2017年2月11日更新

ピコ太郎のPPAPのネコ版が(笑)これは教えたい最新の猫情報♪

最近世界でも大人気だというピコ太郎。一度聞くと忘れられないPPAPですが、これのネコバージョンがとっても可愛い!皆様もうごらんになりましたか?

ペンとアポーとネコを合体させたら何になるのか?色んな人が色んな物と合体させていますが、私はこちらのネコバージョンが秀逸だと思います。ご紹介しましょう!

ピコ太郎のPPAPのネコバージョン(笑)


それでは今度は真面目な話。とっても犬猫にとっては大事な話です。これは今年一番の快挙と思われる情報をご紹介しましょう。

犬・ネコつめ込み飼育が規制へ

これは2016年10月30日の朝日新聞の1面に掲載された記事。朝日新聞が犬や猫の記事で1面を飾ったのは、私が知っている限りこれが初めてではないでしょうか。

この記事によると、犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示するブリーダーやペットショップが問題となっているため、環境省が今年度中に「飼育施設規制」の導入を目指して検討会を立ち上げる、と言うもの。

皆様ご存知の通り、欧州先進国では(特にドイツ)犬や猫に関する厳しい環境規制があります。犬や猫を飼育するためのケージは必要な広さを具体的な数値で規制されていますが、今まで日本ではそうした規制が「一切」ありませんでした。

2016年の調査によると、ブリーダーによって繁殖のために飼育される犬は国内で推定23万匹。その70%がケージ(とても狭い)で飼われています。

環境省ではすでに有識者に聞き取り調査を開始しているそうです。

犬のケージは1辺が2メートル以上

この環境省の動きに対し、ペット業界では警戒感を高めています。2016年2月にできた新団体「犬猫適正飼養推進協議会」(会長はペットフード協会会長の石山恒氏)は、

ドイツよりも規制が緩やかなイギリスの規制が導入されても、大型のケージに変更するには1ケージあたり、1万5千円かかる。

と語っていました。ちなみにドイツでは「犬のケージは1辺が2メートル以上」「室内で飼育する場合は窓が最低でも室内面積の8分の1なければいけない」などの細かい規制があります。

ドイツではペットの飼い主になるには厳しい審査があります。そのペットに適した家の大きさに住んでいるか、ペットが病気になったら通院させられる経済力があるかなど、数々の審査をクリアして晴れて飼い主として認められます。

誰でもペットを飼う資格が持てるわけではありません。しかも犬を飼った場合は年間で1万円程度の「犬税」も払わなければなりません。

それでも犬を飼う人が絶えないのは、それだけ犬を「かけがいのない相棒」だと思っているからです。それだけペットを愛しているからです。決してペットは「愛玩動物」ではないのです。

この規制が日本で導入されれば、流通できる仔犬や子猫の数が減ってペット業界は大変でしょう。設備投資にはおよそ17億円かかるとも言われています。

しかし私は保護犬のボランティアをしているので、今までずっと劣悪な環境で多頭崩壊させてきたブリーダーの状況をはらわたが煮えくり返る思いで見てきました。この規制、1分でも早く導入して欲しいです。

ネコが幸せに暮らす国は、人間も幸せだ

と語った人がいました。私も本当にそういう国に暮らしたいと思っています。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

調査結果で明らかに~ペットと暮らすと子供に思いやりの心が芽生える

画像出典:@Press みなさんなら既に実感していると思いますが、ペットを飼うと、心が癒されたり、家族の間でコミュニケーションがよりスムーズになったり、メリットがたくさんあります。ペット保……

犬のニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その3:いきなり近付かにゃいで

よくある質問のひとつに「外で猫たちと出会えません。どうやったら沢山の猫たちと出会えますか?」というものがあります。 これについて説明するのはひどく難しい。猫の居る場所を探し当て……

猫のニュース

【体験談】オモチャどう使ってる?壊れやすい使い方、壊れづらい使い方調べました。

家の中で遊ぶ時に使うオモチャ。人によって色々な使い方があるのではないかなと思い、体験談を調べてみました。使う時のちょっとしたコツも聞いてみましたのでぜひぜひ参考にしてみてください!! ……

犬のニュース

【ニャンフェス3】日本初上陸の「flatten meows」では新しい猫との出会いがありました!

