2017年2月11日更新

ピコ太郎のPPAPのネコ版が(笑)これは教えたい最新の猫情報♪

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

最近世界でも大人気だというピコ太郎。一度聞くと忘れられないPPAPですが、これのネコバージョンがとっても可愛い!皆様もうごらんになりましたか?

ペンとアポーとネコを合体させたら何になるのか?色んな人が色んな物と合体させていますが、私はこちらのネコバージョンが秀逸だと思います。ご紹介しましょう!

 

ピコ太郎のPPAPのネコバージョン(笑)


それでは今度は真面目な話。とっても犬猫にとっては大事な話です。これは今年一番の快挙と思われる情報をご紹介しましょう。

犬・ネコつめ込み飼育が規制へ

これは2016年10月30日の朝日新聞の1面に掲載された記事。朝日新聞が犬や猫の記事で1面を飾ったのは、私が知っている限りこれが初めてではないでしょうか。

この記事によると、犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示するブリーダーやペットショップが問題となっているため、環境省が今年度中に「飼育施設規制」の導入を目指して検討会を立ち上げる、と言うもの。

皆様ご存知の通り、欧州先進国では(特にドイツ)犬や猫に関する厳しい環境規制があります。犬や猫を飼育するためのケージは必要な広さを具体的な数値で規制されていますが、今まで日本ではそうした規制が「一切」ありませんでした。

2016年の調査によると、ブリーダーによって繁殖のために飼育される犬は国内で推定23万匹。その70%がケージ(とても狭い)で飼われています。

環境省ではすでに有識者に聞き取り調査を開始しているそうです。

 

犬のケージは1辺が2メートル以上

この環境省の動きに対し、ペット業界では警戒感を高めています。2016年2月にできた新団体「犬猫適正飼養推進協議会」(会長はペットフード協会会長の石山恒氏)は、

ドイツよりも規制が緩やかなイギリスの規制が導入されても、大型のケージに変更するには1ケージあたり、1万5千円かかる。

と語っていました。ちなみにドイツでは「犬のケージは1辺が2メートル以上」「室内で飼育する場合は窓が最低でも室内面積の8分の1なければいけない」などの細かい規制があります。

ドイツではペットの飼い主になるには厳しい審査があります。そのペットに適した家の大きさに住んでいるか、ペットが病気になったら通院させられる経済力があるかなど、数々の審査をクリアして晴れて飼い主として認められます。

誰でもペットを飼う資格が持てるわけではありません。しかも犬を飼った場合は年間で1万円程度の「犬税」も払わなければなりません。

それでも犬を飼う人が絶えないのは、それだけ犬を「かけがいのない相棒」だと思っているからです。それだけペットを愛しているからです。決してペットは「愛玩動物」ではないのです。

この規制が日本で導入されれば、流通できる仔犬や子猫の数が減ってペット業界は大変でしょう。設備投資にはおよそ17億円かかるとも言われています。

しかし私は保護犬のボランティアをしているので、今までずっと劣悪な環境で多頭崩壊させてきたブリーダーの状況をはらわたが煮えくり返る思いで見てきました。この規制、1分でも早く導入して欲しいです。

ネコが幸せに暮らす国は、人間も幸せだ

と語った人がいました。私も本当にそういう国に暮らしたいと思っています。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト