あなたは着せる派?着せない派?ポメラニアンの洋服について

フワフワのゴージャスな被毛がチャームポイントのポメラニアン。そんなポメラニアンの被毛を覆い隠してしまうような洋服は必要ない!と考える方も多いかもしれませんね。でもポメラニアンは意外と暑さ寒さに弱いという話しも聞きます。今回はそんなポメラニアンの洋服について着せることの意味などを調べてみました。

 

洋服の必要性とは?

フワフワの被毛をしているポメラニアンの場合は、洋服を着せてると足や尻尾などの毛が余計に膨張して見えて、どこかアンバランスな見た目になってしまうことがあるようです。そのためポメラニアンには洋服を着せるべきか、迷ってしまう飼い主の方も多いようですね。

ポメラニアンに洋服を着せることは外見的なお洒落以外に意味のないことなのでしょうか?ポメラニアンに洋服を着せるのはお洒落以外にも次のような意味があるといわれています。

素材_shutterstock_298308593

暑さ寒さから体温を守るため

ポメラニアンは寒冷地でそりを引くサモエドを祖先犬に持った犬種です。そのため被毛の構造は極寒の寒さに耐えられるダブルコートの毛質を受け継いでいます。ダブルコートの犬種にとって高温多湿の日本の夏はとても辛く、熱中症には注意が必要になります。

夏の熱さをやわらげるグッズの1つとして、最近ではさわり心地がひんやりとするクール素材でできた洋服や、濡らして着ると体温の上昇をおさせてくれるようなクールベストなども販売されています。暑さに弱いポメラニアンの場合は、暑さ対策の1つとしてクールベストなどの洋服を取り入れることには意味があるようです。

また寒さには強いと思われているポメラニアンですが、温度管理の行き届いている室内で生活することが多いためか、体が小さく体温を保つことが難しいためか意外と寒さに弱い犬が多いようです。またポメラニアンは心臓病に注意が必要なようです。温かい室内から寒い外へと出る時は心臓に負担がかかりやすい状態になります。

夏だけでなく冬も外へ出る時はできるだけ防寒のための洋服を着せてあげるとよいようですね。

抜け毛や臭いの防止

ポメラニアンは体臭はあまり気にならないようですが、抜け毛の方はかなりの量があるようです。

前にも書いていますが、祖先犬にサモエドを持つポメラニアンはダブルコートと呼ばれる毛質をしています。ダブルコートの犬種は季節にあわせた体温調整のために、下毛が抜け代わる毛質をしています。そのため季節の変わり目に換毛期があり、「もう1匹作れちゃうんじゃないの?」と思うほどの抜け毛があるようです。

自宅では抜け毛も掃除をすればよいことですが、他所の家に遊びに行く時やドッグカフェなどの多くの人が利用する場所では、できる限り抜け落ちないようにしたいところですね。ドッグカフェなどの公共の場所では、利用の際に洋服の着用を義務付けているところもあります。

自宅以外の場所へ出かける時は洋服を着るのはマナーの1つかもしれません。

寄生虫の予防

犬にとってアスファルトの上を歩くよりも、落ち葉や芝生など自然を感じられる場所の上を歩く方が足に負担もなく、直接足に触る感触もよいもののようです。犬たちも喜ぶし足に負担が少ないなら十分に歩かせてあげたいところですが、ノミやダニなどの寄生虫が心配ですね。

ノミやダニの予防には予防薬だけでなく、洋服を着せて付着を防ぐのも効果的なようです。特に被毛の量が豊かなポメラニアンの場合は、地面や葉についた寄生虫を絡め取りやすく一度絡めてしまうと見つけにくいので、できるだけ被毛に付着させないようにしたいですね。

洋服を着せると直接被毛が地面や葉に触れることがないので、寄生虫の付着を防ぐことができます。

 

少しずつ慣らしてあげましょう

犬に洋服を着せることに抵抗がある人にとって、1番気になることは犬にとって洋服は違和感のある気持ちの悪いものなのではないかということではないでしょうか。確かにもともと洋服を着る習慣のない犬にとって、着慣れない洋服は最初のうちは違和感があってあまり気持ちのよいものではないかもしれません。

でも前に書いているとおり着ることに意味があるのも事実ですね。無理に着せる必要はないかもしれませんが、あまり寒そうにしているのに無理をさせることもありませんし、ドッグカフェなどで周りの方に迷惑をかけてしまうのもよいことではありません。

洋服を着せる場合は無理をさせずに、少しずつ慣らしてあげることが必要なようです。まずは違和感を減らすために軽くて着心地のよい洋服を選んで着せてあげましょう。初めは少し着せてすぐに脱がせるようにします。大人しく着ていることができたら褒めてあげましょう。

これを毎日繰り繰り返すことで、少しずつ着ていられる時間を伸ばしていってあげましょう。

犬_素材
 

サイズをあわせてあげましょう

被毛の量が多いポメラニアンは見た目よりも華奢でほっそりとした体形の犬が多くなります。そのため実際のサイズよりも大きい洋服を選んでしまいがちです。着心地の面でも体温の保温の面でも体のサイズにあった洋服を選んであげましょう。

ペットショップなど試着のできる所の場合は、できるだけ試着をして体に合ったサイズであるかを確認してから購入するとよいですね。

最近では犬の洋服を専門に取り扱っているお店もあります。専門店ではオーダーメイドやセミオーダーなど犬のサイズにぴったりの洋服を作ってくれるところもあります。ポメラニアンの場合は採寸をするのが難しいので、お店の方にしっかりと測ってもらうと安心ですね。少しお値段は高くなりますが、1度採寸してしまえば次からも体のサイズにあった洋服を作ってもらえるので、少し奮発してみるのもよいかもしれません。

 

洋服を着る時の注意は?

洋服を着せることには意味があるようですが、よいことばかりではないようです。

ポメラニアンは被毛の量が豊富なため、洋服を着せるとどうしても被毛をつぶすような形で着用することになります。そのため洋服を脱がせると被毛が絡まっていて、毛玉がたくさん出来ているようなことが多いようです。

毛玉だけでなく被毛をつぶして洋服を着せると洋服の中が蒸れやすい状態になります。肌が蒸れてしまうと皮膚病などの原因になってしまいますね。

ポメラニアンに洋服を着せる時は、着せっぱなしにしないことが大切です。家の中に必ず1部屋は室温管理ができていて、洋服を着ないで過ごすことができる場所を用意してあげましょう。また洋服を脱がせたあとはブラッシングをして被毛の手入れをしてあげるとよいでしょう。

imasia_2455160_S

まとめ

ポメラニアンに洋服を着せることについて色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

小型犬の洋服はペットショップなどでもさまざまなデザインが置いてありますね。ついつい可愛い物にばかり目が行ってしまいがちですが、洋服を選ぶ時はまず犬の気持ちを考えてあげることが大切です。過度な装飾は避けて軽くてできるだけ着心地のよい洋服を選んであげましょう。

それでも少しはお洒落もさせてあげたいですね。装飾がついたものを選ぶ時は、付いているものが犬の動きを妨げてしまうようなことがないかをよく確認しましょう。また着ている時に噛めるような位置に、ボタンやリボンなどの噛み取ってしまえそうなものが付いていないかも重要です。

犬のお洒落は犬に負担がない範囲で楽しむのが丁度良い楽しみ方なのを忘れないようにしましょう。

ポメラニアンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

関連記事