2017年1月24日更新

【ペット信託】自分に何かあったとき☆猫のために必要なお金は○○円!

おひとり様が増え続ける日本。将来は女性の5人に1人、男性では3人に1人が生涯独身だという統計が出ているそうです。

しかし!日本で飼われているペットの数は、2015年10月現在で犬が9,917,000頭、猫が9,874,000頭です。そして主な飼い主の年齢層は50~60代なのだとか。

もしあなたが明日入院することになったら?自分にもしものことがあったら残されたペットはどうなるのでしょうか?

将来年を取って自分が施設に入ることになった場合、愛猫の世話は誰が見てくれるか決めていますか?

今回は、じわじわと増え続けるであろうおひとり様の老後と残されたペットについて、何か対策はないのか調べてみました。

自分の代わりにペットを見守ってくれるサービス

自分に何かあったとき、大切なペットを終生見守ってもらいたい。愛するペットがトラブルを起こしてしまったらどうしよう…。そんな悩みを解決してくれるのが、「動物法務支援ネットワーク」という団体です。

こちらの代表は行政書士の田代さとみさん。ペットと飼い主をがっちりサポートするという「ペットとあなたの見守りプラン」を展開しています。

最近徐々に耳にするようになった「ペット信託」という言葉。なんだか敷居が高い、と感じる人は多いのではないでしょうか?

これは自分の死後、財産をペットに遺したい人のための信託です。もちろん、お金を受け取る相手はペットではなくあなたが託したい人間ですが、「動物法務支援ネットワーク」ではこのような活動を行っています。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

  • 見守り契約:身体の不調でペットの世話が負担になった場合に定期的に訪問してペットの世話を有資格者が行ってくれるという契約。
  • 任意後見契約:高齢で将来が不安になってきた、という場合は裁判所が監督人を選定して的確な見守りと財産管理をしてくれるという契約。
  • 準委任(飼育委託)契約:自分が施設に入ったらペットの面倒を代わりに見てもらうという契約です。
  • 遺言(負担付き遺贈):自分が死んでしまったら、ペットの面倒を最後までみて欲しいと言う場合にペットを終生飼養してくれることを条件に財産の一部を遺す遺言を作成します。

ペットへの財産の遺贈っていったい幾らぐらいなの?

財産を遺す、と簡単に言っても、一体幾ら遺したらいいの?と皆さんも疑問に思いますよね。

そもそもどれくらいの金額を「財産」と呼べるのかもなんだかワカラナイ。ワタクシ思い切って田代さんに訊いてみたところ、

「平均的に200万円くらいですね。」

というお答え。内訳は猫の生活費(フード代、おもちゃなど備品)と相手へ御礼代、そしてペットの老後の病院代ということになっています。

なるほど~。ペットの遺す為の財産は平均200万円。高いのか安いのかビミョーな感じですが、もちろんこれは1匹の場合です。

2匹、3匹と飼われているからは、400万、600万とどんどん高額になります。いつくるか分らない地震・災害。いつか…。と思っていると後悔するかも。

興味のある方は早めに相談するといいかも知れませんね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

オス猫は左利きが多い?アナタはどれだけ知ってる?猫のなるほど雑学

猫と暮らし猫を愛する飼い主の皆さん。あなたはどれだけ猫のことを知っていますか? 猫の飼い方については人に教えられる程知識が豊富でも、意外に猫の雑学は知らなかったりしませんか? ち……

猫の知識

飼い主に不幸があった時、愛猫のその後の生活のためにしておきたい準備。

捨て猫、野良猫を保護する団体に愛猫がいつかお世話になるかもしれない、などと考えたことはありますか? 終生飼育を全うする覚悟を持った飼い主さんばかりだとは思いますが、不測の事態が起こりう……

猫の幸せ

全部知ってる?意外に多い猫の体に関することわざ

長きにわたって人間の社会と密接な関係を持つ猫。猫が日本に入ってきたのは奈良時代ごろだと言われています。そんな1,000年以上の関係により、猫は様々な言葉に登場します。猫が使われることわざや慣……

猫の雑学

インテリアを猫だらけに!フェリシモ猫部のオススメ猫雑貨(*´∀`)

ネコ好きさんの心を掴んで離さない【フェリシモ猫部】!! ネコ好きさんだけではなく、カワイイ物好きさんから個性的なものが好きな方まで魅了する商品が目白押しです♪ そんなたくさん……

猫のニュース

【猫の歴史】一度ちゃんと学んでおこう。猫と人が暮らし始めた歴史ときっかけ

猫と人間とは一体どのように出会い、暮らす様になったのでしょうか。 野生時代、単独で獲物を捕るハンターだった猫が、一体なぜ人間とともに暮らすことを選んだのか?「野生」から「家庭」で暮らす……

猫の知識