2017年1月31日更新

【猫の幸せ前編】動物が幸福を感じるのにもっとも大切なモノ★○○とは?

猫を飼っている皆様なら、「どうしたら猫が幸せになるかしら」と思っているはず。

愛する猫。もちろん、猫とニンゲンは違う動物ですが、実は動物も人間も脳の基礎となるシステムは変わらないといいます。

ブタと人間の脳を解剖してそれぞれの脳の旧皮質を見比べてみても、両者の違いが分るのはごくわずかな専門家だけだそうです。

人間は精神的に辛いとき、何とかしたいと心が痛みます。いやな気持ちを忘れたいと思いますよね。それは動物でも同じだそうです。

動物も人間も幸福を感じるのにもっとも大切なモノ、それは気持ち、「情動」です。ワシントン州立大学の神経科学者、ジャーク・パンクセップ博士はいくつかの基礎となる情動を

「ブルーリボン・エモーション(最も大切な情動)」

と呼んでいます。人間とほ乳動物は、この情動を母親や環境から学ぶのではなく、生まれつきもっているそうです。

猫を幸せにしたいなら、まず猫の「情動」を知る事が大切です。今回は、ブルーリボン・エモーションの中で最も猫にとって大切な情動をご紹介しましょう。

探索


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

ネコがクンクンと匂いを嗅ぎながら歩き回る時、それは「探索」という情動システムが働いています。

「自分の身の回りを探索して調べ、なにか良いものを手に入れたいと言う気持ち」は目標を達成する原動力にもなり、好奇心を刺激する行為です。

ネコは無意識に毎日この「探索」という情動システムで行動しています。新しい物を発見する喜びはもちろん、聞き慣れない音や見慣れないもの、良くないことを未然に防ぐ手助けにもなります。

飼い主は猫が退屈しないように新しいおもちゃを与えたり、定期的に新しいフードを試してみるなど、猫の生活に変化をつけてあげると良いのではないでしょうか。

怒り


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

動物が罠にかかったとき、猛烈にもがいて敵に対して激しい敵意をむき出しにしますよね。動物は誰もがこの「怒り」の情動を持っています。

これは生まれつき持っているエネルギーだと言えます。生まれたばかりの赤ちゃんですら、両ワキを押さえつけられたら激しく怒って泣きわめくでしょう。

また「欲求不満」も「怒り」の穏やかな形態です。猫をどんなに素晴らしい環境で育てていても、外に出さない生活では、ネコは自然と「抑圧」された怒りを感じ、すきあらば脱出しようとするはず。

飼い主は外の世界に猫を出さない代わりに、快適な遊び道具、新鮮なフードと水、綺麗なトイレを用意してあげるのは当然といえます。

日本では猫は「完全室内飼い」が推奨されています。しかし写真家、岩合光昭さんの猫の写真があんなに人気があるのは、やはり外でのびのびと生きる猫の満足げな表情にあるのかも知れませんね。

動物が幸福を感じるのにもっとも大切なモノ、あと2つの情動は何でしょうか?猫の幸せ後編に続きます。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

ペットシッターが教える!人見知りの犬猫と打ち解ける方法

犬や猫にも個性はちゃんとあるもので、人見知りの性格を持っている場合もあります。保護された場合やなんらかのトラウマなどによって、人間に不信感を抱いている場合はなおさらです。人見知りの犬や猫との……

犬のストレス

新入り猫が家に来た時、先住猫と仲良くさせる方法とは。多頭飼いのためのアイディア。

既に猫がいるところに新しい猫が新たに加わることになった時のトラブルの数々…多頭飼いの経験がある飼い主さんなら、いろいろと苦い想い出があるのではないでしょうか? 多くの先住猫は、新入りの……

猫の幸せ

猫じゃらしひとつでこんなに楽しめる!猫が喜ぶ4つの遊び方

猫のおもちゃと言えば、まず頭に思い浮かぶのは猫じゃらしではないでしょうか? 可愛い猫のためにさまざまなおもちゃをたくさん購入するのもよいですが、ちょっとした工夫をすることで、猫じゃらし……

猫の幸せ

水を飲まない猫にオススメ、瀬戸市の職人が作った「ヘルスウォーターボウル」

猫はもともと砂漠に住んでいた動物ですので、そんなに水は飲みません。しかしながら極端な水分不足は脱水や腎臓病のもとになるため要注意です。猫に水を飲ませるためにファウンテン(噴水)形式の水飲みや……

猫が水を飲まない

愛犬、愛猫が手術する時に飼い主さんができる準備とアフターケア。

ペットの手術や入院。飼い主さんにとっては辛い出来事ですが悲しんでばかりもいられません。ペットが無事に治療を終え元気になるためには飼い主さんの充分な準備やアフターケアが必要です。確かに治療する……

猫の幸せ