2017年1月21日更新

【猫の誤食】ウンチから異物が…。病院へ行くべき?猫の誤食の疑問Q&A

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

気が付いたらここにあった○○がない…。もしかして愛猫が誤食したかも?猫の誤食を防ぐのは飼い主の心がけ次第です。

猫は好奇心旺盛な動物。飼い主が想像もしないようなモノを誤食してしまうことがあります。もしかしたら?こんな時どうしたらいい?と飼い主が心配してしまう事例をもとに、Q&Aでご紹介しましょう。

 

ウンチから異物を発見!排泄されたから、もう大丈夫かしら?

猫が誤食したモノによりますが、猫の様子に異変が見られず、元気で食欲があるようならひとまず安心。

しかし飼い主が猫が誤食したモノの量をどれくらい食べたか分らない場合はまだ腸に残っている可能性もあります。念のため病院で受診したほうが良いでしょう。

愛猫が自分のウンチを食べてしまいます…。

猫がウンチを食べるのはまれなケースだといいます。もしかしたらお腹に寄生虫がいるのかもしれません。栄養を寄生虫に吸収されてしまうため、栄養が足りずにウンチを食べてしまうのかも。

もしくは食べた物がうまく消化出来ずにそのままウンチとして出て来てしまったのかも知れません。病気の可能性もありますから、病院へ連れて行きましょう。

 

頻繁に新聞紙やティッシュをイタズラしてかじってしまいます。

猫は新聞紙やトイレットペーパーなどで遊ぶのが大好き。じゃれて遊んでいるうちに万が一少し飲み込んでしまうこともあるでしょう。

少量なら問題はありませんが、使ったティッシュに異物が入っていると危険です。頻繁に新聞紙やティッシュで遊び癖のある猫の場合は、飼い主が猫にイタズラされないように片付ける習慣をつけましょう。

外で時々獲物を捕まえて食べているようです。

猫の誤食とは少し異なりますが、寄生虫が体内にいるネズミ、カエル、ヘビなどを猫がくわえてきたら要注意です。

それらの寄生虫は人間にもうつる危険があります。特にヒキガエルは皮膚から毒を分泌する種類がいます。これに猫が触れた場合、頭を激しく振ったり、場合によっては呼吸困難に陥る可能性があります。

猫がヒキガエルに触れるとヨダレで口の周りがべとついて目の周りが赤くなるなどの症状が出ます。早急に病院へ連れて行って下さい。

いかがですか。猫の誤食。意外なものを猫が口にしてしまうことがあります。飼い主はボタンや画鋲といった小物が床に落ちていないか、とにかくマメに掃除をしましょう。

猫が特定の布に執着する場合は、その布に猫が嫌う柑橘系の匂いや、唐辛子のような強い香辛料の臭いを付けておくのも方法の1つ。猫は一度嫌な思いをすればイタズラを止める可能性があります。

飼い主の日頃の心がけで猫の誤食は防止できます。こうすれば食べられニャイ!という工夫をしてあげて下さいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 
 

関連カテゴリ