2017年5月18日更新

マイペースでおっとりのシー・ズーの飼いやすさについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

獅子狗と呼ばれ中国の王宮で高貴な方々に寵愛されてきた歴史を持つシー・ズー。室内犬として不動の人気を誇るシー・ズーはマイペースでおっとりとした性格をしているので、初めて犬を飼う人でも飼いやすいといわれていますが実際はどうなのでしょうか?今回はそんなシー・ズーの飼いやすさについて調べてみました。

 

シー・ズーの性格は?

長く愛玩犬としての歴史があるシー・ズーは、人と一緒に暮らすことに適した性格をしているといわれています。とても人懐っこく他の動物にもフレンドリーな性格をしているので、小さなお子さんのいるご家庭やご高齢の方でも飼うことができ、多頭飼いも比較的しやすい犬種のようですね。

見た目通り穏やかでマイペースな性格をしていますが好奇心は旺盛な方で、遊ぶことも動き回ることも好きなエネルギッシュな1面もあるようです。飼い主の気持ちに敏感に反応するところがあり、飼い主が落ち込んでいるとそっと側に来てくれるような優しさも持ち合わせているといわれています。

自分の世界をしっかりと持っているようなところがあるようで、積極的に遊んでと迫ってくるような甘え方をせず、長時間の留守番も比較的問題なくしてくれるのも特徴のようですね。自分一人でも何か遊ぶものを見つけて、楽しく遊んでくれるようなほどよい距離感があるところも、シー・ズーが飼いやすいといわれる理由の1つのようです。

犬_素材

シー・ズーのしつけはしやすい?

シー・ズーは賢く、飼い主の言葉や仕草への理解力もある犬種なのでしつけは入りやすいといわれています。小型犬に多い神経質な面が少ないシー・ズーは、不安や心配から吠え続けるようなことがあまりないのも、しつけがしやすいといわれる理由の1つのようですね。

しかしその反面プライドが高く頑固な面もあるようで、1度間違えたことを覚えてしまうとなかなか間違いを治すことが難しいところあるようです。愛嬌たっぷりで可愛らしいシー・ズーなのでついつい甘やかしてしまいがちですが、犬の要求に答えてばかりいるとあっという間にわがままを覚えてしまい、なかなか正しいしつけが入らなくなってしまうことが多いようですね。

シー・ズーのしつけは家に迎えいれた時から家のルールに従って、厳しく接する時は厳しく褒める時は愛情たっぷりに接してあげるとよいですね。

 

シー・ズーの臭いと抜け毛は?

室内で犬を飼う時の飼いやすさの目安の1つは抜け毛の量と犬の臭いですね。シー・ズーの抜け毛や臭いはどうなのでしょうか?

シー・ズーは西太后も愛したといわれるほど、美しくゴージャスな被毛をしていますね。長さもあり豊富なので抜け毛が多いように感じるかもしれませんが、シー・ズーは室内でも飼いやすい抜け毛の少ない犬種なのです。

しかし臭いの方は残念ながらやや強いようですね。シー・ズーの原産国だといわれているチベットは、寒さが厳しく乾燥した土地柄をしているため、寒さや乾燥から身を守るために皮脂を多く分泌する必要があり、脂性な体質をしているといわれています。皮脂の分泌は多いほど体臭が強くなる傾向あります。そのためシー・ズーは独特な体臭がする犬が多いようです。

また体臭以外にも、しわの多い顔周りや垂れた耳などからの臭いにも注意が必要なようです。シー・ズーの場合は臭いについては対策を考えておく方がよいでしょう。

imasia_5782967_S

シー・ズーのかかりやすい病気は?

