2017年2月1日更新

人間のトイレを使う猫…猫に犬と同じような「しつけ」ってできるの?

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

ペット歴=年齢のワタクシ。現在は犬1匹と家猫1匹+地域猫2匹と暮らしています。誰かが、

「犬は人間に仕え、人間は猫に仕える。」

という名言を語っていましたが、ワタクシ、なぜか犬と猫両方に仕えています。ペットに対してあまり「しつけ」をするのが苦手。基本的に我が家では犬や猫はマイペース。自然と縄張りやパーソナルスペースを確保して暮らしているようです。

犬と猫を両方飼っているとよく言われるのが、

「ネコは犬と違ってしつけができないから大変でしょ?」

というセリフ。爪とぎやマーキングは猫特有の行動ですから、動物を飼ったことのない人は、

「ネコはしつけができない動物」

だと思っているようです。私も今まで愛猫に「しつけ」をした覚えはありません。というか「しつけ」を必要ないと言えるかも。トイレもきちんと覚えてますし、行動はとても几帳面です。

しかし私がYouTubeで見て驚愕したのが、「人間のトイレで排泄する猫」動画。かなり多くの数が投稿されていますよね。

中にはちゃんと終わったら水を流す猫もいます。これってどうやって覚えたのでしょうか?やはり「しつけ」を飼い主がしたのでしょうか?

今回は「猫にしつけはできるのか?」ということについて調べてみました。

 

ネコは罰をあたえたり負の強化ででは訓練できない

自閉症の動物学者、テンプル・グランディンは、

「ネコは犬と全く違う。犬のようにやたらと社交的ではない。しつけをするときには、ほめたりおだてたりしてもうまくいかない。犬の様に飼い主の反応を理解して自分から学ぶと言うことがない。」

と語っています。ネコは好奇心が強く、自分がやりたいと思ったらその事に付いて自ら学ぶ動物だといいます。

トイレを流す猫は、おそらく飼い主に「しつけ」られたのではなく、好奇心で動かしたら自然にできるようになったのかも知れません。

猫におすすめなのは「クリッカートレーニング」

単独狩猟動物であるネコは、そもそも人間の言う事を聞く、という発想はないのかも知れません。自分がやりたければやる、もしくは何かメリットがあるならやる、というのが猫という生き物。

そんな猫には、ご褒美を与えながらトレーニングする「クリッカートレーニング」がオススメです。

「カチッという音がしたらご褒美が貰える」

ということを猫に覚えさせるのが「クリッカートレーニング」。これなら猫もやる気満々ですから、猫をしつけたいときには有効な手段といえるでしょう。

「クリッカートレーニング」にはマイナスな出来事はありません。飼い主に怒られることも痛い思いをすることもないトレーニング方法ですから、猫にとってはまさに最適な方法といえるでしょう。

いかがですか。このクリッカー、アマゾンでも簡単に購入できます。やりかたを説明したYouTubeも沢山ありますから、是非参考にしてみて下さいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 
 

関連カテゴリ