2017年5月18日更新

豊富なカラーも魅力的!ミニチュア・ダックスフンドのカラーについて

胴長短足の体つきとちょっぴりやんちゃな顔立ちが魅力のミニチュア・ダックスフンド。もちろん愛嬌ある表情や仕草も魅力ですが、それぞれに個性のある3つのコートタイプと豊かなカラーバリエーションも魅力の1つですね。今回は魅力たっぷりのミニチュア・ダックスフンドの被毛のカラーについて調べてみました。

コートタイプによってカラーが違うの?

ミニチュア・ダックスフンドにはスタンダードとして認められている、個性的な3つのコートタイプがあります。それぞれのコートタイプによって性格が違っていたり、カラーの規定も異なっているようです。まずは3つのコートタイプをご紹介しましょう。

スムースヘアード

ダックスフンドのもともとの毛質である、短くやや固い毛が密集して生えているコートタイプです。性格的にも犬世界の楽天家といわれるダックスフンドの性格がもっとも色濃く表れるコートタイプで、陽気で遊び好き、好奇心が旺盛な犬が多いといわれています。表情豊かで動きが機敏なのも特徴のようです。

ロングヘアード

ほどよく長くややウェーブのかかった毛質をしています。耳の先や首の下に優雅な飾り毛があるのも特徴的ですね。ロングヘアードは掛け合わせの段階で、スパニエルやセッターの血筋が入っているため、スムースヘアードの犬種よりも温和で大人しい性格をしているといわれています。やや神経質で臆病なところもあるようですが、基本的には飼い主への依存度が高く甘えん坊な犬が多いといわれています。

ワイヤーヘアード

ゴワゴワとした粗い手触りの剛毛な毛質をしています。掛け合わせの段階でシュナウザーの血が入っているためシュナウザーのような眉毛と口髭があるのが特徴です。シュナウザーの他にテリアの血が入っているので、テリア気質を持った犬が多く勝気で勇猛な性格をしているといわれています。飼い主への依存度も低く独立心が高いのも特徴だといわれています。

素材dog-1257363_640

ミニチュア・ダックスフンドのスタンダードカラーは?

ミニチュア・ダックスフンドの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

人気の高いミニチュア・ダックスフンドの場合は、カラーブリーディングによる遺伝性の疾患を抑制するために、カラーについて多くの規定が定められているのが現状です。現在は良心的なブリーダーの方々の努力で状況は好転しつつあるようですが、毛色の薄いホワイトやクリーム、ブルーアイの遺伝子を持つ犬に、聴覚や視覚、心臓などの遺伝性障害がみられることが多いようです。

一般社団法人・ジャパンケネルクラブで現在スタンダードカラーとして認められておらず、優良犬の普及の観点からドッグショーへの出陳や繁殖に向いていないとされているカラーは次のとおりです。

スタンダードとして認められていないカラー

ブラック、ブラック&ホワイト、ブラック・タン&シルバー、ブラック・タン&ホワイト、ブルー、ブリンドル&シルバー、ブラウン、チョコレート、チョコレート&ホワイト、チョコレート・ダップル&ホワイト、クリーム&ブラック、ダブル・ダップル、ゴールド&ホワイト、ゴールド・ダップル&シルバー、イザベラ、イザベラ・ダップル&ホワイト、パイボールド、レッド&ホワイト、レッド・ブリンドル&ホワイト、レッド・ダップル&ホワイト、シルバー・ダップル&ホワイト、ホワイト、ホワイト&チョコレート・ダップル

またコートタイプによってもカラーの規定が細かくされていて、それぞれのコートで好ましいといわれているカラーが決められています。

スムースヘアード・ロングヘアード

スムースヘアードとロングヘアードには3つのカラータイプが認められています。

単色

単色ではレッド、レディッシュ・イエロー、イエローがスタンダードとして好ましいとされています。全体に黒毛(シェーデッド)が散在しているものもスタンダードとして認められています。

カラーはできるだけ鮮明なものがよいとわれていて、濃いレッドカラーに大変価値があるとされています。黒毛の散在は認められていますが白毛の散在は認められておらず、白毛については1カ所に小さな班があるもののみ認められています。目と鼻はレッドブラウンまでは認められていますが、できる限り黒に近い色が好ましいようです。

2色

2色として認められているのはブラック&タン、ブラック&イエロー、ブラウン&タン、ブラウン&イエローの4色です。

タンやイエローの入り方にも細かい規定があり、タンやイエローの班が全身に多く拡散しているものは望ましくないとされています。鼻と爪の色はブラック系のカラーの場合はブラック、ブラウン系のカラーの場合はブラウンと規定されています。白毛についての扱いは単色と同じで、1カ所に小さな班があるもののみ認められています。

