2017年1月10日更新

どうして猫は「お土産」持って帰ってくるの?

猫を飼っていると、たまに猫が「お土産」を持ってきたりします。ネズミやモグラなどをプレゼントされた経験はありませんか?人間にしてみれば「どうしてこんなものを持ってくるの!?」と怒りたくなりますが、猫がお土産を持ってくるのにはきちんと理由があるのです。猫は悪気があってお土産を持ってくるわけではないので、大きな声を出したくなったらぐっと堪えましょう。きっと猫の言い分を知れば怒る気力も失せますよ。ここでは猫が「お土産」を持ってくる理由を解説しましょう。

猫の「お土産」は愛情のしるし

猫_素材
猫は、もともと狩りをして暮らす動物です。そのため、獲物を狩るというのは猫の本能とも言えます。完全に家の中だけで飼われている猫であれば、滅多に狩りをすることは無いでしょう。しかし、外に散歩に行ったりしている猫にはまだまだハンターとしての本能が強く備わっています。動くものを見れば捕まえてしまいたくなるものなのです。

猫の「お土産」のラインナップを見てみると、小さなものであれば昆虫などが多く、大きなものだと蛇や鳩、ネズミやモグラなどをお土産として持ってくることがあるのだとか。

基本的に外におでかけする猫のほうが「お土産」を持ってくることが多いのですが、室内飼いの猫でも油断はできません。家の中に侵入したネズミや虫を捕まえて、「お土産」にすることもあります。
9c776406a92bb1c4f5c41c78a8e493e6_s
どうして猫がこれらの「お土産」を持ってくるのかというと、一説には、猫は人間に対して狩りを教えようとしているからだと言われています。自分が狩った獲物を見せて「こんなふうに狩りをするんだよ!」と教えているつもりなんです。猫にしてみれば、親切心からの「お土産」です。猫にとってあなたは「狩りを教えてあげたいほど大切な相手」と思われているのです。

この場合、猫の持ち帰ってきた獲物はまだ生きている状態のことが多いので、人間はびっくりしてしまい、猫を怒鳴ったりしてしまうことも……。猫に悪気は無いので、あまり怒らないであげてくださいね。

また、「こんなの捕まえたよ! 上手に狩りができたよ! 見て見て!」と飼い主に見せるために持ち帰ってくる猫も居るようです。褒めてほしくて獲物を持ってくるなんて、人間の子どものようですよね。そう思えば、怒る気持ちを抑えられそうではありませんか?
猫_素材
狩りを教えてあげるつもりで持ってくるのも、褒めてほしくて持ってくるのも、本能によるところが大きく、悪気はないのです。怒鳴ったりしないであげてくださいね。

猫の「お土産」を止めさせたい!どうすればいいの!?

猫が「お土産」を持ってくるのは、本能によるところが大きいので、しつけをして止めさせるというのは難しいでしょう。でも、「お土産」を放置するわけにはいきませんよね。では、猫が「お土産」を持って来たらどうすれば良いのでしょうか?

猫に「狩りが上手」アピールをしよう!

猫_素材
もし猫が「狩りを教えてあげよう!」と「お土産」を持って帰ってくるのであれば、猫より狩りが上手なことをアピールして安心してもらいましょう。「教えなくても大丈夫なんだ」と納得すれば、「お土産」を持ち帰ってこなくなります。

少し抵抗はあるかもしれませんが、外から帰る時、何か獲物になりそうなものを素手で捕まえて帰ってください。「こいつも上手に狩りができるんだな」と猫に認められれば、「お土産」が減るかもしれません。

どうしても嫌なら室内飼いに

猫_素材
もし猫が「見て見て!」と「お土産」を持ってくるのであれば、その「お土産」をストップさせるのは難しいと言わざるを得ません。どうしても嫌なら、猫を外に出さず、部屋の中だけで飼うようにしましょう。

もちろん、部屋の中でだけ飼うようになっても、「お土産」が完全になくなるとは言い切れません。家の中にいる虫やネズミを「お土産」にする猫もいます。

また、普段から外に出ることに慣れている猫にとって、部屋の中に閉じ込められるのは大きなストレスになります。もしどうしても室内飼いにしたいのであれば、少しずつ室内飼いに慣れさせるようにしてください。もちろん、ストレス発散も忘れずに。

猫に悪気はないので、「お土産」を持って帰ってきたらとりあえず褒めてあげてください。そのあとでこっそり処分するしかありません。

怒らずに、まずは褒めてあげて

猫_素材
「お土産」を持ってくるのは本能によるところが大きく、猫は決して飼い主を困らせようとしているわけではありません。びっくりするような「お土産」に思わず大きな声を出してしまいたくなりますが、ここはぐっと我慢して、まずは褒めてあげてくださいね。「よく取ったね、偉いね!」「すごいね!」と声をかけてあげましょう。猫にとって「お土産」は、飼い主さんに対する愛情のこもったプレゼントのようなものです。そう思えば、猫の「お土産」も少しは可愛らしく見えるのではないでしょうか。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫の好きな匂い・嫌いな匂いってどんなもの?

