2016年12月21日更新

猫は拾ってもキリがない【ねりまねこブログ】

3年前

S町で、野良猫の多産多死に
心を痛めたOLのSさんが

練馬区が公募する地域猫推進ボランティアに
登録しました。

私は後輩ボランティアの
アドバイザーとして、

孤軍奮闘するSさんと一緒に現場で

地域説明、捕獲と手術、
保護・譲渡をお手伝いしました。

Sさんのおかげで、問題は鎮静し、

その後、Sさんは引越しして、
誰も管理する人はいなくなりました。

地域猫活動(野良猫の適正管理)は
継続がキモです。

この現場から、

公園で赤ちゃん猫を拾ったと
ご相談がありました。

相談してきたのは、地域猫活動に協力し、
捕獲やカンパの支援をしてくださった施設です。

あまりにも小さくて、育てる手段もわからず
大変お困りの様子です。

登録ボランティアのSさんはもういない、

私達の管理地域外です。

地域猫活動は
「ボランティアが猫を保護する活動」
ではありません。

地域のみなさんが環境を保全するために

無理なく、できる範囲で
外の猫を適正に管理する対策です。

今回のように赤ちゃん猫を見つけたら、

自分で保護できない場合は
放置するしかないでしょう。

運が良ければ

母猫が咥えて持っていくか優しい人が拾って
動物病院に連れていき、助かるかもしれません。

または、

そのまま餓死するか、カラスなどに捕食されるか、
善良だけど育て方がわからない人に拾われ
死んでしまうかもしれません。

・・・・で

どうなったかと言うと・・・

お察しのとおり、

うちへ(;^ω^)

o2736182413758812853

体重は140g超え

o2736182413758812621

もうすぐ目があきそうなので生後7-10日ってところか。

o2736182413758812674

幸いなことに元気です。
ミルクもしっかり飲んでます。

o2736182413758812806

問題は産んだ母猫
(場合によっては、きょうだいも)が
いることです。

母猫の不妊手術をしなければ、
毎年、子猫が生まれ、

赤ちゃん猫を見つける度に
大騒ぎになります。

子猫で悩まないためには
周囲のメス猫の
不妊手術をするしかありません。

OLのSさんのように勇気を出して
ボランティア登録してくれる方が
現れるか、

自治会など地域コミュニティーで
野良猫対策をしてもらえたら
助かるのですが・・・。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

関連記事

新しいTNR>THVR【ねりまねこ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 千代田区・練馬区の事例発表の後、 日本獣医生命科学大学の田中亜紀先生の講演 「飼い主のいない猫対策の科学的知見」 とか……

ねりまねこブログ

猫の腫れものは何か?【ねりまねこブログ】

行き倒れのわかちゃんを保護して すぐに病院に連れていき、療をしました。 その時に検便も行い投薬を開始しました。 飢餓状態からの回復期で 消化器系も弱っているため、、 ……

ねりまねこブログ

いなくなった子猫たちのこと【ねりまねこブログ】

「猫がたくさんいる」と通報された家には 何頭いるのでしょう? 手術済の飼い猫2匹、未手術の外猫2匹 以上4匹です。 たった4匹?? 2012年ごろは未手術猫ばかりで……

ねりまねこブログ

ついに2匹とらえる!【ねりまねこブログ】

そもそもの発端は 地元住民から子猫救出のご相談でした。 「庭に2匹の子猫がいます。 生後2か月くらいで一匹は白猫です。 寒さでブルブル震えこのまま外にいたら死んでしまいそうです。……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える7・8【ねりまねこブログ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 多頭崩壊において経済的に余裕がない知識がない、など 同情すべき理由はあったとしても 崩壊させた責任は飼い主にあります。 どん……

ねりまねこブログ

殺処分ゼロはダメなのか?【ねりまねこブログ】

アニマル・ウェルフェアサミット レポート の前に 赤ちゃん、大きくなりました~ 保護した時↓は70g 羽がとれたコウモリみたいな姿と 比較してみてください。……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える9・10【ねりまねこブログ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 多頭崩壊のレスキューは新しい飼い主を見つけてようやく完了です。 健康回復に時間がかかりましたが、ねこけんさんのシェルターから2匹のおう……

ねりまねこブログ

「猫が迷惑か」は飼い主次第【ねりまねこブログ】

【譲渡の条件】 私達は東京都動物愛護推進員なので 東京都動物愛護相談センターの 以下の条件に準じたものとしています。 都内在住20歳以上60歳以下 ……

ねりまねこブログ

とにかく対話!【ねりまねこブログ】

地域猫活動は「猫の活動」ではなく、 「地域のコミュニティー活動」だと理解しているので 相手にするのは猫ではなく人間です。 とにかく 対話・対話・対話 です! 「地元のこと……

ねりまねこブログ

不幸な猫を減らしたい-NHK【ねりまねこ】

ニュースの 「不幸な猫を減らしたい」 ある獣医師の取り組み いいお話だったのでシェアします。 ここ数年、ネコブームが続いていますが 一方で捨てられたり放し飼いにされた……

ねりまねこブログ

激突?業者VS愛護活動家【ねりまねこブログ】

東京弁護士会が主催するシンポジウムに行ってまいりました。 「人と動物の共生する社会の実現へ」 ~ペット流通のあるべき姿を考える~ さすが東京弁護士会! なんと小池都知事か……

ねりまねこブログ

ついに捕まえた「とし君似」【ねりまねこブログ】

毎週、捕獲作業を続けていますが、 今年に入り、自分の町では 活動をしていません。 相変わらず猫はいます。 手術が済んでいない猫もいます。 それでも、地域猫活動 (……

ねりまねこブログ

地域猫チビちゃんの死【ねりまねこブログ】

うちの庭にいたチビちゃん 8月にいなくなりました。 おそらく死んだのでしょう。 10歳でした。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ チビちゃんとミケちゃ……

ねりまねこブログ

カッパちゃんを見習って家に入れろ??【ねりまねこブログ】

地域猫が病気・ケガ・高齢になった時、 どうしたらいいのか? 「家に入れたらいい」 「地域猫活動は保護活動ではないから、外で看取るべき」 など、様々なご意見がありますが ……

ねりまねこブログ

不器用な子供たちの幸せ【ねりまねこブログ】

保護猫がどんどん卒業します。 7月から5ヵ月間も長期滞在したアラン、レオンにも ついにお声がかかりました。(ノ´▽`)ノ どんな子かというと保護当時は・・・ アランくん ……

ねりまねこブログ

厳しすぎて誰ももらわないか?【ねりまねこブログ】

「カッパちゃんを見ると心から幸せになる」 とコメントをいただいたので カッパちゃん、どうぞ~ その表情は・・・ 菩薩のような半眼σ(^_^;) 舌が出てるので ち……

ねりまねこブログ

個人ボランティアさんの力【ねりまねこブログ】

パン生エサ現場を中心に周辺一帯にはたくさんの猫がいます。 多くの人が猫に癒される一方で増えすぎた猫が病気やケガをし、お腹を空かせ、糞尿やマナーの悪いエサやりで嫌われることに心を痛めてい……

ねりまねこブログ

苦情のための地域猫【ねりまねこブログ】

そもそも、地域猫活動を誰のため、何のためにやっているかというと、 猫で起因する問題に困っている人を助けるためです。 困っている人には、2つのタイプがあります。 ①猫が嫌い・……

ねりまねこブログ

TNRしても3年で元通り?【ねりまねこブログ】

TNR(捕獲し、手術し、もとに戻す)を行っても 数年で元通りになると言われることがあります。 善意の個人が身銭を切って必死になってTNRをしても、 餌やりや、捨て猫の継続管理が……

ねりまねこブログ

地域猫セミナー大盛況(江戸川区)【ねりまねこブログ】

第一回 江戸川区地域猫セミナーに行きました。 行政・ボランティアさんの広報活動のおかげで120人ほど集まる大盛況でした。 先日、ご紹介した千代田区・練馬区のように 江……

ねりまねこブログ