その他

その他のカラーとしてはダップル、ブリンドル、タイガーブリンドルで、それぞれ目と鼻の色については前の2色と同じ規定がされています。

ダップルは基本の色はブラック、レッド、グレーなどのダークカラーであることが規定されていて、大きな班は望ましくなく濃淡のバランスがとれた、グレーまたはベージュの班が不規則に出ているカラーが望ましいとされています。

またブリンドルカラーに付いては縞の色はレッドかイエローの濃い縞であることが規定されています。

ワイヤーヘアード

ワイヤーヘアードの場合はスムースヘアードとロングヘアードで認められているカラーの他に、イノシシ色と呼ばれるワイルドボアと枯葉色のドライリーフ、デッドリーフが認められています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダップルやパイボールドとはどんなカラー?

犬のカラーの中には私たちが普段接してるカラー表記とは異なる表記のものがありますね。ここではミニチュア・ダックスフンドのダップルカラーとパイボールドカラーについてご紹介しましょう。

ダップルカラー

ダップルカラーとはチワワなどではマールカラーとも呼ばれているカラーのことで、ミニチュア・ダックスフンドではブラックやレッドなどのダークカラーに、不規則なベージュやグレーの斑模様が現れるカラーです。

とても優雅で美しいカラーなので人気が高いカラーなのですが、斑模様を作り出すマール遺伝子もしくはダップル遺伝子と呼ばれている遺伝子は優性遺伝で、両親のどちらかがダップルでなければダップルの子どもは生まれないのです。しかしダップル遺伝子は両親ともにダップルのいわゆるダブル・ダップルとして生まれてくる子供は重篤な障害を持っていたり、死産の確率が高くなることがわかっています。

掛け合わせに細心の注意を払う必要があるダップルなのですが、カラーの薄いクリームなどの場合はダップルが入っていても単色と見分けがつきにくく、間違った繁殖がおこなわれる危険があります。そのためミニチュア・ダックスフンドでは基本色となるカラーはブラック、レッド、グレーなどのダークカラーと規定されているようです。

パイボールド

ダップルと同じく聞きなれないカラーのパイボールドですが、もともとミニチュア・ダックスフンドにはなかったカラーで、最近新しく生み出されたカラーのようです。ダップルとの区別がつきにくいカラーだといわれていますが、白地に別のカラーの班模様が入るカラーになっています。

ダップルと大きく異なる点は白地に色が混ざらず、斑の輪郭がはっきりとしているところと、首から上の部分は白地が少なく有色であることが、パイボールドの特徴だといわれています。

パイボールドはダップルとは異なり劣性遺伝のため、両親のカラーが単色など他のカラーで登録されていても、どちらかの血統にパイボールドの犬がいた場合は、生まれてくる子どもにパイボールドのカラーの子どもが含まれる可能性があります。

パイボールドがミニチュア・ダックスフンドのスタンダードカラーから外されている理由はさまざまなことが考えられるようですが、1つには見た目にダップルとの区別がつきにくいという点があるようです。

前にも書いていますがダップルは掛け合わせに注意が必要なカラーです。区別がつきにくいパイボールドとダップルとの掛け合わせが進んでしまうと、カラーの見分けが困難になり繁殖の管理が難しくなってしまうことが考えられます。そのためパイボールドは繁殖に向いていないカラーとして、スタンダードカラーから外されているというのが理由の1つのようですね。

素材_shutterstock_53981773

まとめ

ミニチュア・ダックスフンドのカラーについていろいろと調べてみましたがいかがでしかでしょうか?

ミニチュア・ダックスフンドは、スタンダードとしては認められていないカラーも含めると多くのカラーバリエーションがあり、それもミニチュア・ダックスフンドの魅力の1つになっています。常に新しいカラーを珍しいカラーをと繁殖されてきたということは、それだけミニチュア・ダックスフンドが多くの人々に愛されている犬種であるということでもありますね。

しかし行き過ぎたカラーブリーディングのために障害を持っていたり短命であったりと、可愛そうな思いをする子犬が産まれてきた現実も理解しておかなければならないようです。

ミニチュア・ダックスフンドの子犬を飼う時はカラーなど見た目だけで決めるのではなく、両親の血統や病歴をしっかりと確認してから飼うことを検討するとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ペットシッターが解説】ミニチュアダックスフンドとの暮らしで注意すること

ミニチュアダックスの性格と性質 性格 ミニチュアダックスは、性格がとても明るく、その表情も豊かです。好奇心旺盛で遊ぶことが大好きな犬種ですので、家族とのコミュニケーションもとても大切……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドの歴史、性格、寿命、特徴

ミニチュア・ダックスフンドの歴史 爆発的とも言えるブームは過ぎたものの、現在でも人気が高い犬種です。 胴長短足で垂れ耳という可愛らしい見た目の持ち主ですが、その体形は獲物を追いこみ穴……

ミニチュアダックスフンド

陽気なミニチュア・ダックスフンドと一緒にドッグランへ行ってみよう!