「flatten meows」では、猫のピンバッチや携帯ケースなどのアイテムが列んでいます。こちらはニューヨークからやってきた猫グッズです。鮮やかな色が使われているのですが、猫のイラストがシ……

猫のニュース

【minne作家インタビュー】1つあるだけで便利♪まんまるネコ型なべしきの作家さんにインタビュー!

ハンドメイドマーケット「minne」で人気な、『まんまるネコ型なべしき』の作家 銘木工房ゆら木~YURAGI~さんにインタビューしました!! 作品作りを始めたきっかけは? ……

猫のニュース

猫に嫌われている人が一緒に暮らす時に猫にストレスをかけない方法

どうしてなのかしら…。人間でも「相性が良い人と悪い人」、これは確かにありますよね。 一説によれば、相性の良し悪しは動物に限らず、植物の世界でもあるといいます。相性が何によって決まるのか……

猫のニュース

最近の猫は丸くならないかも…。そもそも猫はどうして丸くなるの?

猫はこたつで丸くなる…。いやいや猫は結構どこでも丸くなります。窓際、キャットタワーの上、飼い主の膝の上でも丸くなっていますよね。 トラ模様の猫が丸くなって寝ているとアンモナイトの柄にそ……

猫のニュース

覚えれば仲良くなれる! 猫がよくするボディランゲージとその意味5つ

犬は、「この人はボクにごはんと住むところをくれるし、愛してくれる。きっとこの人は神様に違いない」などと考えながら、飼い主を喜ばせることを常に必死に探している。 一方、猫は、「この人はボクに……

猫のニュース

「ボクに洋服はいらないよ~!」 猫に洋服を着せない方が良い3つの理由

インスタグラムなどSNSでは洋服を着た可愛い猫の写真をよく見かけます。普段はともかく、クリスマスや誕生日、ハロウィーンなどのイベントDAYには猫に洋服を着せて可愛い写真を撮ってみたくなります……

猫のニュース

猫の身だしなみ♪猫だって綺麗になりたい!正しい愛猫への美容法

ふ~っと愛猫を膝に乗せて休憩のお茶タイム。愛猫が一番喜ぶ「顎の下」をグリグリと撫でていると、あれ、こんなところに黒いブツブツが…。 思春期をすっかり過ぎた中年の猫でも、しっかりとできて……

猫のニュース

『猫バンバンプロジェクト』気になる全国一斉調査の結果は…

画像出典:PR TIMES 2016年1月から日産自動車が本格的に進めている『猫バンバンプロジェクト』!そして、2月22日に実施した『全国一斉猫バンバン調査』の結果が発表されました。 猫……

ニュース

飼い犬が減っているのに飼い猫は微増しているのはなぜ?猫を飼う人が増えている4つの理由

日本ペットフード協会が平成25年度に行った調査によると、犬の飼育頭数は10,872,000頭、猫は9742頭。実はこの時点で犬を飼う人の数は年々減っているのに対し、猫を飼う人は微増ですが増え……

犬のニュース

どうぶつ病院院長千村先生と画家の南部先生のハートルフルなイラスト展、開催!

画像出典:PRTIMES ペットは忙しい毎日を癒してくれる存在ですが、さまざまな事情でペットを飼えない人もいますよね。そんな人にとって、猫カフェや動物の写真展は束の間の癒しの場になっている……

猫のニュース

【獣医師が教える】動物病院でうまく症状を伝えるコツ

猫の問診の難しい理由の1つとして、「猫」「獣医師」「オーナー」の3者が医療に絡むことが挙げられます。これは乳幼児の医療と同じ構造ですね。猫は人間の言葉を話さない(なんとなくわかることもありま……

猫のニュース

新しい家族が増える時★猫にストレスを感じさせない3つの対策法

猫が嫌いなもの。あなたは何が思い浮かぶでしょうか? 犬、人間の赤ちゃん、引越し、来客、大きな物音、思いつくだけでも結構たくさんあります。その中でも特に猫がストレスを感じるものと言えば、……

猫のニュース