2016年12月14日更新

ついに捕まえた「とし君似」【ねりまねこブログ】

毎週、捕獲作業を続けていますが、

今年に入り、自分の町では
活動をしていません。

相変わらず猫はいます。

手術が済んでいない猫もいます。

それでも、地域猫活動
(野良猫の適正な管理)が進み

猫の繁殖や、
マナーの悪い餌やりは
かなり改善されました。

何より、

野良猫問題は
地域社会で解決すべき課題
という認識が浸透し、

一方的な苦情が減りました。

あれほど来ていた
ヘルプの要請がないのです。

一方

自分の町に隣接する
A町、B町、C町、D町では

まだまだ地域猫活動が
根付いていないので、

様々なトラブルが起きています。

本来であれば、地元の方々に
なんとかしてほしいところですが、

当事者同士の解決が困難なので、
あちこちお手伝いに参上しています。

その一つ、

猫がたくさんいて、

不特定多数の餌やりさんがいる

パン・ごはん・うどん
野菜の切れ端など
生ゴミのような餌がある現場

o0800053313625970602

初めての視察で出会った
かわいいとしくん

生ゴミのような餌をあさる姿を見て

放っておけずに保護しました。

o0800053413618480173

今は同じ場所で保護した
オッドアイのメリーちゃんと一緒に、

すてきなおうちの子として
幸せに暮らしています。

o0800053313669905512

その後、

としくんに似たサバシロの子猫を
発見しましたが、

立ち入り禁止の塀の中に入ってしまい、
捕まえることができませんでした。

o0674042313668764906

捕まえるチャンスがありましたが、
道具がなくて、しくじりました。

「洗濯ネット探して走る走る」

(写真のうち、成猫2匹は手術済、子猫3匹は保護しました)

o0800080013670605615

4匹の兄弟のうち、
3匹は飼い猫になり

サバシロだけが
外に残りました。

不憫に思った町の人も
協力してくれましたが、
捕まえることができませんでした。

そして、他の町から次々とSOSがあり、

いったん生パン餌現場から離れました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そして3ヶ月後、

久しぶりに現場を通りがかり

大きくなったサバシロの子に
再会しました。

時期をあけたのが良かったのでしょう。

あれほど捕まらなかったのに、
とらえることができました。

小さな女の子でした。

さて、この子をどうするか?

o2736182413750958825

うちは今年
50頭を超える保護をしており、
まだ20匹以上も残っています。

かなり大きくなり慣らすのも
飼い主探しも時間がかかりそうです。

これ以上、猫を抱え込みたくないので
私は不妊手術してリリースしたかったのですが、

夫は「必ず慣らす!!」と保護しました。

なでてみたら触ることができました。

これはイケルかも?

最後の子猫を保護して、この現場でのTNRは終わり

・・・と思いきや

この現場の猫全頭手術したので、
終わりかと言えば、そうではなく・・・

24匹を捕獲・不妊手術しましたが、

なんと、そのうちメス猫5匹が
産後だったのです。(゚Ω゚;)

うち3匹が産んだ子猫は
すべて保護できましたが・・・

2匹が産んだ子猫は確認できませんでした。

育たなかったのかな?
と思っていたら・・・

最近現れました。((>д<))

もう大きいので、保護はせず、
手術して、元の場所に戻します。

今週末に行きます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ここんところ、私の住む町に隣接した
A町、B町、C町、D町で
並行して捕獲作業をしています。

もちろん、各現場に
協力者はいますが、

一日に何カ所も現場を回るので、

捕獲器のやりくりと
手術予約の範囲内で
おさめるのが大変です。(@_@)

メス猫を残したままでは
絶対に終われません。( *`ω´)

ここであきらめたら、来年の春に子猫が産まれ、
せっかくの努力が水の泡です。

最後の一匹まで毎週通いつづけます。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

沢山の生き物と共に生きる【ねりまねこブログ】

生パン餌現場すでに出動は10回(;^_^A 「私」的には一度にたくさん捕獲しすぐ終わる方が楽だけど、「地域猫対策」的には何度も通い地元の人と顔見知りになり、活動を知ってもらうことが大き……

ねりまねこブログ

愛護ではなく人間救済【ねりまねこブログ】

「保護活動」というと「動物愛護」と捉えがちですが、 今回は、餌やりAさんを救う「人間救済」のために飼い主探しをすることにしました。 もちろん譲渡可能な子猫だからお引き受けしたのであっ……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ

地域住民の理解を得ること【ねりまねこブログ】

練馬区には約250の町会・自治会があります。 練馬区の町会・自治会 練馬区地域猫推進ボランティアは保健所職員とともに まず、町会長・自治会長のもとに説明に伺い、 ご理解を得……

ねりまねこブログ

ブログ落としました(;^ω^A【ねりまねこブログ】

さっき会った人から 「どうしたの? 昨日、ブログ書いてなかったでしょう? 大丈夫?」 と心配されました。 大丈夫です。 必勝バーガー食べて 元気です。(;^ω^……

ねりまねこブログ