見た目は可愛らしいミニチュア・ダックスフンドですが、実は猟犬なのでとっても活発な性格をしているのをご存知ですか?運動することが大好きなので体を動かさないとストレスがたまってしまうこともあるよ……

ミニチュアダックスフンド

【動物看護師が解説】ミニチュアダックスフンドにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

長年根強い人気を誇るミニチュアダックスフンド(以下、ダックス)。近所をお散歩している犬たちを見ると、必ずと言っても良いほど目にする犬種であるでしょう。性格は陽気で人懐こく、しつけもしやすい犬……

ミニチュアダックスフンド

あれ?気になる犬の臭い・ミニチュア・ダックスフンドの体臭について

お掃除の時や外から帰ってきた時など、「あれ?」と気になるのが愛犬の臭いです。特にお客様が来る時は臭いが残っていないか不安になることもありますね。ミニチュア・ダックスフンドって臭いがあるの?臭……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドのシャンプーの方法まとめ

長くフワフワとした毛並みが可愛いロングコート。艶やかな短毛がスポーティーな印象のスムースコート。個性的なスタイルのワイヤーヘアー。コートのタイプによって印象が違うのもミニチュア・ダックフンド……

ミニチュアダックスフンド

難しい?ミニチュア・ダックスフンドのしつけについて

チョコチョコした歩き方とちょっとユーモラスな表情から、おっとりした印象のミニチュア・ダックスフンドですが、実はもと猟犬の血を持つ元気いっぱいの犬です。「よく吠えて困っちゃう。」なんて話もちら……

ミニチュアダックスフンド

短い足が可愛らしいミニチュア・ダックスフンドの飼いやすさについて

短い足でチョコチョコと歩く姿が可愛らしいミニチュア・ダックスフンド。ユニークな仕草とちょっととぼけたような顔立ちで人気の高い犬種ですね。1度は飼ってみたい小型犬として名前があがることも多いで……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドの平均体重や、年齢による食事の目安

人気犬種上位が常連のミニチュア・ダックスフンドですが、ロングタイプの方がワイヤータイプよりも、もの静かってご存知でしたか?ワイヤータイプは比較的社交的だそうです。もちろん、全部のミニチュア・……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドに洋服は必要?

ミニチュア・ダックスフンドに洋服を着せると聞くと「え!犬には迷惑なだけじゃないの?」と思う方も多いようです。では本当にミニチュア・ダックスフンドには洋服は必要ないのでしょうか?洋服を着ている……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドの里親になる方法・里親を探す方法

短い脚と長い胴でちょこちょこと歩く姿がなんとも愛らしいミニチュア・ダックスフンド。飼いたい犬のランキングでも常に上位に位置しています。そんなミニチュア・ダックスフンドの里親になる方法や、里親……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドには首輪?それともハーネス?

ホットドックのようなユーモラスな体つきが人気のミニチュア・ダックスフンド。胴長短足の体つきは魅力であると同時に脊椎の病気に対するリスクもあるようです。できれば常に負担のかからない状態にしてあ……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ミニチュア・ダックスフンドの性格 現在日本で飼われているミニチュア・ダックスフンドの性格は好奇心が強く、いたずらも多いと言う話も聞きます。このいたずらにより誤飲を起こすミニチュア・ダックス……

ミニチュアダックスフンド

豊富なカラーも魅力的!ミニチュア・ダックスフンドのカラーについて

胴長短足の体つきとちょっぴりやんちゃな顔立ちが魅力のミニチュア・ダックスフンド。もちろん愛嬌ある表情や仕草も魅力ですが、それぞれに個性のある3つのコートタイプと豊かなカラーバリエーションも魅……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドの寿命ってどのくらい?長寿の秘訣は?

犬の人気ランキングでも常に上位に入るミニチュア・ダックスフンド。短い足で力いっぱい喜びを表現する姿が愛らしいですね。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるとい……

ミニチュアダックスフンド