2016年12月18日更新

モモラ〇〇砲!【ねりまねこブログ】

先日、

TNRの帰り道、
問題の生パン餌の現場に

立ち寄りました。
(ほんの10分くらいです)

そうしたら、通りがかりの
品のいい奥様が声をかけてきました。

な、なんとS区に住む

ももちゃんを飼う予定の方でした!
(外で泣き叫ぶモモちゃんきょうだいを哀れに思い、
飼い主に手をあげてくださった方です。)

今まで電話とメールだけでしたが、
初めてお会いできました。

すごい偶然です。(@_@)

明日、モモちゃんに会いに来てくださるお約束です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

うちのモモゴジラ略して、モモラ

さらに進化し新たな攻撃法まで
身につけましたΣ(゚д゚;)

これ、「ねこのためにできること」実行委員会の

メンバーさんが作ってくれた子猫育て用エプロンです。

o2736182413756792092

小さい頃は
大人しかったのですが、

大きくなり、
暴れて、這い出るようになりました。

o2736182413756792253

見た目も猫です。

o2736182413756792456

まだちっちゃいか。(笑)

o2736182413756792562

最近は肩まで登ってきます。

o2736182413756792783

ドヤ顔ですが、
うっかり落ちそうになるので、
油断なりません。

o2736182413756792879

進化とともに、
攻撃力が増しています。

野良猫母さんから、
シャーなど攻撃方法を
学習していないので、
戦えないと思ってたら、とんでもない!

なんと、
誰からも教えてもらってないのに

空気鉄砲※
をするようになりました。

※空気鉄砲とは、
プッと息を吐いて
相手をビックリさせる攻撃法
(ただし実際の破壊力はゼロ)

o2736182413756793266

ある日、
モモちゃんにチューしたら、
プッて聞こえました。

最初、くしゃみかと思いましたが、
あとで空気鉄砲だとわかりました。

o2736182413756793418

モモラ空気鉄砲は
かわいいので、

夫が喜んで、

「ももちゃん、「プッ」てやって。プッ プッ」と
口真似するのです。

きみは、野良猫母さんか!?
攻撃法を教えてどうする?

o2736182413756793367

ご覧のとおり、
カプカプしてます。
小さいうちはいいけど、
大きくなったら、痛いでしょう。

兄弟姉妹がいれば
とっくみあいや噛む力で
どの程度までやっていいか学習し
社会化されていきます。

o2736182413756793531

ももちゃんの社会化のために
このままではいかんです。

さてどうしたものか・・・?

ももちゃんの社会化のために
このままではいかんです。

さてどうしたものか・・・?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

本当なら、母猫・兄弟猫と
ふれあうなかで、
噛み方やじゃれ方を学び
社会化されます。

ところがモモちゃんのきょうだいは
生後まもなく死んでしまいました。

「母の育児に勝るもの無し??」

噛むのも
小さいうちは、微笑ましいけど、
大きくなったら、痛いです。

飼い主さまが困るでしょう。

o2736182413757688978

そこで、
モモちゃんの教育係

ジャンッ
o2736182413757694207

o2736182413757694288

チビチビ軍団を保護しました。

当時、500gもありませんでした。

この子たちなら、
モモちゃんのいいお友達になるでしょう。

素直で人なつこいです。

o2736182413757693957

もちろん、いきなり合流なんて
しませんよ。

隔離期間、ワクチン接種など
もろもろ済ませてからです。

さあ、どうだ?

o2736182413757693781

あれ~( ‘ω’)?

モモちゃんが一回り小さく見える。

それもそのはず673g?

デカッ!?

o2736182413757690244

一番大きい子は700g超えてます。

こんな大きい子が3匹もいたら
モモちゃんがやられてしまうので

おとなしい子から
慎重にふれあってみます。

ガンバレ、ももちゃん

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

かわいそうだと思った人が助ける【ねりまねこブログ】

「子猫を保護してほしい」 または 「子猫を保護してくれる人を紹介してほしい」 という依頼は毎日のように来ます。 知らない人から頼まれて 快く猫を引き取るような……

ねりまねこブログ

雪の日、カッパちゃんは現れた【ねりまねこブログ】

一昨年まで、 私達は、ここでカッパちゃんに餌を与えていました。 2年前、雪のある日 突然現れたカッパちゃん 2階から雪を眺めていたら、黒猫が……

ねりまねこブログ

毎週金曜は捕獲デー【ねりまねこブログ】

毎週、金曜は仕事を早く終えて、猫の捕獲をしています。 予定がある日を除き、ここ数年のルーティンワークです。 と、書くと、 「TNR(捕獲し、手術し、もどすこと)は 永遠に終わら……

ねりまねこブログ

地域猫は公益のための活動【ねりまねこブログ】

1年前、 優しい飼い主様のもとに 行ったポワールとソレイユ 仲良く幸せに暮らしています。 この2匹もともとは ボランティアグループが 地域猫としてお世話をしてきま……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