病気がちであるかどうかは犬の飼いやすさの目安の1つですね。ペットの医療費には公的な保険がないので、経済的な負担を考えるとどのような病気にかかりやすいのかは、飼う前に知っておきたい大切なポイントでしょう。

シー・ズーは気を付けておきたい病気がいくつかあるようです。

気管虚脱

シー・ズーのような鼻の短い短頭種に多くみられる病気です。本来は筒状になっている気管が変形してしまい、呼吸困難を引き起こす病気です。症状が治まっても再発しやすい傾向があります。症状は呼吸困難、咳、よだれをたらすなどで、重度になると酸素不足からチアノーゼをおこします。

原因としては遺伝的なもの、肥満、加齢による気管周辺の筋力低下などが考えられます。治療法としては軽度の場合は投薬によって症状を軽減させることができますが、重度の場合は酸素吸入や外科的な手術が必要になります。

熱中症

寒冷地であるチベットが原産だといわれているシー・ズーはとても暑さに弱い犬種です。そのため日本の高温多湿の気候に弱く熱中症になりやすいといわれています。

熱中症とは体温をうまくコントロールすることができなくなり、体温が急激に上昇してしまう病気で、初期の症状としてはよだれが大量に出る、ふらつく、嘔吐や下痢、目や口の粘膜の充血などがみられます。

汗による体温調整ができない犬の場合はかかってしまうと重症化しやすく、命に関わる可能性がある危険な病気です。特に鼻の短い短頭種であるシー・ズーの場合は、発症すると体温を下げることが難しく危険な状態になってしまうことが考えられます。

シー・ズーを飼う場合は夏の熱い時期はクーラーなどを使用して、しっかりと室温管理をしてあげる必要があるようです。

皮膚病・外耳炎

寒冷地が原産のシー・ズーの肌は湿度の多い日本の気候にはあまりあっていないようで、皮膚病の発症が多いのが特徴です。皮脂の分泌が多くやや脂性の傾向があるのも、皮膚病を誘発しやすい原因の1つでもあるようですね。またアレルギーを持っている犬が多いことでも知られており、アレルギー性皮膚炎の発症も多いようです。

垂れ耳の犬種であるシー・ズーの場合は皮膚病の他に注意が必要なのが外耳炎ですね。垂れ耳で耳の周りに毛の多いシー・ズーの場合は、どうしても耳の中が蒸れやすく外耳炎にかかりやすいようです。外耳炎を要望するためには、週に1度~2度の頻度で耳の掃除をしてあげる必要があるようです。

外耳炎や皮膚病は1度かかるとなかなか治りにくい病気のようで、長期の通院が必要なことが多く経済的な負担が大きい病気の1つだといわれています。

白内障

シー・ズーは大きくやや出っ張った目をしているため、長い毛や散歩中の草や枝などで目を傷つけてしまうことも多く目の病気には注意が必要なようです。特に白内障にかかりやすいといわれており、遺伝などの先天的な要因で若年から発症するケースもあるようです。

白内障は眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。

病気からの併発も多い病気なので白内障にかかった場合は、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などの病気にかかっている可能性も考えられるようです。

犬_素材

シー・ズーの飼育費用は?

シー・ズーは食欲旺盛な犬が多いようですが、それでも大型犬や中型犬に比べるとエサにかかる費用は少なくてすむようです。トイレやケージ、キャリーなども小さいもので大丈夫なので生活のための初期費用もおおよそ3万円前後で準備ができるようです。

ただしシー・ズーの場合は被毛の手入れには費用がかかるようです。抜け毛の少ない分伸び続ける毛質をしているため、綺麗なスタイルをキープするためには1ヶ月~2ヶ月に1度の頻度でのトリミングが必要だといわれています。シー・ズーのトリミング代はおおよそ1回5千円~6千円前後が相場のようですね。

またアレルギーを持っている犬が多く皮膚病や熱中症など気を付けなければならない病気も多いことから、医療費に対する備えも考えておく必要があるようです。

まとめ

シー・ズーの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

愛玩犬として長く人とともに生活してきたシー・ズーは、性格的な面やしつけなど飼いやすいといわれる資質を多く持った犬種のようですね。その一方で被毛の手入れには時間と費用がかかる点や、日本の夏に弱いところなど考慮しておく必要がある面も持っているようです。

どの犬種にも生活をともにする場合には、長所となる点と短所となる点があるものです。自分たちが一緒に暮らす犬に対して何を望んでいるのか、どこには手をかけられてどこには手をかけられないのかをよく考えてみることが大切ですね。

 
 

関連カテゴリ