2017年1月30日更新

ネコとの暮らしQ&A 一人暮らしでペットを飼う時に気をつけたい事

今や日本はおひとり様の時代です。

ある雑誌媒体が20~30代の未婚男性会社員300人に調査したところ、41.7%にあたる125人の男性が「生涯独身でも構わない」と答えたそうです。

2035年には日本人男性の生涯未婚率は29%といいます。およそ3人に1人は独身。男性の嫌婚率がこんなに高いと言う事は、女性の皆さん、あなたのパートナーは生涯「にゃんこ」ということになるかも…。

独身のネコ男子、ネコ女子の皆様、自分とネコが幸せならそれはそれで何の問題もありませんが、時とともにあなたもネコも年を取っていきますよね。

ネコとの暮らし。シニアになれば色々と問題が出て来るかも。今回は気になるテーマ事にQ&A方式で解決策を考えてみました。

Q:多頭飼いをしているのですが、自分に何かあった時に心配です。

一人暮らしでネコを複数匹多頭飼いしている方、意外に多いようですね。イヌと違って散歩する必要のないネコ。ネコが好きなあまり、5匹も6匹も変わらないよね♪と言う気持ちになるのは分りますが、問題は自分に何かあった時。

もしあなたが体調を崩したとき、電話すればすぐに来てくれる身内、友達はいますか?

ネコを預かってくれる人はいますか?もしいない場合は、シッターさんに頼むと言うことも視野にいれましょう。

シッターさんを頼む場合、まずは事前準備が必要です。一度シッターさんと直接会ってネコの様子を教えたり、すぐに来てもらえる様に事前に登録しておきましょう。

猫専門にシッターをしてくれるキャットシッターさんも最近は多く活躍しています。HPなどで検索して、今から良さそうな人にコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか?

Q:不測の事態で家に帰れなくなったら…。ネコを留守番させるのが心配です。

最近多い、地震、災害。もし交通事故で数日家に帰れなくなってしまったら…。猫のことがとても心配ですよね。

一人暮らしの場合、留守にするときは必ず

  • 室内の空調、温度の設定は大丈夫か
  • ご飯や水は2カ所に設置しておく
  • 電化製品などはコンセントを抜いておく

これぐらいのことはやっておくと安心できます。シニアのネコの場合は転倒して怪我をしないようにキャットタワーは横にしておく、トイレは2カ所に設置するという工夫も必要かもしれません。

いかがですか。おひとり様と1匹の暮らし。なんだか理想な生活のような気もしますが、万が一、という場合も常に視野にいれて、すぐに来てくれる信用のおける人間を身近に作っておいて下さいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

関連記事

猫を飼っているのに猫アレルギーに!困った時に役に立つ対策まとめ

猫を飼っているのに猫アレルギーになってしまったら困りますよね。今まで平気だったのになぜ?と思われるかもしれませんが、猫アレルギーは猫を飼っている人にも起きる可能性があります。 家族の一……

猫の毛のお手入れ

【獣医師が解説】子猫の授乳をする時の注意点

生まれて間もない子猫を保護したら、その日から子猫への授乳を行なうことが必要です。生まれて間もない子猫への授乳を適切に行なうことは、子猫の命を守るためにとても大切なことなのです。ここでは、保護……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】生後間もない猫を保護をしたら

生後間もない猫を保護したときに、最初にしなくてはならないこととは、どのようなことでしょうか。子猫が元気に鳴いている場合もあれば、ぐったりしている場合もあるでしょう。いずれにしても、生まれて間……

初めて猫を飼う心構え

赤ちゃんと猫の同居には安全対策と事前の準備が大切!

夫婦ふたりと猫の暮らしに、新しい命が増える時の喜びはとても大きいものですね。赤ちゃんと猫の同居は可能ではありますが、注意しなくてはいけないこともあります。 猫が過ごす部屋と赤ちゃんの過……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】猫を飼う前に本当に飼えるかどうか考えてみませんか?

