2016年11月17日更新

【今日のにゃんグッズ】毛布、クッション、マントの1枚3役。どんな風に使っても猫が顔を出します

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

家やオフィスに1枚は常備しておきたいのがブランケット。冬はもちろんのこと、冷房が寒く感じる夏にも重宝しますが、どうせ、購入するならブランケット以外にも使えると便利ですよね。そこで、今回は、クッションやマントにもなるブランケットをご紹介します。猫柄が大きく入ったデザインですので、目立つこと請け合い!猫好きにはたまらない1品です。

 

広げれば毛布やマントに、畳めばクッションになります

このブランケット、広げると150㎝×80㎝の大判ですので、体をすっぽり包むことができますし、折り畳んでひざ掛けに使うこともできます。ブランケットの中央には猫の顔や耳のついたフードがつけられていて、フードをかぶればマントのようにも着られます。これをさらに小さく畳むとフード部分の猫顔を表にしたクッションに変身。クッションは紐で椅子に縛り付けておくこともできます。

耳付きのフードをかぶると着ている人が猫になったようで可愛いのですが、オフィスなどで使用するのに「ここまで派手なのは恥ずかしい」という場合はフードを中に織りこんでしまえばOK。シンプルな普通のブランケットとして使うことができます。カラーは目を開いた猫のフードがついている黒と目をつぶった猫のフードがついているグレーの2色があります。

アウトドアでも重宝します

猫のブランケットは、オフィスや家の中だけでなく、気温の変化が激しいアウトドアや野外コンサート、スポーツ観戦などに持っていくと便利です。クルマにも日頃はクッションとして置いておき、いざという時に使えるように常備しておくと、きっと「あって良かった~!」を思うことがあるはずですよ。

  • サイズ:横150㎝×縦80㎝
  • カラー:黒、グレー