2016年11月10日更新

【今日のにゃんグッズ】子猫や高齢猫でもOK。シンプルだからこそ使い勝手が良いキャットタワー

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

室内猫を飼う場合、1台はあった方が良いと言われるキャットタワー。いざ、購入しようとして調べてみるとサイズも形も価格もさまざまで、どれにしようか迷ってしまいますね。複雑な構成で大きなタワーがベストなのかもしれませんが、置く場所に困るのも現実ですし、高齢になると上の方は使えなくなることもあります。そこで、今回はどんな猫でも比較的登りやすい階段タイプのキャットタワーをご紹介します。

 

爪とぎも兼ねた汎用性のあるキャットタワーです

室内で飼われている猫はどうしても運動不足になりがち。最近では栄養満点のフードを食べ続けて太ってしまう猫も増えているらしく、室内でしっかり運動させるためのタワーは必須です。アメリカで猫の専門家として知られている『猫ヘルパー~猫のしつけ教えます』のジャクソン・ギャラクシーさんも「運動のためにも猫に自信をつけさせるためにも高いところに登れる仕掛けが必要」と言っています。とはいえ、狭い日本の家庭事情ではそんなに大きなキャットタワーを置けないという人も少なくないでしょう。

そこで、おすすめなのが今回、ピックアップしたキャットタワー。階段式になっているため、運動の苦手な猫(?)や高齢の猫でも上にあがりやすく、高さ65㎝のサイズは窓から外を見るのにピッタリ。また、他の高い場所に登るためのアプローチとしても最適です。

また、6本ある脚の部分すべてが麻紐巻きの爪とぎになっていますので、巨大な爪とぎとも言えるのではないでしょうか。

カラーバリエーションが豊富なので選ぶ飼い主さんも楽しい

このキャットタワー、カラーが豊富なのも特徴で、ブラウンのほかにオフホワイト、カーキ、グレー、バイオレット、ピンク、ブルー、ベージュ、レッドの9色もあります。インテリアに合わせて選ぶことができますので、きっと飼い主さんも楽しい気分になれますよ。

  • サイズ:全体/奥行60㎝×幅40㎝×高さ65㎝、支柱直径/10㎝、麻縄の太さ/8㎜
  • 重さ:11kg