2017年5月18日更新

ミニチュアダックスフンドに服は必要?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ミニチュアダックスフンドに服を着せると聞くと「え!犬には迷惑なだけじゃないの?」と思う方も多いようです。では本当にミニチュアダックスフンドには服は必要ないのでしょうか?服を着ているのはファッションのためだけなのでしょうか?今回はそんなミニチュアダックスフンドの服について調べてみました。

 

ミニチュアダックスフンドには服は必要?

ミニチュアダックスフンドに服を着せる意味は、どうやらファッションのためだけではないようです。ミニチュアダックスフンドに服を着せるのには、次のような意味があるといわれています。

暑さ寒さから守るため

ミニチュアダックスフンドは寒さに弱いといわれています。特にスムースコートの犬の場合は被毛の中に体温を閉じ込めておくことが難しく、寒さや乾燥のひどい日本の冬はかなり辛い季節のようです。

気候の変動の激しい日本の場合は、服が必要なのは冬だけではないようです。足の短いダックスフンドの場合は、夏の熱された地面やアスファルトからの熱気や照り返しを、腹部に直接浴びるような状態になります。そのため夏場は熱中症を予防するためだけでなく、腹部や足のやけどの予防も必要になってくるようです。

ミニチュアダックスフンドの場合は冬は寒さをしのぐための防寒の意味で、夏は地面からの熱を遮り暑さから身を守るために服を着せてあげる意味があるようです。

ノミ・ダニなどの寄生虫の予防

草むらや公園、ドッグランなどを利用する時に気を付けておきたいのが、ノミやダニなどの寄生虫の付着ですね。予防薬を使用しているので大丈夫という考え方もありますが、ロングコートやワイヤーコートなどの犬の場合は、被毛に付着したまま家に持ち込まれてしまう可能性もありますし、死骸などが毛に絡みアレルギーの原因になってしまうことも考えられます。

服を着せておくと直接寄生虫が被毛に触れることを防ぐことができます。寄生虫の多い芝生の公園などへ連れて行ってあげる時は服を着せてあげると、腹這いなるようなことがあっても安心して見ていられますね。

imasia_6869498_S

抜け毛や臭いの防止

ミニチュアダックスフンドはダブルコートの毛質をしているため、どのコートタイプも換毛期にはかなりの量の抜け毛があります。それぞれの毛質によって掃除の方法も異なるようですが、いずれにしても抜け毛の対策には悩まされることが多いようです。

抜け毛の対策の1つとして服を着せることで、抜け落ちを予防するという方法があります。服の中に抜け落ちる毛を溜めることで、家具や床などへの付着を抑えるという方法です。

また服には毛の抜け落ちを防ぐだけでなく、犬の臭いを閉じ込めておくことにも効果があるようです。

家の中で無理に服を着せて抜け毛や臭いを予防する必要はないかもしれません。でもよそのお宅やドッグカフェ・ペンションなど公共の場所では、お洒落を楽しみながら服を着せて抜け毛や臭いを予防してあげるのは、お互いに気持ち良く過ごすためにも必要なことかもしれませんね。

跳ね上げによる汚れの防止

足が短く体が地面に近いミニチュアダックスフンドの場合は、雨や雪などの後に散歩をすると、お腹が泥や雪に付いてしまい汚れてしまいます。スムースコートの犬の場合は、汚れても蒸しタオルなどで拭いてあげればよいのですが、ロングコートやワイヤーコートの場合は綺麗にするのが大変です。

だからといって悪天候の時には散歩に行かないのでは、運動不足で犬がストレスを溜めてしまいます。悪天候の時にはレインコートなど水を弾く素材の服を着せて跳ね上げによる汚れを防止してあげると、雨や雪の後でも楽しく散歩ができますね。

服を着せるなら慣らしてあげることが大切

犬に服を着せる時には無理をさせないことが大切です。もともと服を着ることのない犬にとって、どんなに着せることに意味があったとしても、服を着ることに違和感と抵抗感があるのはしかたがないことです。

無理に服を着せてしまうとより抵抗感が強くなってしまい、嫌がって脱いでしまったり、噛んでちぎってしまうこともあるようです。1度嫌な思いをさせてしまうと次につなげることはなかなか難しいものですね。

服を着せる場合は無理をさせずに、少しずつ慣らしてあげることが必要なようです。まずは違和感を減らすために軽くて着心地のよい服を選んで着せてあげましょう。初めは少し着せてすぐに脱がせるようにします。大人しく着ていることができたら褒めてあげましょう。

これを毎日繰り繰り返すことで、少しずつ着ていられる時間を伸ばしていってあげましょう。

犬_素材

 

ミニチュアダックスフンドの場合はサイズ表記に注意!

最近はペットショップなどに行くと、人の服と同じようにさまざまなデザインの服が並んでいますね。ついつい目移りしてしまいますが、ミニチュアダックスフンドの場合は、体型にあった服を選んであげる必要があります。

ミニチュアダックスフンドの体型は胴が長く、人でいう鳩胸のようにやや胸がせり出しており、足が短い独特の体型をしています。そのためチワワやトイ・プードルなどの犬種と同じ形の服を着せてしまうと、胴体は長さが足りず足は長すぎ胸がぴったりな状態になってしまうことが多いようです。

ミニチュアダックスフンドの場合は既成の服を購入する場合は、サイズ表記がMやSではなくDMやDSなど、通常のサイズ表記の前にダックスフンド用をあらわすDが付いているものを選ぶようにしましょう。

また人気の高いミニチュアダックスフンドの場合は、ミニチュアダックスフンド専用の服だけを販売しているショップもあります。専門のショップでは愛犬のサイズにあわせて服をオーダーすることもできるようです。やや高額になるようですが、よりフィットした着心地のよい服を用意してあげられますね。

服を着せる時の注意点

ミニチュアダックスフンドに服を着せることには意味がありますが、その反面デメリットとなることもあるようです。

もともと服を着ることのない犬にとって、抜け毛やフケは自然に体から落ちていくのが正常な状態です。しかし服を着ると服と肌や被毛の間に溜まった状態になってしまいますね。そのため肌が蒸れてしまったり、ロングコートやワイヤーコートの場合は被毛に絡んで毛玉の原因になってしまうことがあるようです。

肌の蒸れや毛玉は皮膚病の原因になってしまいますね。ミニチュアダックスフンドに服を着せる場合は、着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に必ず1部屋は室温管理ができていて、服を着ないで過ごすことができる場所を用意してあげましょう。

犬_素材

まとめ

ミニチュアダックスフンドに服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか? ミニチュアダックスフンドの魅力の1つである独特の体型は、服を着せることに意味があるだけでなく、服を選ぶ時には注意が必要なようですね。

犬の服もさまざまなデザインのものが販売されています。犬に安全に心地よく服を着せるためには、服のデザイン選びも重要なポイントになってきます。犬の服のデザインで確認しておきたいことは、着たままで噛み取ってしまいそうな位置にボタンやリボンなどの装飾がついていないかどうかです。噛み取れるような位置にボタンなどが付いていると誤飲の原因になってしまう危険性があります。

犬の服も種類が多くなり、最近では季節にあわせてイベント用の着ぐるみなども多く販売されていますね。確かに可愛くてついつい着せてみたくなりますが、着る犬にとってはどうなのでしょうか?

犬に服を着せる時は犬の気持ちをよく考えて、サイズのあった機能的で着心地の良い物を選んであげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