2017年5月18日更新

シー・ズーに洋服を着せるのはお洒落だけなの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

フリルの付いたワンピースやスポーティーなシャツタイプなど、お洒落で可愛い洋服を着たシー・ズーをよくみかけますね。カットスタイルとあわせてさまざまなシー・ズーの表情を見ることができて楽しいものです。でも犬に洋服を着せることに賛否両論あるようです。今回はそんなシー・ズーの洋服について調べてみました。

 

洋服の必要性とは?

犬に洋服を着せることには賛否両論さまざまな意見があるようです。着せるべきでないという意見の多くは、もともと犬は服を着る生活をする動物ではないのだから、見た目のためだけに洋服を着せるのは犬にとって迷惑なだけだという意見のようですね。

確かに犬はもともと洋服を着る習慣はありません。お洒落のためだけなら着せる必要はないでしょう。でもシー・ズーに洋服を着せるのは、お洒落意外にも意味があることのようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体温調整のため

シー・ズーはもともと寒冷地であるチベット原産の犬種です。そのため日本の高温多湿な夏の気候はとても過ごしにくいようで、熱中症には特に注意が必要な犬種だといわれています。最近では人と同様に首に巻いて体温を調整するバンダナや、さわり心地がひんやりとするクール素材の洋服も多く販売されていますね。熱中症の予防のためにも暑さに対する対策の1つとして洋服を取り入れるのも必要なことのようです。

また室内で生活することが多いシー・ズーの場合は、室内と屋外との気温差に弱いところがあるようです。夏場はクーラーなどが効き過ぎている時に羽織れるような洋服を、冬は外に出た時との温度差を緩和するための防寒服を着用する方がよいといわれていますね。

皮膚病の予防

最近では人だけでなく犬のアレルギーも大きな問題になっています。特にシー・ズーはアレルギーを持っている犬が多いようで、アレルギー性の皮膚炎になりやすいといわれています。

アレルギーはアレルギーを起こす元となるアレルゲンが、肌に付着したり吸い込んだりすることで発症します。散歩中に服を着せることで、花粉やノミ・ダニなどのアレルゲンが体に付着することを防ぐことができます。

被毛の豊かなシー・ズーは散歩中やドッグランなど外に出かけた時に、アレルゲン意外にもいろいろな物を毛に絡めやすく1度絡めてしまうと取り除きにくいところがあります。シー・ズーの場合は肌や被毛を清潔に保ち、皮膚炎を予防するためにも洋服を着せてあげるとよいようです。

抜け毛と臭いの防止

シー・ズーは見た目に豊かな被毛をしているので抜け毛が多いように思われがちですが、実はとても抜け毛の少ない犬種なのです。しかし皮脂の分泌が多く臭いは強い犬種だといわれています。

飼い主にとっては愛犬の臭いはホッとするいい匂いと感じるものかもしれませんね。でも友人の家へ連れていく時や、ドッグカフェなどの公共の場所へ遊びに行く時は、できれば臭いを付けたくないものです。

ドッグカフェなどの公共の場所では、洋服の着用を義務付けている施設もあります。他所の家や人が多く集まるような公共の場所へ出かける時は、洋服を着せてあげて臭いや抜け毛の付着を防いであげるのはマナーかもしれません。

いきなり着せて歩くのはNG

人でもなれない時計などを付けると気になってついつい手首を振ってしまったりするものですね。まして洋服を着る習慣のない犬にとって、初めて着る洋服は違和感があって気持ち悪いものだと感じてもおかしくありません。

中には初めて着たときから気持ちよさそうにしてくれる犬もいるようですが、大抵の犬は体を振って脱ごうとしたり、場合によっては噛んでちぎってしまうようなこともあります。1度苦手意識を持ってしまうと、洋服を着せるのはなかなか難しくなってしまいます。

洋服を着せる場合は無理をさせずに、少しずつ慣らしてあげることが必要なようです。まずは違和感を減らすために軽くて着心地のよい洋服を選んで着せてあげましょう。初めは少し着せてすぐに脱がせるようにします。大人しく着ていることができたら褒めてあげましょう。

これを毎日繰り繰り返すことで、少しずつ着ていられる時間を伸ばしていってあげましょう。

犬_素材

 

サイズを測ってぴったりの洋服を選びましょう

ペットショップへ行くと綺麗な洋服がたくさん並んでいますね。ついついデザインに目が行ってしまい可愛い物やちょっと面白い洋服を選んでしまいがちです。でも大切なのは着る犬にとって着心地の良いものであることです。

シー・ズーは体の大きさや骨格に個体差が大きい犬種なので、既製品を選ぶ場合はトイ・プードルやチワワなどの体格にあわせたSやMと表記されている洋服ではなく、DSやDMと表記されているダックスフンド用の胴が長いデザインの方がサイズ的にあうような場合もあるようです。

ペットショップなどで既成の洋服を購入する場合はまず試着をして、犬のサイズにあった洋服を選ぶようにしましょう。インターネットなど試着のできない状態で購入する場合は、犬のサイズを測って洋服のサイズとよく付き合わせてから購入すると失敗がないようです。

最近では犬の洋服を専門に取り扱っているお店もあります。専門店ではオーダーメイドやセミオーダーなど犬のサイズにぴったりの洋服を作ってくれるところもあります。少々お値段は高くなりますが1度サイズを測ってしまえば、いつでもぴったりのサイズの洋服を作ってもらうことができるのがよいところですね。

洋服を着ることのデメリットは?

洋服を着ることの必要性や意味について書いてきましたが、洋服を着ることによるデメリットももちろんあります。

シー・ズーに洋服を着せることのもっとも大きなデメリットは、洋服を着ることで服と被毛が擦れ、切れ毛や毛玉ができやすくなってしまうことです。シー・ズーは抜け毛が少ない反面とてももつれやすい毛質をしています。そのため洋服を脱がせると毛玉だらけということも多いようです。

また洋服を着ると体温が逃げていかないかわりに、肌は蒸れやすい状態になってしまいます。肌の蒸れは皮膚病の原因につながってしまいますね。肌が弱く皮膚病に注意が必要なシー・ズーの場合は、肌が蒸れないように気を付けてあげる必要もあるようです。

シー・ズーに洋服を着せる時は、着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に必ず1部屋は室温管理ができていて、洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意してあげましょう。

imasia_11284781_S

まとめ

シー・ズーに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか? 犬に洋服を着せるのにはお洒落意外にも意味があることのようです。

犬のことを考えれば着心地がよく機能的な洋服であることが最重要ですが、可愛い洋服がたくさん販売されていますからちょっとはお洒落もしたいところですね。チュールやリボンなどの可愛い装飾が付いている洋服を選ぶ時は、装飾品が犬の動きの妨げにならないかをよく確認してあげましょう。

また付いている装飾品が、着ている時に噛んでとってしまうことができるような位置にないことも大切な確認ポイントです。特にボタンなどの小さなものは、誤飲の原因になってしまう可能性が高いので注意が必要ですね。

愛犬に危険や無理がない範囲でお洒落も楽しみながら、必要に応じて洋服を着せてあげるのは、お互いに快適に暮らしていくためには必要なことなのかもしれません。

 
 

関連カテゴリ