2017年1月30日更新

ネコとの暮らしQ&A 一人暮らしでペットを飼う時に気をつけたい事

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

今や日本はおひとり様の時代です。

ある雑誌媒体が20~30代の未婚男性会社員300人に調査したところ、41.7%にあたる125人の男性が「生涯独身でも構わない」と答えたそうです。

2035年には日本人男性の生涯未婚率は29%といいます。およそ3人に1人は独身。男性の嫌婚率がこんなに高いと言う事は、女性の皆さん、あなたのパートナーは生涯「にゃんこ」ということになるかも…。

独身のネコ男子、ネコ女子の皆様、自分とネコが幸せならそれはそれで何の問題もありませんが、時とともにあなたもネコも年を取っていきますよね。

ネコとの暮らし。シニアになれば色々と問題が出て来るかも。今回は気になるテーマ事にQ&A方式で解決策を考えてみました。

 

Q:多頭飼いをしているのですが、自分に何かあった時に心配です。

一人暮らしでネコを複数匹多頭飼いしている方、意外に多いようですね。イヌと違って散歩する必要のないネコ。ネコが好きなあまり、5匹も6匹も変わらないよね♪と言う気持ちになるのは分りますが、問題は自分に何かあった時。

もしあなたが体調を崩したとき、電話すればすぐに来てくれる身内、友達はいますか?

ネコを預かってくれる人はいますか?もしいない場合は、シッターさんに頼むと言うことも視野にいれましょう。

シッターさんを頼む場合、まずは事前準備が必要です。一度シッターさんと直接会ってネコの様子を教えたり、すぐに来てもらえる様に事前に登録しておきましょう。

猫専門にシッターをしてくれるキャットシッターさんも最近は多く活躍しています。HPなどで検索して、今から良さそうな人にコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか?

Q:不測の事態で家に帰れなくなったら…。ネコを留守番させるのが心配です。

最近多い、地震、災害。もし交通事故で数日家に帰れなくなってしまったら…。猫のことがとても心配ですよね。

一人暮らしの場合、留守にするときは必ず

  • 室内の空調、温度の設定は大丈夫か
  • ご飯や水は2カ所に設置しておく
  • 電化製品などはコンセントを抜いておく

これぐらいのことはやっておくと安心できます。シニアのネコの場合は転倒して怪我をしないようにキャットタワーは横にしておく、トイレは2カ所に設置するという工夫も必要かもしれません。

いかがですか。おひとり様と1匹の暮らし。なんだか理想な生活のような気もしますが、万が一、という場合も常に視野にいれて、すぐに来てくれる信用のおける人間を身近に作っておいて下さいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 
 

関連カテゴリ