2017年5月18日更新

好奇心旺盛!お散歩大好き!キャバリアの散歩についてのまとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな瞳と柔らかい飾り毛の付いた垂れ耳が何とも上品な印象のキャバリア。おっとりとした見た目と穏やかで優しい性格から、ついつい「運動は苦手なのでは?」と思いがちですがそんなことはありません。キャバリアは好奇心旺盛で外を散歩することが大好きです。今回はそんなキャバリアの散歩について調べてみました。

 

キャバリアに散歩は必要?

キャバリアの運動量について調べてみると、運動は苦手と書いてあるものと見た目以上に運動量が必要と書いてあるものがありました。どちらが正しいのでしょうか?

確かにキャバリアは歴史的には愛玩犬として貴族の膝の上や馬車の中などで過ごすことが多い犬種だったので、ヨークシャー・テリアやポメラニアンのように室内でもいつも動き回っているような犬種ではありません。しかしキング・チャールズ・スパニエルとは異なりキャバリアは、屋外でも飼育できるだけの体力を持ち運動も遊びも大好きな好奇心旺盛な犬種です。

そんなキャバリアにとって家の外を散歩することは、1日のなかでも刺激的で楽しみな時間のようです。運動量の面だけを考えれば、室内で遊んであげるだけでも必要な運動量を確保することはできるようですが、キャバリアにとっての散歩は外の刺激を楽しむ時間であり、その他にも健康面などで意味のあるもののようです。

素材cavalier-king-charles-spaniel-988873_640

キャバリアにとっての散歩の意味

ではキャバリアにとって散歩にはどのような意味があるのでしょうか?キャバリアと屋外を散歩することには次のような意味があるといわれています。

キャバリアの社交性を引き出すため

キャバリアの魅力の1つは人や他の動物に対して友好的で、誰からも愛される明るく陽気な性格ですね。もともと攻撃性がなく神経質な面もみられない大らかな性格をしているキャバリアですが、他の人や動物に対する社交性は室内で家族とだけ生活していては身につかないもののようです。

キャバリアの社交性を引き出すためには、小さな頃から多くの人や他の動物と触れ合う機会を持ってあげることが大切なようです。このように人や他の犬との間の関わり方を学ぶことを、犬の社会化といいます。

犬の社会化はできるだけ早い時期から始めるとよいといわれています。せっかく社交的で誰からも愛される素質を持つキャバリを飼うのですから、ワクチンの接種が終わる4ヶ月辺りから積極的に散歩へ連れて行ってあげて、キャバリアの社交性をうまく引き出してあげるとよいですね。

ストレスの発散

室内ではおっとりとして静かに過ごすことが多いキャバリアですが、意外と活発で好奇心旺盛な面もあるようです。そのためあまり刺激のない室内だけで過ごしていると、ストレスがたまってしまい、わざとトイレを外したり気に入らないことにうなったりなどの問題行動につながってしまうこともあるようです。

また寂しがり屋で飼い主に対する依存度の高いキャバリアにとって、飼い主を独占できる散歩の時間は1日の中でも楽しみな時間の1つのようです。季節を感じながら室内にはない音や光、風などの刺激を一緒に楽しむような、そんな散歩がキャバリアには必要なようです。

日光浴

犬も人間と同様に太陽の紫外線を浴びることで、体内でビタミンDを生成します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで知られています。膝蓋骨脱臼などの関節の病気にも注意が必要なキャバリアにはカルシウムは是非とっておきたい栄養素ですね。

ビタミンDにはカルシウムの吸収をよくするだけでなく、殺菌作用にも効果があるといわれています。皮膚炎や脱毛症の心配のあるキャバリアにとっては、日光浴をしながらの散歩は膚炎の予防の意味もあるようです。

天候の安定した気候のよい時に日光を浴びながらのんびりと散歩をするのは、キャバリの健康のためにも必要なことのようですね。

犬_素材

 

キャバリアに必要な散歩の目安は?

キャバリアは膝蓋骨脱臼などの関節の病気に注意が必要な犬種なので、小さな頃からの過度な運動は避けた方がよいといわれています。小さな頃は無理をさせずに家の近くや庭などで外の雰囲気に慣らしてあげる所から始めるとよいですね。

外の雰囲気に慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしてあげるとよいでしょう。1日の散歩の目安は朝夕2回1回10分~15分程度の散歩がよいといわれています。しかし体の大きさや体力には個体差があるので、10分歩くのも大変な犬も30分以上歩いても平気な犬もいるようです。

キャバリアは関節の病気だけでなく心疾患や糖尿病など肥満により誘発されやすい病気に注意が必要なので、犬の個体差にあわせ無理のない範囲で十分な散歩時間をとってあげるとよいでしょう。

暑さ寒さを考えて散歩の時間を調整しましょう

では散歩の時間はどうしたらよいのでしょうか?朝夕2回といわれてもどのくらいの時間に行くのが丁度良いのか考えてしまいますね。基本的には散歩は食事の前に行くとよいといわれています。

しかし季節による気候変動の激しい日本の場合は、必ずしも食事の時間にあわせて散歩の時間を決めてしまうのは危険なようです。特にキャバリアのような小型犬の場合は暑さや寒さの影響を受けやすく、体調に異変をきたしてしまう可能性があるので、季節にあわせて散歩の時間を調整するとよいようです。

夏の散歩はできれば地面が熱を持つ前の午前5時~6時くらい、夕方は地面の熱がしっかりと抜けているのを確認してから散歩をするとよいでしょう。逆に冬は陽の高くなって暖かくなってくる時間帯を選ぶなど散歩の時間を調整してあげるとよいとわれています。

もしも時間的に1日2回行くことが難しい場合は、無理に2回にこだわらず1回の散歩を少し長くしてあげたり、室内で遊ぶ時間を多めにとるようにするなど工夫をしてあげるとよいですね。

散歩の時は歩き方や息遣いに注意しましょう

キャバリアは残念ながら先天性の心疾患を持っている犬が多いことでも知られている犬種です。先天性の心疾患の場合は最初はあまりはっきりとした症状が現れないのが特徴です。症状が進行してくると散歩や夜中などに咳が出る、疲れやすい、運動を嫌がるなどの症状がみられるようになります。重度になると肺水腫を引き起こし呼吸困難になることもあるそうです。

また関節の病気である膝蓋骨脱臼にも注意が必要です。膝蓋骨脱臼とは後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

どちらの病気も早期発見が病気をおさえるために必要なことのようです。散歩をする時には歩き方や息遣いなど犬の様子によく注意してあげるとよいですね。少しでも気になる症状がある場合は、早めに獣医師に相談するとよいでしょう。

imasia_9870616_S

まとめ

キャバリアの散歩についていろいろと調べてみましたがいかがでしたでしょうか?キャバリアにとって散歩は好奇心を満たし、飼い主とともに外の世界を楽しむために必要なことのようですね。

また心疾患が心配なキャバリアにとって、ストレスを発散し肥満を予防することで心臓への負担を少なくするために、適度な運動は必要なもののようです。ただし過度な運動は避けましょう。キャバリアの散歩は愛犬の様子をみながら、飼い主も犬も無理のない範囲で楽しむことが大切なようです。