2017年5月18日更新

陽気なミニチュアダックスフンドと一緒にドッグランへ行ってみよう!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

見た目は可愛らしいミニチュアダックスフンドですが、実は猟犬なのでとっても活発な性格をしているのをご存知ですか?運動することが大好きなので体を動かさないとストレスがたまってしまうこともあるようです。今回はミニチュアダックスフンドとドッグランに行くための準備や注意点などを調べてみました。

 

ドッグランってどんなところ?

ドックランとは一体どんなところなのでしょうか?ドックランとは犬を飼い主の管理の元で、リードから離して自由に遊ばせることができる、犬と飼い主専用の広場のことです。日本ではドッグランと呼ばれていますが、ペット先進国である欧米ではドッグパークと呼ばれているようですね。

公園や高速道路のサービスエリアなどに設置されていることがありますが、屋外の場合は犬が逃走しないようにネットや柵などで他の施設とは区別されていることが多いようです。また出入りの時に犬が外に出ないように二重ドアになっているところもあるようですね。

最近では屋内ドックランやドッグカフェに併設されているものなどさまざまな形態のドッグランがあります。愛犬と一緒にさまざまなタイプのドッグランを楽しんでみるのもよいかもしれませんね。

素材foxhound-53951_640

ドッグランに行く前にしておきたいことは?

ドッグランには様々な犬種、さまざまな性格の犬が集まります。なかには相性が合わない犬もいるかもしれませんね。公共の場所である以上どんな状況でもお互いに気持ち良く利用したいものです。

そのためには次のようなことは利用の前にしっかりと身に付けておくとよいでしょう。

呼び戻し

前にも書きましたがドッグランは公共の場所ですので、さまざまなタイプの犬たちが自由にノーリードで遊んでいます。そんな中ではじゃれ合いが段々と興奮して本気の喧嘩になってしまったり、どうしても相性が合わない犬と一緒になったりすることも考えられますね。

ドッグランでは自分の愛犬が加害者になる場合も、被害者になることもあることを理解した上で、どんな状況でも飼い主の「おいで」に反応できるように、呼び戻しのしつけは100%の状態にしておく必要があります。

クールダウン

ミニチュアダックスフンドの場合は呼び戻しよりもクールダウンの方が大切だといわれています。猟犬としての資質を持つミニチュアダックスフンドは、1つの獲物に対して粘り強く追い回す性質を持っています。愛犬にとっては悪気のあることではなくても、しつこくされると嫌だと感じる犬も多くいます。

相手が嫌がっているなと感じた時に飼い主の「おいで」で呼び戻しをしたあとで、「お座り」や「ふせ」をさせた状態で「まて」の号令をかけ、愛犬が犬の動きではなく飼い主にしっかりと注目して、コントロールを取り戻すまで待たせられるようにしておくとよいですね。

犬の社会化

犬の社会化とは犬に自分と他の犬もしくは家族以外の人との関わり方を教えてあげることをいいます。犬の社会化には多くの犬や人と触れ合う機会を、早い時期から持つとよいとわれています。

「ならドッグランに行く前に、ではなくてドッグランに行きながら、じゃないの?」と思った方もいらっしゃると思います。

なぜドッグランに行きながらではないのかというと、ドッグランはタイプの異なる犬がノーリードで遊ぶ場所です。他の犬に慣れていない状態でドッグランを利用すると、急に知らない犬に囲まれてしまうことも考えられますね。ミニチュアダックスフンドの場合はやや神経質な面のあるロングコートや、警戒心の強いワイヤーコートの犬は特に注意が必要です。

神経質な犬や警戒心が強い犬が、犬同士のコミュニケーションに慣れていない状態で他の犬たち囲まれてしまうと、パニックを起こし噛みつき事故などにつながるリスクがあります。そのようなトラブルを防ぐために、ドッグランに行く前に犬同士がリードを付けた状態で、冷静に挨拶をかわせるようにしておく必要があるのです。

imasia_5280720_S

 

ドッグランを利用する時のルールとは?