猫の飼い主さんなら愛猫のために嫌いな匂いを身につけたくない!!と思うものですよね。逆に猫が好んでくれる匂いを身にまとっていたいとも思うかもしれません。今回は猫さんの好きな匂い・嫌いな匂いにつ……

猫の雑学

猫好きなら覚えておきたい!猫のかわいい瞬間を検索で探すためのキーワード

猫がなぜ、こんなにも愛されているのか…?それは猫のもつ表情だったり、触った時の感触だったり、ちょっと笑える仕草だったりがたまらなく癒しになってくれるからでしょう。今回はそんな猫のかわいい一瞬……

猫の雑学

なんでこんなものが…?猫さんが好きな意外すぎる物たち!

ホームセンターやネット、最近では100均などでも売っている猫さんのおもちゃ。紐やリボンがひらひらとするタイプのものや、ねこじゃらしなど様々な種類がありますよね!!猫さんによっても好みは様々で……

猫の雑学

幸福や金運を招く「招き猫」。知ると面白い「招き猫」の由来や意味について

前足を上げて招く姿がユニークだと今や外国人観光客にも人気のある招き猫。日本人なら知らない人はいないでしょうし、家にあるという人も少なくないのではないでしょうか。 しかしながらこの招き猫……

猫の雑学

あなたも「猫」からインターナショナル。「猫」は外国語で何と呼ぶの?

外国語は苦手でも、猫好きなら世界中で猫がどんな言葉、発音で呼ばれているかは興味があるのではないでしょうか?聞かれてすぐに単語を思い出さなくても、耳慣れた単語として耳にしている可能性もあるかも……

猫の雑学

猫の喉を鳴らすゴロゴロが凄い!心や体にもたらす驚きの効果

猫の喉を優しく撫でると、決まってゴロゴロと鳴らします。「きっと、気持ちがいいのね」と撫でてるあなたまで幸せな気分になっていることでしょう。実は、猫の喉を鳴らすゴロゴロ音には、驚くべき効果があ……

猫の雑学

もし愛猫が亡くなってしまったら……火葬や埋葬の手順を考えておこう

近年猫の寿命は延びてきていますが、それでも平均16歳くらい。猫の20歳はヒトの100歳と同じくらいです。 つまり、猫を飼っているとどれだけ長生きしてもお見送りをしなければならない瞬間が……

猫の雑学

「うちの猫は痩せてる?太ってる?猫の平均体重ってどのくらいなの?」

猫の室内飼いが奨励されるようになって事故や伝染病に罹る危険が減り、最近は平均寿命がずいぶん長くなってきました。その反面、外でエサを獲ったり跳びまわったりすることがなくなって運動不足な猫が増え……

猫の雑学

猫とのお別れの後に感じる喪失感。そもそもペットロスとは何?

考えたくはありませんが、猫を飼っていると必ずやってくるのが猫とのお別れ…死別です。猫を大切にしている人ほど猫を失った喪失感が大きく、ペットロスになる人も少なくありません。長い人だと何年も続き……

猫の雑学

バレンタインも一緒に楽しみたい!猫に贈るプレゼントを紹介

2月のメインイベントと言えば、“バレンタインデー”があります!一見、猫とは関係なさそうですが、今や人間だけのイベントではないんですよ。最近では、猫用のスイーツやおもちゃなどを猫にプレゼントし……

猫の雑学

猫の歯は全部で30本!!種類と役割をご紹介します!

猫の歯は30本あるってご存知でしたか??人間の歯は親知らずを除いて28本なので、あの小さな口の中に30本も生えているのかと驚いてしまいますよね。しかも猫さんは食べ物を丸飲みしても消化できてし……

猫の雑学

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

外で暮らす猫を事故から救え!寒い時期の猫バンバン運動

画像出典:日産 冬の寒さが本格化してくる1月。外で暮らす猫は寒さから身を守るために暖かい場所を探して暖を取りますが、そんな猫のお気に入りがクルマのエンジンルームやタイヤの上。ご存知のように……

猫の雑学

ねこばばの語源、猫の糞にまつわるあれこれ

物をこっそり盗むことを「ねこばばをする」と言います。このねこばば、「猫糞」から来ているって知っていましたか? 「糞」は「ばば」とも読みます。ねこばばが物をこっそり盗むという意味になった理由、……

猫の雑学

猫のために自宅をリフォーム!おすすめの事例を紹介

猫は今や“家族の一員”としてペット以上の存在になってきています。大手のハウスメーカーでも「猫が住みやすい家」をテーマに愛猫家に提案されるようになってきました。でも、なかなか新築を一から建てる……

猫の雑学