2017年5月18日更新

パーティーカラーだけじゃない!シー・ズーのカラーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

シー・ズーの魅力の1つは西太后も愛したといわれる豊かでゴージャスな被毛ですね。日本ではゴールド&ホワイトや、ブラック&ホワイトなどの2色が入ったパーティーカラーのシー・ズーが主流ですが、実はとてもカラーバリエーションが豊富な犬種なのです。今回は魅力たっぷりのシー・ズーの被毛のカラーについて調べてみました。

 

シー・ズーの被毛の特徴は?

シー・ズーは抜け毛の少ない毛質をしていることは有名ですが、犬それぞれに個性豊かな毛質をしているのも特徴です。

基本的にはまっすぐに長く伸びていく毛質をしているのですが、柔らかくウェーブしている犬から天然パーマのようなかなりウェービーな犬までさまざまなようで、中にはまるでポメラニアンのように膨らんでしまうような毛質の犬もいるようですね。

毛質によって毛玉ができやすかったり、毛玉になりにくかったり、カットがしやすかったりと手入れの仕方も若干変わって来るようです。また成長につれて毛質が変わっていくのもシー・ズーの被毛の特徴になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シー・ズーのスタンダードカラーは?

シー・ズーの日本でのスタンダードカラーについて、一般社団法人・ジャパンケネルクラブ(JKC)ではどのように定められているのでしょうか?

シー・ズーのカラーには規定がありません。基本的にはすべてのカラーがスタンダードとして許容されています。つまりシー・ズーにはミスカラーは存在しないということのようですね。

日本では2色が入ったパーティーカラーの犬が主流ですが、パーティーカラーの犬の場合は、頭頂部から両目の間をとおって鼻梁まで伸びているブレーズと呼ばれる白い線が入っていること、尻尾の先端がホワイトカラーである犬が大変好ましいとされています。

 

シー・ズーの人気カラー紹介!

シー・ズーはさまざまなカラーバリエーションがあることも魅力の1つですが、ここではなかでも人気の高いカラーをいくつかご紹介します。

ゴールド&ホワイト

シー・ズーのもっともオーソドックスなカラーです。日本でも人気が高くよくみかけるカラーですね。ゴールドと1つにまとめた表記になっていますが、中間色であるレッドやオレンジ、マホガニーなどの色もゴールド含まれ、色が混ざって優しい印象の色合いを作り出します。

カラー表記の中にはゴールドに含まれているマホガニーやオレンジが単色で表記されているものもあるようですが、全身がマホガニーだけの単色なのではなく、ホワイトベースにマホガニーやオレンジが入ったカラーを示していることもあるようですね。

犬_素材

ブラック&ホワイト

日本ではゴールド&ホワイトに次いで人気の高いカラーですね。ゴールド&ホワイトと異なるところは、中間の色が混ざることがなく黒と白がはっきりと分かれたカラーになっていることです。

色のコントラストがはっきりとしているので、ゴールド&ホワイトよりもシャープな印象を与えるカラーになっています。

単色(ソリッド)

日本ではあまり見かけないカラーですがアメリカなどでは人気の高いカラーになります。

全身が1色で統一されているカラーで、ブラック、ホワイト、グレー、ブリンドルなどのカラーがあります。なかでもブラックカラーのシー・ズーは人気が高いようですね。

成長にあわせて色が変わる

シー・ズーのカラーの特徴の1つは成長によって色が変わっていくことが多いということです。シー・ズーのカラーが変色しやすいのは、色が定着するまでに時間がかかることが理由だといわれています。

そのため子犬の頃は濃い色が多かった場合でも、成長にあわせて淡い色合いに変色したり、逆にホワイトが強い色合いだったのにゴールドカラーが増えていったりと、まるで異なるカラーになることが多いようです。愛犬のカラーがどんな風に変わっていくのかを楽しむことができるのも、シー・ズーの魅力だといえますね。

どうしても「このカラーでなくては!」というカラーがある場合は、両親のカラーを確認すると成長してからのおおよそのカラーの予想がつくといわれています。望んでいるカラーが決まっている場合は子犬を迎え入れる時に両親のカラーを見せてもらうか、ペットショップやブリーダーに自分の望んでいるカラーを伝えてから両親のカラーを確認するとよいでしょう。

犬_素材

まとめ

シー・ズーのカラーについていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

シー・ズーの魅力の1つである豊かな被毛を飾るバラエティーに富んだカラーは、成長とともにより個性的な魅力を帯びてくるようですね。シー・ズーを飼う時にはそのことを十分に理解して、「思ったカラーじゃなくなっちゃったのよ。」とは思わずに変化していくカラーも楽しみながら、迎え入れた犬を愛してあげて欲しいと思います。

最近では犬のカラーリングを楽しむ方も増えてきました。犬のカラーリングにはまだまだ賛否両論ありますが、カラーリング剤も被毛や肌に優しいものが使われるようになってきているようです。犬に負担をかけない範囲でなら好みのカラーに近づけながら、カラーリングを楽しむのもよいかもしれませんね。