2016年12月4日更新

赤ちゃん猫の成長アルバム【ねりまねこブログ】

8/10に産まれた猫の赤ちゃん

「夏子(なつご)は育たない」
と言われます。

3匹のうち、生き残ったのは
人間が最初に保護した一匹だけ。

母猫が連れていた2匹は死にました。

通りがかりの方が泣き叫ぶ赤ちゃん猫を
不憫に思い、

「飼います」と申し出てくれました。

桃百(もも)ちゃんというステキな名前も
もらいました。

このサイズの猫にお目にかかることは
滅多にないので、

成長アルバムをご覧ください。

最初は、エイリアンみたいです。

o2736182413720217194

羽のないコウモリ

o2736182413720217237

おたまじゃくし

o2736182413725514188

お猿

o2736182413725514089

もぐら

o2736182413725514358

干からびたこびと

o2736182413725514812

小さな怪獣

o2736182413725514632

8/20
生後10日で目が開いた

猫らしくなった!

o2736182413729218709

8/22 ウーパールーパー
個人的には、
この頃が一番かわいいと思う

o2736182413730852711

8/27
耳がまだ顔の横にあります。

o2736182413741252002

o2736182413741252308

o2736182413741252501

8/31
ミルクをグビグビ飲むようになりました。

o2736182413741250520

o2736182413741250675

o2736182413741250837

そして昨日、9/5
まもなく生後一ヶ月

体重は270g

耳先が上に来て
だいぶ猫らしくなりました。

o2736182413741259846

o2736182413741259946

o2736182413741260486

o2736182413741260237

o2736182413741260800

生後1ヶ月300グラムを
超えるとかなり安定するので、
あとちょっと。

気をゆるめずにがんばりましょう(p`・ω・´q)

産まれた子猫を保護するだけでは、
永遠に終わりません。

元である母猫の不妊手術をしないとね。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

攻撃性のある子猫を慣らす方法【ねりまねこブログ】

この時期は、 一年でもっとも保護猫が多く TNRも立て込み 寝食削る日々が続いています。 ブログの更新も滞り、 フリーマガジンの発送もできていません。 (今月中には必ずや……

ねりまねこブログ

7匹の子猫はどうする?【ねりまねこブログ】

大ノミ現場での捕獲の日 たまたまですが、新しく、練馬区に ボランティア登録された方々が 見学にいらっしゃいました。 速やかな捕獲を模範演技として 見せたかったのですが、 ……

ねりまねこブログ

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。 すでに子猫が10匹も生まれ 今後も生みそうな猫が 何匹もいます。 一刻の猶予もないので、 日曜の朝から、 捕獲作業をしていました。 ……

ねりまねこブログ

地域猫は公益のための活動【ねりまねこブログ】

1年前、 優しい飼い主様のもとに 行ったポワールとソレイユ 仲良く幸せに暮らしています。 この2匹もともとは ボランティアグループが 地域猫としてお世話をしてきま……

ねりまねこブログ

ゆず、治ったわけではなく【ねりまねこブログ】

ドカ盛りの大便を出したゆず その後、スムーズなお通じがあるかというと・・・ 残念ながら、ありません。 ほんのわずか数ミリの糞は出ますが まとまった便は出ません。 以前ほど……

ねりまねこブログ