「日中は留守にしている人のペットには猫がオススメ!」そんなことを聞いたことのある人は多いでしょう。確かに、散歩が必要ない猫は、日中留守にしている人や忙しい人にとって、魅力的かもしれません。で……

初めて猫を飼う心構え

猫を安全にお留守番させる為に、日頃から注意しておきたいこと

猫と一緒に暮らしているからといって、全く外出できなくなってしまうわけではありません。猫を一人暮らしで飼っている方も多くいます。 しかし、その猫が留守番をできるかどうかは、やはり個体差が……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫がどうしてもミルクを飲んでくれないときは・・・異変が起きる前に確認しておきましょう。

子猫にどうしてもミルクを飲ませることができない時には、まずは落ち着いて子猫の状態をよく見てあげてください。子猫が明らかにぐったりしていて元気がない場合や、保温しているにも関わらず子猫の体温が……

初めて猫を飼う心構え

一人暮らしでも猫を飼いたい!まずは心構えと事前準備を大切に

一人暮らしで猫を飼いたいと考えた時、これから先長い間、愛情を持って過ごす責任の重さを、まずはしっかり考えた上で飼い始めましょう。 猫と一緒に暮らす生活がスタートすると、猫のごはんやトイ……

初めて猫を飼う心構え

大切な愛猫が事故に合わないために。脱走を防止できる対策は?

猫と暮らすとき室内飼いが推奨されているのは知っていますか?猫の室内飼いの「困った!」になるのは猫の脱走です。脱走するとなぜ困るのか、脱走防止策はどのようなものがあるのかお伝えします。 ……

猫の幸せ

生まれたての猫が来た!初めての方へ。子猫の育て方・授乳・排尿などについて

家で子猫が生まれたり、思いがけなく子猫を拾ってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか? 猫を飼った経験のある人でも、子猫となると勝手が違います。 生後1ヶ月以内の子猫の場合、……

猫のトイレグッズ

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】キャットフードは何を選べばいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!猫のフードはどうやって選べばいいですか? 猫飼いの人に……

猫のニュース

【獣医師が解説】子猫に必要な世話のひとつ、排泄の介助

生まれて間もない子猫を保護した時、 「保温」と「授乳」と合わせて、子猫に必要な世話のひとつに「排泄の介助」があります。母猫がそばにいる場合、子猫は自力で排泄できるようになるまでは、母猫が子猫……

初めて猫を飼う心構え

猫が初めて家に来た!猫を家に迎え入れる時に知っておきたい5つのこと

ペットショップで購入したり人から譲り受けたりして猫が初めて家に来る日…新しい猫の飼い主さんとしては嬉しさと不安が半分半分なのではないでしょうか。猫は新しい飼い主さんや家に慣れるのに時間がかか……

初めて猫を飼う心構え

あれ?? 猫と一緒に暮らしていても意外と知らない猫の不思議

猫を飼っている人でもちょっとマジマジと見てみないと知らない猫の不思議があるのをご存知ですか? 飼い始めて飼い主さんがお医者さんに行ってしまうなんて笑い話になったり。猫の事を知っている人……

猫のニュース

【獣医師が解説】何がいつ必要なの?子猫に必要な検査や予防とは

子猫をお家に迎えた場合、できれば早めに一度動物病院で診てもらっておくことをお勧めします。その目的は健康診断ですが、家に先住猫がいる場合は、子猫が持っている病気が感染してしまうのを防ぐという意……

初めて猫を飼う心構え

ペットを飼う前に知っておきたい。一日のタイムスケジュール、今とどう変わる?

ペットを飼ったことがない人は、飼っている人が一日をどれくらいをペットのお世話に費やしているか、分からないですよね。一日中お世話に費やしている方もいますが、そういった方は少数で、皆様時間を工夫……

犬のニュース

季節の変化にも敏感!子猫と一緒に暮らす際に注意したいこと

子猫と一緒に暮らす際は、室温などに配慮して部屋の中の環境を整えること、そして日頃から健康管理をすることがとても大切になります。子猫は環境の変化やストレスなどにとても敏感なものです。 普……

初めて猫を飼う心構え

初めての猫との暮らし 迎える前に何を購入しておけばいい?

きちんと準備しよう 猫と初めて暮らすときに何を準備しておけばいいのかわからないことも多いかと思います。 スムーズに猫との暮らしが始められるようにあらかじめ何を準備しておけばいいのでしょう……

猫のトイレグッズ

【獣医師が解説】子猫の住環境。生後1カ月までの子猫の場合。

子猫を保護したら、子猫が穏やかに暮らし、健やかに成長できるような住環境を整えましょう。適切な住環境を整えることは、子猫だけでなく、子猫を保護した人やその家族の健康や安全を守るためにもとても大……

初めて猫を飼う心構え