華奢な体と小さな顔のポメラニアンには首輪?それともハーネス?

犬を飼う楽しみの1つに愛犬との散歩がありますね。ポメラニアンとの散歩で気になるのはリードから離れてしまわないかということ。豊かな被毛があるのでつい忘れがちですが、ポメラニアンはとても華奢で小さな顔立ちをしています。今回はそんなポメラニアンには首輪が適しているハーネスがよいのかを調べてみました。

 

首輪とハーネスの特徴を知っておきましょう

首輪やハーネスを散歩に利用することを考える前に、まずは首輪とハーネスがどのようなものなのかを知っておきましょう。

首輪の特徴

首輪はその字のとおりに、犬の首に皮やナイロンなどでできたリボン状のものを巻くグッズです。犬の首をおさえるということは、犬を服従させるという意味もあります。首輪を付けることには犬に飼い主がいることを理解させる意味もあるようですね。

また首輪には見る人にその犬が飼い犬であることをアピールする役目もあるので、外に出る時だけでなく室内にいる時にも常時巻いておくとよいといわれています。

「え?室内では必要ないでしょう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。ではちょっと考えてみてください。来客などで玄関が空いた時に急に大きな音がしたり猫が横切ったりしたら、不意に犬が飛び出してしまうようなことはないでしょうか?ないとは言えませんね。

そのようなもしもの時に首輪を巻いていると、保健所に保護された場合は飼い犬として処分期間が延期になることが多いようです。首輪には迷子札を付けることができたり、住所や電話番号を書くことができるようになっているものもあります。連絡先を記載しておけば保健所へ連れて行かれる前に、保護した方が連絡を取ってくれる可能性も高くなりますね。

またポメラニアンはその骨格から骨や関節の病気にかかりやすいといわれています。骨や関節の病気は高いところからの飛び降りや、階段の上り下りなどが誘発することが多いようです。室内でも首輪を付けていると、事故につながりそうな場所に行ってしまいそうな時に、とっさに掴んで止めることができますね。

これらの理由からポメラニアンには室内にいる時でも、首輪を付けておいた方がよいといわれているのです。

素材dog-167090_640

ハーネスの特徴

ハーネスは本来は散歩のための道具ではないようです。ハーネスはそり犬たちをそりにつなぐために開発された道具なのですね。

犬ぞりは極寒の地で悪路の中重い荷物を長い時間かけて運ばなければならない、犬にとってかなり負担の大きい重労働になります。そのためハーネスはできる限り犬の体にかかる負担を少なくし、重い荷物が引っ張りやすくなるように開発されています。

現在散歩用に改良されたハーネスの多くはナイロンや布のテープで前足を通すような形に作られたものですが、最近ではより体の負担が少ない胴を包むようにつけるベストタイプのものや、しつけに使えるようなハーネスも販売されているようです。

 

散歩の使う時のメリット・デメリット

首輪とハーネスの特徴が分かったところで、次に首輪やハーネスを散歩に使う時のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

首輪のメリット・デメリット

メリット

  • 着脱が簡単に行える
  • いつもつけておくことができる
  • 首に直接ショックを与えることができるので犬とのコミュニケーションが取りやすくしつけに向いている

デメリット

  • 首が細く頭の小さい犬種の場合は抜けやすい
  • 引っ張った時に首や気管に負担が大きい
素材_shutterstock_331958315

ハーネスのメリット・デメリット

メリット

  • 引っ張っても首や気管に負担がかからない
  • 胴に回すので抜けにくい

デメリット

  • 犬が引っ張りやすい構造なので引っ張り癖を付けやすく治しにくい
  • 犬が噛んで壊してしまう可能性があるので装着をしたままにしておくことができない
  • 前足を通して胴体に回さなければならないので着脱に時間がかかる
 

ポメラニアンに適しているのは首輪?ハーネス?

ポメラニアンを散歩させる時に使用する道具として、首輪がいいのかハーネスがいいのかということですが、華奢な骨格と小さな頭をしているポメラニアンの場合は、首輪では散歩中に抜けてしまう危険性が高いため、できればハーネスの方が安心なようです。

またポメラニアンは気管虚脱などの気管支の病気に注意が必要なので、できる限り首への衝撃はかけない方がよいといわれていることも、ハーネスが適している理由の1つです。

ではハーネスのデメリットである、引っ張り癖を助長してしまう部分をどのようにカバーしたらよいのでしょうか。ポメラニアンの場合は本格的に散歩を始める前に、室内などで首輪とリードを使用してリーダーウォークの練習をするとよいようです。

最近ではハーネスでも引っ張り癖のしつけができる、イージーウォークハーネスというものがあります。通常のハーネスと同様に胴体と前足にナイロンや布でできたリボンを回すように装着するグッズですが、胸の前にリボンが回るような形になっていて、リードを付ける金具がその胸の前のリボンに付いています。

犬の前にリードをつけると犬が飼い主を引っ張ろうとすると、犬の向きが横や後ろに変わってしまいます。引っ張ると向きが変わってしまうことを繰り返すことで、犬が引っ張ることを抑制していくことができるようです。引っ張り癖がひどい場合にはイージーウォークハーネスをうまく利用するのもよいかもしれません。

 

まずは慣らすことから

もともと身に付けることのないものを身に付けると、人でも違和感から気になってしょうがなくなってしまいますね。それは犬も同じことです。犬にとって首輪やハーネスは身に付け慣れない物ですね。付けていきなり散歩へ行こうとしても、気になって歩かなかったり、暴れて脱ごうとしたりしてしまいます。まずは違和感を少しずつなくしてあげることが大切です。

首輪やハーネスに慣らすにはまず室内で首や胴に軽いリボンのようなものを巻いて、何かを巻くことに慣らしてあげるとよいでしょう。リボンが巻かれていても気にしなくなってきてから、首輪やハーネスを巻くようにします。

それでも最初は嫌がることもあるでしょう。その場合は無理をさせずすぐに外してあげましょう。少しずつ慣らしてあげることが大切です。巻かれても落ち着いているようなら、散歩への第一歩として室内でリードを付けて遊んであげましょう。

室内で首輪やハーネスを巻いたまま遊べるようになったら、次は実際に外へ散歩に出かけます。散歩の時も無理をさせないことが大切です。犬の様子をみながら犬のペースにあわせて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

素材_shutterstock_297555083

首輪の種類もさまざま

ポメラニアンには首輪が適しているのかハーネスが適しているのかを、散歩で利用することを中心に調べてみましたがいかがでしたでしょうか?ポメラニアンの場合は散歩に利用するのはハーネスの方がよいようですね。

確かにポメラニアンの場合は散歩にはハーネスを利用する方がよいのですが、迷い犬になってしまった時や、とっさの危険から守るためには首輪もつけておきたいところです。しかしポメラニアンの場合はチャームポイントでもある豊かな被毛が邪魔をして、ベルトタイプやバックルタイプの首輪をうまく付けることが難しいようです。

ご紹介したとおりハーネスにさまざまな種類があるように、首輪にもいろいろな形やデザインのものがあります。ハーフチョークなどは通常の首輪よりも装着時の首への負担が軽く着脱もしやすいので、被毛が豊かで首輪をつけることが難しく首への負担をできる限り軽くしておきたいポメラニアンには、向いているタイプの首輪かもしれませんね。

また迷い犬になってしまった時の対策だけを考えるならば、無理に首輪にこだわらずネックレスのようなアクセサリーチェーンをうまく活用するのもよい方法のようです。

ポメラニアンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

関連記事