ドッグランを利用する時には守るべきルールがいくつかあります。どれも公共の場所であるドッグランを気持ちよく利用するために、飼い主が自主的に守るべきものです。

しっかり理解した上で利用するように心がけましょう。

ワクチンの接種は済ませてから

ドッグランの中にはワクチンの接種済みであることを証明できないと入場できない施設もあるほど、ドッグランを利用するうえでは基本となるルールの1つです。ドッグランは多くの犬が集まる場所です。1匹でも感染症にかかっている犬がいた場合に、どのような被害になるかは考えればわかりますね。

感染症はうつさないしもらわないが大原則です。ドッグランに行く前にはワクチンの接種を済ませておきましょう。また新しいドッグランにいく時には、狂犬病の注射済証と鑑札、ワクチン接種済証を持って行くとよいでしょう。

発情中は公共の場の利用は控えましょう

発情中のメス犬はオス犬を呼び寄せるフェロモンの分泌が過剰な状態になっています。どんなに訓練されたオス犬でもフェロモンの香りに打ち勝つことは難しいといわれています。

オス犬同士の喧嘩など周りの犬への迷惑にもなりますし、愛犬にとっても望まない妊娠などのリスクが高いため、発情中のメス犬は他の犬が集まるドッグランなどの公共の施設の利用は控えましょう。

ウンチやおしっこは利用前に!粗相は速やかに片づける

ドッグランを衛生的な状態に保っておくためには、できる限りドッグラン内でおしっこやウンチをさせないことが大切ですね。特に犬は他の犬の臭いが残っていると、同じ場所で排泄をしたがる習性があります。そのため地面に張っていた芝生がその部分だけ枯れてしまうようなことも起こってしまうようです。

ドッグランを利用する場合は利用をする前にウンチやおしっこは済ませておきましょう。

それでもどうしても他の犬の臭いにつられて粗相をしてしまうこともありますね。ドッグラン内で粗相をしてしまった場合は、飼い主の責任で速やかに片付けましょう。ドッグランの中には粗相をした時の片づけ方のルールが決められているところもあります。その場合はルールに従って正しく片づけをおこないましょう。

利用中は愛犬から目を離さない

ドッグランはさまざまな性格の犬と、飼い方や考え方の違う飼い主たちが集まる場所です。そのためどのようなトラブルが起こるかはわかりません。時に死亡事故につながるような大きなトラブルに、巻き込まれてしまう可能性もあることを忘れてはいけません。

ドッグランの中では愛犬の行動のすべては、飼い主の責任の元でおこなわれるのが前提です。トラブルに巻き込まれないためには、周囲に気を配ることと愛犬から目を離さないことが重要です。

利用中はドッグランの規約に従いましょう

ドッグランにはそれぞれの施設が決めた利用規約があります。営業時間や利用料金だけでなく、前にも書いたような粗相の時の片づけ方、注射済みであることの証明、しつけの度合いの確認など細かい規約がある場合もあります。

どの規約もドッグラン内でお互いが気持ちよく利用するために決められたものですので、その施設を利用している間は利用の規約に従って行動しましょう。初めて利用する施設の場合は、事前にホームページや電話などで利用の規約を確認しておくとよいですね。

素材_shutterstock_293639432

利用する時に気を付けてあげたいこと

ミニチュアダックスフンドとドッグランを利用するために必要なことについて調べてみましたがいかがでしたでしょうか?ミニチュアダックスフンドとドッグランを利用する時には、あといくつか気を付けてあげたいことがあります。

ミニチュアダックスフンドは胴の長い骨格をしているため、椎間板ヘルニアの好発犬種だといわれています。椎間板ヘルニアは段差の上り下りや高い場所からの飛び降りなどで誘発されることが多いようです。ミニチュアダックスフンドとドッグランを利用する場合は、できる限り平坦な施設を選んであげるとよいでしょう。

また大型犬や中型犬と一緒に遊ぶようなドッグランの場合は、大型犬や中型犬に悪気はなくても、小型のミニチュアダックスフンドが遊びに巻き込まれてケガをしてしまう可能性があります。できれば大型犬と小型犬のスペースがわかれている施設を選ぶと安心ですね。