2017年2月12日更新

「犬の死の海岸」と呼ばれる場所を知っていますか?

おかもとてつへい



ドッグマナー

自称犬の写真家(笑)/ NPO法人日本ドッグマナー協会 / 一般社団法人ペットライフデザイン協会 愛玩動物救命士 モラキジドッグは愛犬(モモ、ララ、キキ、ジジ)の頭文字からです。 犬同伴可の焼肉店で手作りフードでキャリアを積み、飼い主さんと愛犬の(ドッグマナーとペットライフ)共生の為に尽力しております。自社Webサイトコンテンツ制作や他社Webサイトも制作。

 

「dead dog beach(犬の死の海岸)」と呼ばれる場所をご存知でしょうか?
文字通りたくさんの犬達が、毎日ここで命を落としています。
それは、プエルトリコ自治連邦区という小さな場所にあります。

 

はじまりは経済破綻

2015年の8月、プエルトリコの経済破綻はニュースなどでも多数報道されていました。

経済低迷から財政危機に陥っていたプエルトリコのガルシア知事は6月、「約720億ドル(約8・6兆円)に上る公的債務を返せない」と表明。8月3日には借金の一部しか返済できず、事実上のデフォルト(債務不履行)となった。

出典:プエルトリコの財政破綻とは – コトバンク

プエルトリコの経済状態はとても悪く、10人に1人は失業している状況です。
人々は職を求め、アメリカ本土への移住が後を絶たない状態となっています。
そして移住する際に、飼っていたワンちゃんを置きざりにしてしまうのです。

dead dog beach

現在プエルトリコには250,000匹もの野良犬がいるとされています。
かつては人間に飼われていた子や、その子から生まれた子犬達です。

Terryさん(@terry_heat)が投稿した写真

こんなに野良犬がいると、もちろんシェルターはいっぱいで入れません。
行き場所のない犬達は街中をさまよいます。
そして街中に野良犬がいると不衛生、観光客が来ない、という理由で、
犬達はさらに島の南西部にある「デッドドッグビーチ(犬の死の海岸)」と呼ばれるビーチに捨てられるのです。

ただ海岸沿いに捨てられるだけなら、まだ良かったのかもしれません。
心無い人に虐待されたり、銃の試し撃ちに使われたりと、悲惨な目に遇っているため、
この海岸にたどり着いた犬は、数カ月以内には死んでしまうのだそうです。

なぜdead dog beachはできたのか

もちろん人々が犬を見捨ててしまったから…というのが大きな理由ですが、
人口が減少していく一方で、犬の数は増え続けています。

プエルトリコでは犬の去勢をしない

一番大きな理由として、プエルトリコでは犬の去勢という文化があまり一般的ではありません。
プエルトリコの男性は、自分の犬に去勢させる事を嫌がる傾向があるそう。
そのため一般家庭で飼育されている犬たちはほとんどが未去勢で、
置いて行かれた犬達はその後繁殖し、250,000匹もの数に増えていったとされています。

獣医師の不足

もう一つの原因として、プエルトリコでは動物の数に対し獣医師が圧倒的に不足しています。
その理由として、プエルトリコでは法律上、独自に発行された獣医師のライセンスが必要になります。
にもかかわらず、現在のプエルトリコには獣医科のある学校は存在しません。
そのため他の米国の州で獣医師をしていても、そのままプエルトリコで治療する事が出来ないのです。

 

立ち上がった人たち

プエルトリコのdead dog beach。
この悲惨な状況を変えるため、現在たくさんのボランティアの方達が活動しています。

スタッフさんたちは毎日ビーチに行って、出会った犬たちに餌や薬や治療を与え、保護します。
そして保護した犬を去勢し、主にNYで里親さんを探して送り届けるという活動を行っているのです。

さいごに

日本に住む私たちでは、このビーチのワンコ達の里親になる事は難しいです。
けれど現在の日本でも、飽きたから、しつけがうまくできなかったからという身勝手な理由でペットを捨てる人がいます。

これからワンコを迎えようと思っている方は、そういった子を家族に迎えるのも1つの選択肢です。
(子犬の時期を一緒に過ごせないけれど、今までにない幸せを、あなたの手で与えることができます)

もちろんいまワンコを飼っている方は、その子を生涯大切にすること。
飼い主さん一人一人が意識する事で、世の中の不幸な犬達が1匹でも多く救われることを祈っています。

※「dead dog beach」で検索すると現地の写真を見る事ができますが、ショッキングな画像も含まれていますのでご注意ください。

 
 

関連カテゴリ