2016年11月18日更新

愛犬のお口のお手入を後回しにしてはいけない4つの理由

ワンちゃんが家にきてから気にしなければならないことや行うべきことは、実にたくさんありますよね!
ご飯の内容や与える回数、ワクチン接種、排泄のしつけ、避妊去勢をどうするか、などなど。
そんな中、まだまだ優先順位の低いこととしてお口のケアがあります。なぜこのことが後回しにされるのか分かりませんが、一緒に考えてください。

ヒトの歯の健康維持については8020運動がしばしば取り上げられます。
80歳まで20本の歯を残すことで、満足した食生活ができるといわれています。

ワンちゃんにとっての歯は、どのくらい重要なのか?

ワンちゃんにおいて、ご飯の食べ方は個々によって異なります。
ヒトでは咀嚼が認知症予防に効果があるようですが、ワンちゃんは、バリバリと噛み砕いて食べるコもいれば、いっさい噛まずにまる飲みしても平気なコもいますので、極端な話、歯がなくとも生命としては問題ないように思います。

実際、犬猫の歯科処置においてしばしば抜歯処置が行われ、なかには全ての歯が抜歯されてしまう子もいるそうです。その後の食事摂取について大きな問題が生じることは少ないです(もちろん食事内容については考慮しなければいけませんが)。
だからといってワンちゃんたちがお口のケアをしなくてもよいかというとそうではないようです。
なぜでしょうか?

お口のケアを怠ってはいけない4つの理由

  1. 口臭の防止
  2. 歯石によって菌が広がり二次感染の恐れがある。
  3. 他の臓器に悪影響を及ぼす
  4. 歯根歯周が化膿して鼻血が出たり最悪顔に穴があいてしまう。

歯についた食べ物の一部は口の中のばい菌によってヘドロのように分解され、
いやなニオイを放ちながら4~5日で“歯石”というものを作り出します。
お口の中でよく見られる“歯石”はばい菌の塊です。歯にがっちり密着していて放置しておくと、ばい菌が産生する毒素や菌そのものが少しずつ全身に広がっていきます。やがては心臓や腎臓、子宮などに悪影響を及ぼすことが知られています。また、歯根周囲が膿んでしまうことによって鼻血が出たり、顔に穴があくということがしばしばあります。
そういうことから歯石の形成を防ぐために、毎食後にはできなくとも週2回程度はお口のお手入れを行う必要があるそうです。

お手入れの方法はどうやるの?

お手入れの簡単な方法としては、指にガーゼを巻いて歯をこするというのがあります。
また効果的なものの一つに歯ブラシがあり、これがなかなか難しいのですが、子犬のうちから慣らすこともできますし、高齢のワンちゃんでもいくつかの方法でお手入れが可能です。
今では犬猫の歯周疾患を予防するために様々のグッズが用意されていますので、ご自身で扱いやすいものを探してみるのもいいでしょうね。

慣れていないコにとってのお口のお手入れは、麻酔をしてもしなくてもストレスになります。
普段からのケアがとても重要だそうです。“病はクチから”ということがありますので、日常的なケアをスタートあるいは継続が必要。
私たちにとって食後の歯磨きは日常のことですが、ワンちゃんたちにとってもそうなることを願います。

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

関連記事

【必見!】愛犬の口臭ケア・対策グッズ10選

愛犬の息、口がにおう……気になったことはありませんか?口腔内は、細菌が繁殖しやすい場所です。 愛犬の口臭は内臓からきている(消化不良、胃腸の不具合、肝臓や腎臓の病気など)場合もあり、歯……

犬の歯・口の病気

愛犬のお口のお手入を後回しにしてはいけない4つの理由

ワンちゃんが家にきてから気にしなければならないことや行うべきことは、実にたくさんありますよね! ご飯の内容や与える回数、ワクチン接種、排泄のしつけ、避妊去勢をどうするか、などなど。 そん……

犬の歯のお手入れ

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬のトリミング

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬のブラッシング

愛犬が臭い!もしかしたら、なにかの病気かもしれませんよ!

愛犬の臭いに悩まされている飼い主の方、いませんか?定期的にちゃんとシャンプーをしているのに、強い匂いが取れない場合、もしかしたら愛犬がなんらかの病気になっている可能性があります。 一言……

犬の健康の基礎

愛犬のお手入れはしっかりとできていますか?家でも手軽にできるお手入れをご紹介

愛犬の爪は伸びていませんか?肉球の間の毛が伸びて、肉球が見えなくなっていませんか?最近お尻をよく地面でするように歩いていることはありませんか? よくよく見てみないとわかりませんが、この……

犬の毛のお手入れ

6/4~10は歯と口の健康週間。愛犬・愛猫のお口の健康について獣医師が解説!

6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」です。以前は、「6月4日は虫歯予防デー」とも言われていましたよね。ところで、愛犬や愛猫の歯や口のケアは十分できていますか?犬や猫も歯磨きによる歯と口のケ……

猫の歯周病リスク

【ペットシッターが解説】シェトランド・シープドッグとの暮らしで注意すること

シェトランド・シープドッグの性格と性質 性格 シェルティーの愛称で親しまれているシェトランド・シープドッグは、明るくて優しい性格を持っています。さらに非常に賢いのでしつけもしやすいと……

犬の問題行動予防

2分でわかる!犬の耳、歯、ツメの手入れについてご紹介します

犬の健康を保つためには、耳や歯といった部位の手入れは欠かせません。手入れはただ単に各部位の掃除のためだけでなく、病気の症状をいち早く発見することもできます。 今回はそんな「犬の耳、ツメ……

犬の目のお手入れ

【獣医師が解説】麻酔をかけずに犬や猫の歯周病をなんとかしたい。

こんにちは 今回のコラムは歯周病の内科的なケアです。 他の獣医師に怒られそうなタイトルではありますが、現在の獣医学ではきちんと歯周病を治療するならば麻酔をかけての口腔治療が最善です。……

犬の歯・口の病気

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質 性格 ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会う……

犬のブラッシング

【動物看護師が徹底解説!】犬の永久歯が抜けてしまったら…原因別対策法まとめ

ある日突然、愛犬がごはんを食べなくなった。大好きなジャーキーも骨のおもちゃも噛もうとしない。体調の変化がないのに、食欲だけがなくなり、何も口に入れようとしないのはもしかしたら、歯が痛いのかも……

犬の歯のチェック

自宅でもできる身体検査。愛犬の体温・心拍数・呼吸数の測定方法をご紹介

愛犬の健康状態を正しく判断するために、健康時の体重・体温・心拍数や行動の癖やしぐさ、排泄の回数やタイミングを何となくでも把握しておくようにすると健康状態の不調に気が付きやすくなります。今回は……

犬の動作や習慣の変化や異常

【ペットシッターが解説】バーニーズマウンテンドッグとの暮らしで注意すること

バーニーズマウンテンドッグの性格と性質 性格 バーニーズマウンテンドッグは家族とのつながりをとても大事にする穏やかな犬で、一度飼うとその魅力にどっぷりはまってしまうと言われています。……

犬のシャンプー

獣医さんに家でペットを診てもらえる?ペットの往診のメリット・デメリット

病気のペットを動物病院に連れて行き、獣医さんの診察を受けたいと思っても、飼い主さんの事情で病院に連れて行くのが難しいケースもありますね。 そんな場合に頼りになるのが獣医さんの往診です。……

犬の毛のお手入れ