2016年12月11日更新

【ドッグマナー協会理事が解説】犬と過ごす為の10年先を見られますか!?

飼い主として犬と接して14年。
小学生の頃に犬を飼っていた経験があり、自立をしたらどうしても犬を飼いたいと思って大阪で出会ったのが彼女!

今思えば考えられませんが生後2カ月にも満たないにもかかわらず大阪の黒門市場の前のペットショップの前で飼ってくださいとの張り紙に、良くありがちですが運命の子と思い(モモ)を引き取りました。以下モモで、、、

家に来て一週間で突然吐瀉をし、その中には白いミミズみたいな虫がうじゃうじゃ!
驚きました!ええっ驚きました。
不慣れな大阪でしたので動物病院も知りません。あっちこっちに電話をかけまくり近くの病院で虫下の薬を貰い、その後も検診に行き駆除できたかどうかを何度も通いました。

今思えば浅はかですが小学生当時に飼っていたから大丈夫と思って一緒に居る事になりましたが、
果たしてそれが幸せだったかな?
なんて思ったりもします。。。

なぜなら一人で犬を飼った事がなかったからです。
小学生のころは親がサポートしてくれましたが、一人暮しだとそうはいきません。
飲んで遅くなっても出張があってもモモを考えないとなりません。

たまたま転勤があったので、大阪、明石、東京なんて移動もさせました。

病院に連れて行くたびに、嫌な思いをさせられると思い込み、病院を嫌がってました。
(犬って本当に賢いですね!)

仕事上やむを得ず出張の際にはペットシッターにお願いした事もあります。家ではトイレが出来ない子でしたので(躾の問題ですが、、)頼らざるを得ませんでした。
夜遅くなる事も多々あり、帰ってくるとお散歩ってよりもトイレをねだりました。
そんな時、正直イヤイヤ連れてったのを今でも覚えてます。
(最低ですね。)

当たり前ですが僕が歳をとると共にモモはもっと早いスピードで歳をとります。

ある日突然、吐血と下血を両方して命の境界線を歩いた事もありました。
獣医師さんにも覚悟をしておいてくださいと念を刺されたのが耳から離れません。
(これから犬を飼いたいという人の為に伝えます。救急だったのと二泊三日だったのでかかった費用は約15万ほどです。)

強運なのか不運なのかは未だにわかりませんが、境界線を乗り越えてまた戻ってきてくれました。
覚悟をしたのに回復してくれるモモに涙が出るほど頑張れと応援しました!
生死の境にいたのに戻ってきてくれたのには感謝します。

今は老犬ですが、病気はありながらも元気で過ごしてくれる事に感謝しています。

しかし、最近は痴呆の病状が進んできて首回りを触らせてくれません。キュンキュン大きな声で鳴くのです。
ですので、首輪がつけられないのです。非常識ですがノーリードで散歩をしています。
昨今の事件(札幌の大型犬襲撃闘争事件)などを考えると飼い主が悪いのか犬が悪いのかの賛否はありますが、、、

モモだけはそんな事はないと願いつつですが、どうにも首輪やハーネスを嫌がるレベルではなく触らせてくれません。
それでも、帰ってきて「お散歩行く?」と声をかけると喜んで出てきてくれます。

タイトルに戻りますが未来は誰にもわかりません。
そんな設計ができる人であれば先に死ぬ命と共に過ごそうとは思わないでしょう?
ただ、それだけじゃないんです一緒に過ごすってことは!

一介の飼い主だった僕がモモの為を思い手作りフードを作り、ワンちゃんのイベントに参加できる機会ももらいました!理屈じゃないんです!!

モモのおかげでワンちゃんの仕事を深くできる僕がいるのが証拠です!
気づかせてくれました。
だからこそ遂行したいのです。君のためにも!

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

モラキジドッグ
Facebook

関連記事

愛犬の足腰を考えた「滑りにくいフローリング床」新登場!

画像出典:PR TIMES 愛犬を室内で飼う飼い主さんが増えたことで感染症などに罹る犬の数が減り、犬の寿命は年々延びてきています。しかしながら、その反面、室内飼いならではのトラブルもないわ……

犬のニュース

ペットは8週齢まで親元に!「8週齢規制」札幌市で全国初めて条例化

子犬や子猫の成長には母親の存在は不可欠です。特に生後8週間は、人間との生活に無理なく馴染める社会性を身につけ、健康な体を作るためにも親兄弟と一緒に過ごすことが望ましいとされています。2013……

犬のニュース

ペットは夫婦の関係に良い影響を及ぼす?犬&猫の飼い主に聞いたペットの存在感

ペットに関するさまざまなリサーチで知られるアイペット損害保険が、2015年11月22日(いい夫婦の日)に向けて行ったのが「夫婦の絆にペットがどのような影響をもたらしているか」の調査。犬、猫の……

犬のニュース

【北海道・東北地方】あの観光地、犬の同伴できる?難しい?

自然豊かな北海道、東北地方にはさまざまな観光スポットやテーマパークがあります。最近ではペット同伴の来訪を歓迎してくれるところも多く、愛犬と一緒に旅の想い出を作れるようになりました。今回は北海……

犬のニュース

ペットを飼う前に知っておきたい。一日のタイムスケジュール、今とどう変わる?

ペットを飼ったことがない人は、飼っている人が一日をどれくらいをペットのお世話に費やしているか、分からないですよね。一日中お世話に費やしている方もいますが、そういった方は少数で、皆様時間を工夫……

犬のニュース