハーネスを巻いたまま遊べるようになったら、次は実際に外へ散歩に出かけましょう。その時も無理をさせないのが重要です。少しずつ距離を伸ばすようにゆっくりと慣らしてあげるとよいですね。

素材_shutterstock_275863976

ミニチュアダックスフンドにおすすめのハーフチョークとは?

首輪やハーネスにもさまざまな種類があるようです。なかでもミニチュア・ダックスにおすすめだといわれているのが、ハーフチョークと呼ばれる首輪です。首輪の半分が皮などでできていて残りの半分がチェーンになっている首輪のことです。

半分がチェーンになっていることで、引っ張らない時は首の周りに余裕ができ通常の首輪よりも首への負担が少ないといわれています。飼い主が散歩の途中などで引っ張った時にだけ、首に衝撃が加わりますので引っ張り癖のしつけにも適しているようです。

またすべてが皮や布でできている首輪よりも蒸れないため、常時巻いていても肌への負担も少なく、犬もストレスを感じにくいようですね。頭からかぶせるだけで着脱ができる所もメリットだといわれています。

デメリットは通常の首輪のようにサイズ調整のための穴などが開いていないので、皮や布でできている部分のサイズは調整できないという点です。そのため引っ張った時に首が抜けないようにしておくためには、愛犬の首の回りをはかってジャストサイズの物を選ぶ必要があるところです。

首の周りのサイズは後頭部から耳の後ろを通って、顎のつけ根と結ぶラインを測るとよいようです。

 
 

関連カテゴリ