2017年5月18日更新

気管や目に注意が必要なシー・ズーには首輪?それともハーネス?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

シー・ズーの散歩に必要な道具としてはリードや排泄物を入れる袋などさまざまな物がありますね。なかでも首輪にするのかハーネスは迷うところです。特にシー・ズーの場合は健康面などからもどちらがいいのか判断が難しいところがありますね。今回はそんなシー・ズーには首輪が適しているハーネスがよいのかを調べてみました。

 

首輪とハーネスの特徴は?

シー・ズーにとって首輪がよいのかハーネスがよいのかを考える前に、まずそれぞれの特徴を理解しておくことが大切ですね。

首輪とハーネスそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

首輪の特徴

首輪は読んで字のごとく犬の首に巻きつける輪のことです。犬のじゃれ合いを見ていてもわかるように犬にとって首を支配されるということは、相手に服従を強いられることにつながります。つまり犬に対し飼い主であることを理解させる道具の1つでもあります。

また首輪には飼い犬であることを見る人にアピールする役割もあります。そのため首輪は常に犬の首に巻いて置くことが望ましいといわれています。

「室内でも巻いておく必要があるの?」と思う方も多いことでしょう。室内にいる時にも巻いておく方がよいといわれている理由の1つは、犬は思いもよらない時に飛び出してしまうことがあるためです。

もしも外へ出てしまって迷い犬になってしまった時に、犬が首輪を巻いているかどうかはとても重要なことになります。まず保健所に保護された場合に飼い犬として処分期間が延長になることが多いようです。次に首輪に迷子札を付けていれば、保護した方が連絡を取ってくれる可能性が高くなりますね。

迷い犬になってしまった時のリスクを軽減するため以外にも、犬がパニックを起こした時などに、とっさに飼い主が犬を制止できるようにするという理由もあるようです。

imasia_11284781_S

ハーネスの特徴

ハーネスは犬の散歩のための道具として作られた物ではありません。本来はそり犬を犬ぞりにつなぐための道具として作られたものです。

そのためそり犬たちが重い荷物や人を乗せたそりを、長時間引いて走ることができるように、首に負担がかからず重いものでも引っ張ることができるような構造になっています。

現在散歩用に改良されたハーネスの多くはナイロンや布のテープで前足を通すような形に作られたものですが、最近ではより体の負担が少ない胴を包むようにつけるベストタイプのものや、しつけに使えるようなハーネスも販売されているようです。

散歩に使用する場合のメリット・デメリットは?

ではそれぞれを散歩に使うとしたらどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを理解した上でシー・ズーが使用するのに適しているのがどちらなのかを考えていきましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が咬んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる

犬_素材

 

シー・ズーに適しているのはどちら?

シー・ズーの散歩に使用する場合には首輪とハーネスのどちらがよいのでしょうか?それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを考えると、シー・ズーの場合はハーネスの方がよいようです。

シー・ズーのような短頭種はもともと呼吸をすることが苦手な犬が多く、首や気管への衝撃はできる限り避けてあげる方がよいといわれています。また首への衝撃は気管だけでなく目にも影響があるようで、首輪が引っ張られることによって眼球の内圧があがってしまい、網膜剥離や白内障を誘発してしまう可能性もあるようです。

しかしハーネスにも問題がないわけではありません。前にも書いているとおりハーネスはもともとそり犬がそりを引きやすいように開発された道具です。引っ張りやすい道具であるということは、引っ張る癖のある犬にとってはより引っ張り癖を助長してしまう可能性があるのです。

シー・ズーの場合は室内や家の前などで首輪を使ってリーダーウォークを練習して、飼い主を引っ張らないようにしつけをおこなってから、本格的に外を散歩させる時はハーネスを利用するなどの工夫をしてあげるとよいでしょう。

首輪もハーネスも慣らしてあげることが大切

首輪にしろハーネスにしろ忘れてはいけないのは、犬にとっては付け慣れない違和感のある道具だということです。初めて付けていきなり散歩へ連れ出してしまうと、違和感から暴れてしまったり、逆に歩かなくなってしまったりすることがあります。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも最初は嫌がることもあるでしょう。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれても落ち着いているようなら、散歩への第一歩として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で首輪やハーネスを巻いたまま遊べるようになったら、次は実際に外へ散歩に出かけます。散歩の時も無理をさせないことが大切です。犬の様子をみながら犬のペースにあわせて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

犬_素材

しつけ用のハーネスとは?

最近になって日本でも販売されるようになってきたグッズに、イージーウォークハーネスというものがあります。通常のハーネスと同様に胴体と前足にナイロンや布でできたリボンを回すように装着するグッズですが、1つ異なっているところがあります。胸の前にリボンが回るような形になっていて、リードを付ける金具がその胸の前のリボンに付いているのです。

このリードが犬の前に付く形状が、通常のハーネスではできなかった引っ張り癖をなおすために有効なようです。リードが犬の前に付いていると、犬が飼い主の前に行こうとするとリードに引っ張られて方向が変わってしまい横や後ろを向いてしまいます。これを繰り返すことで、引っ張り癖の矯正をおこなうことができるのです。

本来はゴールデンレトリバーなどの力の強い大型犬のために開発されたもののようですが、最近では小型犬用のものも販売されています。気管や目に心配があるシー・ズーの場合は、このイージーウォークハーネスをうまく活用するのもよい方法かもしれません。

 
 

関連カテゴリ